劇場公開日 2019年7月26日

アルキメデスの大戦のレビュー・感想・評価

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全391件中、1~20件目を表示

3.5日本人の性のようなもの

ローチさん
2019年8月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

戦艦大和の建造をめぐる数学者の戦いという、原作の発想がまず素晴らしい。太平洋戦争には、非合理的な判断が数多くあり、先の大戦で最も欠けていた要素が、この作品の主人公の持つ合理的思考だろうからだ。戦艦大和はたしかに当時世界最大の戦艦だったが、全く戦果を挙げられないまま轟沈した。海軍の運用が適切であれば、もっと戦えたという意見もあるのだが、しかし、実力を出せずに散ったその姿は前後の日本人に判官びいきの感情とともに、無駄の象徴ではなく愛すべき対象として残ってしまった。
「この戦艦を作ってはいけない」と合理的な思考で判断をくだす主人公は、しかし、数学者として大和の設計を美しいと感じてしまう。数学者の業と日本人の判官びいきの心象がなんだか重なって見えるのだ。業や情緒を優先してしまうその有様はまさに日本人的だ。東京オリンピックのいざこざを見ていると、日本人は同じ失敗を繰り返していることは一目瞭然。なぜその失敗から逃れることができないのか。それは日本人の心象に深く根付いたもので、我々が日本人である限り逃れることはできないのかもしれない。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 6 件)
ローチ

4.0戦争映画?とおもいきや

2019年10月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

戦争の映画なのかなって思ってみたら
全然違って
天才少年の話

戦艦とは何か
裏の裏。
日本人の心理を突いた作品

面白かった

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あっちゃん

4.0日本人というものを考えさせられました。

PAK UNTIKさん
2019年9月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

印象に残った場面は2つ、映画の最初の戦闘シーンで、アメリカのカタリナ飛行艇が脱出した戦闘機のパイロットを救出するシーン、映画の最後の田中泯さん演じる平賀造船中将の言葉です。日本人の弱点を象徴的に表した場面だと思っております。この映画の本当の主役は平賀造船中将です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
PAK UNTIK

4.0戦争映画って思わないで!

2019年9月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

難しい

戦争モノってだけで
苦手意識を持つ人が多いと思うが
それだけで「観ない!」と決めてしまうのは勿体無い映画。

もちろん昭和初期の情勢を描いているから
“戦争”や“軍人”は出て来るし
冒頭から結構リアルに戦争の悲惨さが伝わってくる。

巨大戦艦を建造したい派VS戦争に向かうのを阻止したい派

しかし、実情そんな簡単な勢力図ではなくて色々な人物の思惑が複雑に絡み合い意外なラストへと流れて行くのだ。

戦艦大和は造られ、あっけなく沈没した。
その事実を知っているからこそ、この映画で語られた「大和が担った役割」に深く頷いてしまった気がする。

田中泯さんが素晴らしいと皆さんが書かれているようにそれは間違いない!

改めて言うが柄本佑くんも素晴らしい役者。

菅田将暉くんも勿論上手い。

何がきっかけでも良い。

とにかく苦手意識は持たず!
一見する価値あり!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ちゃここ☆

4.0予想外の良作

Masuzohさん
2019年9月22日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Masuzoh

5.03回目

パンさん
2019年9月21日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

幸せ

とにかく菅田将暉くんが良すぎて…上映終わっちゃう前にまた行ってきました。
柄本佑さんも良いです。
もちろん映画自体も素晴らしい作品でした。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
パン

