アルキメデスの大戦

劇場公開日:

アルキメデスの大戦

解説

戦艦大和の建造をめぐるさまざまな謀略を描いた三田紀房による同名マンガを、菅田将暉主演、「ALWAYS 三丁目の夕日」「永遠の0」の山崎貴監督のメガホンで実写映画化。日本と欧米の対立が激化する昭和8年、日本帝国海軍上層部は巨大戦艦・大和の建造計画に大きな期待を寄せていたが、海軍少将・山本五十六はその計画に待ったをかけた。山本は代替案を提案するも、上層部は世界に誇示する大きさを誇る大和の建造を支持していた。山本は大和の建造にかかる莫大な費用を算出し、大和建造計画の裏に隠された不正を暴くべく、天才数学者・櫂直を海軍に招き入れる。数学的能力、そして持ち前の度胸を活かし、大和の試算を行っていく櫂の前に帝国海軍の大きな壁が立ちはだかる。菅田が櫂役、舘ひろしが山本五十六役を演じるほか、浜辺美波、柄本佑、笑福亭鶴瓶らが顔をそろえる。

2019年製作/130分/G/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第43回 日本アカデミー賞(2020年)

ノミネート

最優秀主演男優賞 菅田将暉
最優秀助演男優賞 柄本佑
詳細情報を表示

インタビュー

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23

(C)2019「アルキメデスの大戦」製作委員会

映画レビュー

3.5日本人の性のようなもの

2019年8月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

戦艦大和の建造をめぐる数学者の戦いという、原作の発想がまず素晴らしい。太平洋戦争には、非合理的な判断が数多くあり、先の大戦で最も欠けていた要素が、この作品の主人公の持つ合理的思考だろうからだ。戦艦大和はたしかに当時世界最大の戦艦だったが、全く戦果を挙げられないまま轟沈した。海軍の運用が適切であれば、もっと戦えたという意見もあるのだが、しかし、実力を出せずに散ったその姿は前後の日本人に判官びいきの感情とともに、無駄の象徴ではなく愛すべき対象として残ってしまった。
「この戦艦を作ってはいけない」と合理的な思考で判断をくだす主人公は、しかし、数学者として大和の設計を美しいと感じてしまう。数学者の業と日本人の判官びいきの心象がなんだか重なって見えるのだ。業や情緒を優先してしまうその有様はまさに日本人的だ。東京オリンピックのいざこざを見ていると、日本人は同じ失敗を繰り返していることは一目瞭然。なぜその失敗から逃れることができないのか。それは日本人の心象に深く根付いたもので、我々が日本人である限り逃れることはできないのかもしれない。

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 22 件)
杉本穂高

4.0数学に限らずやれることをやる姿勢から可能性は生ませる

2022年9月7日
iPhoneアプリから投稿

物語の主旨は日露戦争後の日本、勝利の感触からより巨大な戦艦を造船する側とこれからは空母でないと戦争に勝利できない側の予算決定案の対立。主人公は数学好きな学生で、ある誤解から学校を去ることに。留学を決めた出航の数日前にやけになり舞妓さん集め楽しむも別部屋の軍人から舞妓さん引き抜きに関し口論となる。口論時数学好きを伝えたことを覚えられ、今作主旨である戦艦造船の予想より安すぎる予算について調査を依頼される。最初は全く否定していたが、上官からの今後の戦争勃発の火種となる重要性を説明されこれに承認。そこから戦艦造船にかかる本当に予算を調べていくのだが、当然造船に関し設計図も見たこともなく、資料を手に入れたくても軍人規定なるもので持ち込み不可。まずは身近な戦艦の情報を巻尺で測れるとこ全て測るなどしおおよそのイメージを出す。そこから次に人件費や造船にかかる鉄の費用など調べるも、周囲の造船会社は軍人の息がかかっており、今のネット社会とは違い情報ひとつ得るにも多大な労力を強いられるそんな苦労を感じ取れました。どんどん理不尽にも予算決議会議は迫るもなんとか的確な金額の割り出しに成功するが……
菅田将暉さんの演技が今作が一番好きかもしれません。見ていてなんて理不尽なと何回も思いましたね!それでもめげない、言い換えれば自分の価値を下げないそんな主人公の姿勢がとても光る映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マグニート

3.5とても面白い‼︎

2022年8月3日
iPhoneアプリから投稿

山崎貴監督と言う事で、
なんとなく敬遠してたのだけど、とても面白かった!

開戦間近の日本の殺伐とした雰囲気で重くなるかと
思いきや、軽妙にテンション高くラストまで駆け抜けて
最後までワクワクしたし、
やはりそうなるよなと言うラストにも心がザワザワ
しました。

テンション高い菅田将暉さんは最高だし、
その相棒となる柄本佑さんも素晴らしかった。
解せない相手だけど、その才能に惚れて下に付く
と言う構図も良かったです。

謂わゆる机上の戦いだけど、
日本の戦争映画では一番面白く観れたし熱かった。

山本五十六も完全な戦争反対ではなく、
やるなら勝つためにやります。と
誰よりも開戦派だと言うフリも効いてました。

不満が一つあるとすれば、
なぜ9年後を見せてしまったのだろうと言う事。
続編やれば良かったのに!
なぜ、そこに柄本佑がいない⁉︎
開戦してると言う事はそう言う事なんでしょう。

9年間に面白いドラマがてんこ盛りだった気がする。

とても面白かったです!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
奥嶋ひろまさ

5.0冒頭

2022年6月30日
iPhoneアプリから投稿

ちょっとだけやん戦ってるの!
カッコ良かったけど!
10倍の長さにしてほしい戦いのとこ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミスター
すべての映画レビューを見る(全509件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る