アルキメデスの大戦

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
アルキメデスの大戦
アルキメデスの大戦
33%
54%
10%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

戦艦大和の建造をめぐるさまざまな謀略を描いた三田紀房による同名マンガを、菅田将暉主演、「ALWAYS 三丁目の夕日」「永遠の0」の山崎貴監督のメガホンで実写映画化。日本と欧米の対立が激化する昭和8年、日本帝国海軍上層部は巨大戦艦・大和の建造計画に大きな期待を寄せていたが、海軍少将・山本五十六はその計画に待ったをかけた。山本は代替案を提案するも、上層部は世界に誇示する大きさを誇る大和の建造を支持していた。山本は大和の建造にかかる莫大な費用を算出し、大和建造計画の裏に隠された不正を暴くべく、天才数学者・櫂直を海軍に招き入れる。数学的能力、そして持ち前の度胸を活かし、大和の試算を行っていく櫂の前に帝国海軍の大きな壁が立ちはだかる。菅田が櫂役、舘ひろしが山本五十六役を演じるほか、浜辺美波、柄本佑、笑福亭鶴瓶らが顔をそろえる。

2019年製作/130分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第43回 日本アカデミー賞(2020年)

ノミネート

最優秀主演男優賞 菅田将暉
最優秀助演男優賞 柄本佑
詳細情報を表示

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22
  • 画像23

(C)2019「アルキメデスの大戦」製作委員会

映画レビュー

3.5日本人の性のようなもの

2019年8月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

戦艦大和の建造をめぐる数学者の戦いという、原作の発想がまず素晴らしい。太平洋戦争には、非合理的な判断が数多くあり、先の大戦で最も欠けていた要素が、この作品の主人公の持つ合理的思考だろうからだ。戦艦大和はたしかに当時世界最大の戦艦だったが、全く戦果を挙げられないまま轟沈した。海軍の運用が適切であれば、もっと戦えたという意見もあるのだが、しかし、実力を出せずに散ったその姿は前後の日本人に判官びいきの感情とともに、無駄の象徴ではなく愛すべき対象として残ってしまった。
「この戦艦を作ってはいけない」と合理的な思考で判断をくだす主人公は、しかし、数学者として大和の設計を美しいと感じてしまう。数学者の業と日本人の判官びいきの心象がなんだか重なって見えるのだ。業や情緒を優先してしまうその有様はまさに日本人的だ。東京オリンピックのいざこざを見ていると、日本人は同じ失敗を繰り返していることは一目瞭然。なぜその失敗から逃れることができないのか。それは日本人の心象に深く根付いたもので、我々が日本人である限り逃れることはできないのかもしれない。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 16 件)
杉本穂高

5.0文句なしです

2020年9月20日
Androidアプリから投稿

始まり方、終わり方、とにかく秀逸です。原作は未読ですが、日本人なら...と思わせるものがあります。
よくぞこれを130分にまとめたな、と思います。
そして、菅田将暉の評価がうなぎ登りに上がった映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
みほきち

4.5戦艦大和は明治維新から太平洋戦争が終わるまでの日本の歴史の集大成という感じがする。

Push6700さん
2020年8月26日
PCから投稿

戦艦大和ってすごくいろいろ引っ掛かるところがあってすごいと思う。

当時世界一の大きさを誇った巨大戦艦というだけでなく、明治維新から日清、日露の戦争を経て、対米戦に至るまでの日本の歴史の集大成という感じがする。

日本の歴史全部ではないけれど、その辺の時代を象徴していると思う。

考えてみれば、戦争になってしまったのは、陸軍の暴走のせいが大きい。

なんで暴走するかと言えば、幕末に薩摩、長州その他が暴走に次ぐ暴走で、テロだか革命だかよくわからないけど、結果的に幕府を倒してしまったという成功体験に基づいているような気がする。

日清戦争はいいとしても、日露戦争をして奇跡的に勝ってしまったことも、よかったようだけれども悪いこともあった。

対米戦を始めたのも日露戦争に勝ったという経験が大きいと思うし、大和を作ってしまった大鑑巨砲主義は、結局は日露戦争の時にバルチック艦隊を艦隊決戦で倒したという成功体験から抜けられなかったせいだと思う。

これらの成功は偶然に偶然、それにまた偶然が重なった奇跡みたいなものなのに、そのことが本当には分かってなかったと思う。

一度二度負けたり不都合が起こって修正した経験がないから、このままでいいと思っていた節がある。

もう時代も違うし、環境も全く違うのに、同じことをやろうとして大失敗したということのような気がする。

戦国時代でいえば、桶狭間の戦いを3回やろうとするようなもので、2回くらいは調子に乗ってうまくいくかもしれないけど、3回目は流石にやられると思う。

あとその辺のことについていつも思うのは、徳川幕府が薩摩、長州その他の反抗勢力をを退けて生き残って、徳川幕府を中心とする諸藩連合政権ができていたらどうなっていたかということ。

徳川幕府は弱いからたぶん戦争なしでなんとかやっていくかもしれない。

その場合はたぶん北朝鮮も韓国も存在してなくてロシア領。

中国の北半分もロシア領。

南半分と東南アジアは英仏蘭が支配していて、フィリピンはアメリカ領。

日本は遅れてアジア進出を企むアメリカの拠点として、植民地か属国みたいになっていたかもしれないと想像することがある。

これだと中国も韓国も北朝鮮も存在していなくて、日本はアメリカの植民地か属国みたいな感じで、今とたいして変わらない。

ロシアは怖いけど、英仏蘭とアメリカがいて互いににらみ合っているから容易に手が出せない。

歴史に”もしも”はないけど、こっちの世界の方がよかったみたいな気もしなくもない。

結果論だけど、当時の日本はアジアの人々がそれぞれに独立して暮らしていく為の人柱的な存在になってしまっていて、戦艦大和の撃沈は、当時と戦後のアジアの歴史の中の日本の立場も象徴しているような気もする。

映画の内容に戻ると、本作は原作通りに作りながらも、最後をちょっと変えてうまくまとめていた。

この変更になった最後の部分が肝だと思う。

これを見るだけでも見る価値はある。

たぶん原作よりもよくなっている。

原作以上の映画はなかなかないけど、この映画は原作以上の出来だと思う。

山崎監督はVFXが得意で、監督したいろいろな作品で、原作を超えてくる部分があるけど、この映画は内容で超えてきた。

原作も最初はこの映画みたいに、大鑑巨砲主義と航空主兵主義の対決の話だった。

だけどこの映画の製作時点の原作では櫂少佐も乗り気で、戦艦大和を作りましょうみたいになっている。

そして作るなら最強の戦艦にすると意気込んでいて、設計段階から対空装備を完璧にして、ドイツのユダヤ人技術者呼んできて、対艦ロケット誘導弾つけちゃいましょうみたいな話になっている。

個人的には原作読みながら、空母より戦艦の方が丈夫だし、大和がそんなすごい戦艦だったら、時間の問題ではあるけれども、そこそこ戦えたのかもしれないと考えていた。

それはそれで面白いのだけれども、別の話になってしまっているので、この映画の終わり方で終わった方が、現実的でなおかつ深いものがあってよかったのかもしれないと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Push6700

3.5設定の面白さがあります。

mistyさん
2020年8月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

史実、それに絡めたストーリーの組み立てが面白く、終わりまでグイグイ引っ張られました。やはりハリウッドとは異なり世界を相手にしていないだけ予算規模も異なり、CGや戦艦のセットにチープさを感じざるを得なかったところは残念です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
misty
すべての映画レビューを見る(全455件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「アルキメデスの大戦」以外にこんな作品をCheck-inしています。