4.5菅田将暉演じた櫂真の最後の言葉

2019年9月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
映画の子

5.0数式を使った説得のシーン

2019年9月17日
Androidアプリから投稿

が、マジでかっこよかった!!
楷 直演じる菅田将暉が黒板に数式を描きまくって方程式の説明をするところ、マジでずっとニヤニヤしてた

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
よしまる

5.0戦艦大和の偉大さと儚さ

唐揚げさん
2019年9月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
唐揚げ

4.5予想以上

2019年9月14日
iPhoneアプリから投稿

戦艦大和のCGと菅田将暉観たさに映画館へ。前評判が良いと観てガッカリってことが多々あるけど、これは想像以上に面白かった。大和も思った以上に本物っぽく、話も今までとは違った角度からの戦争映画で最初から最後まで面白かった。
大和を造らせない為に奮闘したのに、美しい模型も見て実物を見たくなってしまった櫂、平山中将の考えにも納得してしまったんだろうけど、数式を渡してしまった。撃沈されること有りきとは、大和と一緒に海に沈んだ人達はなんて気の毒なんでしょう。まぁこれはフィクションなんでしょうね。
当時の人達は勝つことしか考えてなかっただろうし、勝つ為にドレッドノートを超える戦艦「大和」を造ったんだと思う。まさか撃沈されるなんて考えてなかった、と思う。
数学は大嫌いだったので、あの数式が正しいのかどうなのかなんてさっぱりわからないけど、暗記した菅田将暉はやっぱりすごい!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 15 件)
アンディぴっと

3.5そうなるのかー!?

LEOさん
2019年9月13日
iPhoneアプリから投稿

こんにちは、LEOです。
先日、「アルキメデスの大戦」をみてきました。

内容としては、数学の天才があの有名な戦艦大和の建造を阻止するというような内容となっています。

感想ですが、なんか戦争物でしょ?くらいの感じで見に行った自分は度肝を抜かれるくらい裏方のような感じで戦争シーンは少ないです。
また人間模様が描かれているので、とても見応えがありました。
ただ、やはり皆さんご存知のように大和は建造されるのは必然なので、最後が少し残念な感じでした。
バッドエンドを貫いたハッピーエンドって感じです。

内容はとても良かったので、お時間がある方は是非見てみてはいかがでしょうか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
LEO

4.0考えさせられた

さやかさん
2019年9月13日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
さやか

4.0史実にあらず

YUKIさん
2019年9月12日
iPhoneアプリから投稿

数学により戦争を回避しようとしたことは史実にあらず残念だが、史実と思わせるほどの説得力がある。あの駄作「DESTINY 鎌倉ものがたり 」から、山崎監督は蘇り三丁目の夕日、永遠のゼロに並ぶ大作を作り上げた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
YUKI

3.0新たな切り口のとっつきやすい戦争もの

しずるさん
2019年9月11日
Androidアプリから投稿

史実を知っている我々としては、山本が反戦派でない事も、大和が建造される事も、戦争が起こる事も、負ける事も、多くを見殺しにし国土が焼かれる事も解ってしまっている訳で、戦争を止めなければという主人公の言葉も、逆境の中での奮闘も、常にどこか虚しさを覚えながら見てしまった。
山本も平山も掲げるのは軍人の論理大義。それを民意が後押ししていく。止めようのない時代の流れ。軍人は嫌いだ、数字は嘘を吐かない、と嘯いていた数学者が、結局は軍人の論理大義に呑み込まれていく結末も、あーあ、と諦めの嘆息を誘うばかり。軍人の論理に対して、主人公の論理が弱すぎる。それとも、止められない滅びへの道ならば、犠牲を呑んで全滅を避けるというのは、ある意味数字の上での最適解だったという皮肉だろうか?

終始史実を意識して見てしまったせいか、事前知識なくフワッと見てしまったせいか、閉塞感とげんなりした虚しさで留まってしまって、その先の怒りや恐怖まで感情が至らなかった。結果、強く残ったものも無く、何となくモヤモヤ、といった感じ。あくまで個人的にはですけれども。

ネタとしての切り口は現代風で面白い。
田中とのコンビも、ユーモラスで熱さもあって、バディものの風合いもあって良かったが、いかんせん数日間の物語とあって展開が超駆け足なので、関係感情の変化に気持ちが追い付けなかった。ヒロインとの関係も同様。
中盤の展開も、良く解らないが主人公凄ぇ、のワンパターンでちょい中弛み。
全体的に、もうひとつ惜しかったという印象。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
しずる

5.0すごい…

たねさん
2019年9月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

難しい

めちゃめちゃ面白かった。すごいくるしいんだけど、あんなふうに戦った人もいたんじゃないかと思えたし、原作知らないんだが、終盤は衝撃でした。これは本当にいい映画や…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
たね

3.5激しさは少なめ

ュゥさん
2019年9月9日
iPhoneアプリから投稿

ドンパチは少ないけれど
男性の憧れや夢
それを実現させる為の
言葉の攻防戦
そして壮大な戦艦大和
楽しめました

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ュゥ

4.0迫力ある戦艦大和

2019年9月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ぴくにっく

3.5面白い戦争映画・・

亮一君さん
2019年9月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

興奮

久しぶりに映画館で映画を見た。理由は面白そうな戦争映画だな、と思ったから。見た感想は冒頭の戦闘シーンは迫力があって良かった。史実では沖縄特攻に出航した不沈艦「大和」が3000人の乗組員もろとも撃沈される訳だが、戦艦大和が沈んでいく様子がリアルだった。史実とフィクションがごちゃ混ぜになった映画だが、原作がマンガなので仕方ない。永野修身って確か戦後の東京裁判でA級戦犯として連合国に裁かれた人だが、山本五十六とあんなに仲が良かったのかなぁ。知らないけど。山本五十六は不戦論者だけど、真珠湾攻撃の中心人物でやっぱり軍人だと思うが、当時も今も日本人の英雄だ。映画でも「大和」建造に反対する立場をとっているが、この映画のストーリーのバックグラウンドになっている。ネタバレではないと思うが、この数学の天才青年の活躍が面白い。当時の国家や軍部がこんな明るい感じではなく、とても個人の意見は通らなかったと思うが、エンターテインメントとして観れば、面白い映画だな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
亮一君

4.0ラストで明かされる衝撃の真意とは。天才が挑んだ孤高な戦い。

2019年9月4日
PCから投稿

興奮

知的

難しい

【賛否両論チェック】
賛:戦艦大和建造を阻むべく、自らの頭脳で戦った主人公の勇姿が魅力的。戦艦大和が造られた真意を巡るドラマにも、思わず驚かされる。
否:どうしても似たようなシーンが多く、設計や計算のシーンは退屈してしまいそう。

 軍人嫌いで、変わり者の数学の天才・櫂。彼があらゆる情報を遮断されながらも、自らの測量と計算だけで戦艦の建造費を算出すべく奔走する姿は、純粋に魅力的に映ります。そして柄本佑さん演じる堅物・田中と、最初こそいがみ合いながらも次第に固い絆で結ばれていく様は、観ていて痛快でもあり、なんとなく微笑ましくもあります。
 そして本作で何より驚かされるのは、最後の最後で明らかになる、戦艦大和が建造された本当の目的です。歴史上、戦艦大和が造られることは誰もが知っているところですが、果たしてどうしてそうなったのか、そして
「この怪物を生み出してはいけない!!」
と力説していた櫂が、戦艦大和とどのように関わっていくことになるのか。フィクションとはいえ物語の最終局面には、思わずうならされてしまいます。
 どうしても計算式のシーンなんかが多くて、クライマックスもメチャメチャ難しそうではありますが、そこは分からずとも問題ありません。数学で戦った天才の雄姿と葛藤を、是非チェックしてみて下さい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
映画コーディネーター・門倉カド

3.5史実を題材に現代日本の問題を描く

awahiraさん
2019年9月4日
iPhoneアプリから投稿

大和は沈みます(史実)

退屈な部分はあれど、菅田将暉と田中泯のクライマックスには痺れた。2人の演技が本当に素晴らしかった。
大和の真実は定かではないが、描かれる日本という国の非合理感は現代でも、現代においてさえも、依然として残る愚かさ。この愚行を明示するフィクションとして、非常に練られた作品。
主人公達のバディ物としても楽しめる。

一方、中盤のヒロイン関係はいらないし、雑。また、カメラワーク等の演出も凡庸で退屈だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
awahira
「アルキメデスの大戦」の作品トップへ