旅のおわり世界のはじまり

劇場公開日

  • 予告編を見る
旅のおわり世界のはじまり
旅のおわり世界のはじまり
15%
39%
27%
10%
9%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

カンヌ国際映画祭で受賞を果たした「岸辺の旅」など国内外で高い評価を受ける黒沢清監督が、「散歩する侵略者」「Seventh Code」でもタッグを組んだ前田敦子を主演に迎え、シルクロードを舞台に、日本とウズベキスタンの合作で製作したロードムービー。取材のためにウズベキスタンを訪れたテレビ番組のレポーターが、番組クルーとともにシルクロードを旅する中で成長していく姿を、現地でのオールロケで描いた。いつか舞台で歌を歌うことという夢を胸に秘めたテレビ番組レポーターの葉子は、巨大な湖に潜む幻の怪魚を探すという番組制作のため、かつてシルクロードの中心として栄えた地を訪れる。早速、番組収録を始めた葉子たちだったが、思うようにいかない異国の地でのロケに、番組クルーたちもいらだちを募らせていく。そんなある日、撮影が終わり、ひとり町に出た葉子は、かすかな歌声に導かれ、美しい装飾の施された劇場に迷い込むが……。葉子と行動をともにする番組クルーたちに、加瀬亮、染谷将太、柄本時生と実力派が集結。

2019年製作/120分/G/日本・ウズベキスタン・カタール合作
配給:東京テアトル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
脚本
黒沢清
製作
坂本敏明
水野詠子
太田和宏
宮崎伸夫
吉田達也
山本浩
フルカット・ゾキロフ
プロデューサー
水野詠子
ジェイソン・グレイ
西ヶ谷寿一
アソシエイトプロデューサー
西宮由貴
協力プロデューサー
森山敦
山口幸彦
飯田雅裕
ラインプロデューサー
飯塚信弘
撮影
芦澤明子
照明
永田英則
録音
渡辺真司
美術
安宅紀史
スタイリスト
纐纈春樹
ヘアメイク
HAMA
VE&DIT
鏡原圭吾
編集
高橋幸一
音楽
林祐介
音楽プロデューサー
和田亨
音響効果
柴崎憲治
スクリプター
柳沼由加里
助監督
海野敦
制作担当
相良晶
タイトルデザイン
赤松陽構造
全てのスタッフ・キャストを見る

特集

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17

(C)2019「旅のおわり世界のはじまり」製作委員会/UZBEKKINO

映画レビュー

3.5前田敦子が素晴らしい

2019年8月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ウズベキスタンについてよく知らなかったので、楽しみにしていた。どこまでこの国について知ることはできたかは怪しいが、主人公もまた異国の地を知らない人物であるから、主人公と同じ目線で映画を堪能できた。
テレビ番組のロケ一行は珍しいものを探してウズベキスタンをさまよう。幻の魚を求めて人工的にできた湖を訪ね、移動遊園地で乗り物体験するなど、よくあるレポート番組のロケ風景は何か空虚さを感じさせる。前田敦子演じる主人公が、道に迷った途中で見つけたヤギを放してやろうと提案する。むやみに現地の生活に踏み込むべきなのだろうかとも思うが、あれはなんだったのだろう。ミュージカル女優を目指している主人公が劇場で突然歌い出すシーンと大自然背景に「愛の讃歌」を歌うシーンは見惚れる。前田敦子はとても絵になる女優だなと思った。テレビで彼の危機を知るシーンは、『ニンゲン合格』を思い出した。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
杉本穂高

0.5あくまで、映画に対する評価です。

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

前田敦子がウズベキスタンにテレビのロケに出かけたという映画です。
ストーリーは、メッタメタ。
最後まで、完成品のテレビ番組を観客が目にすることすら、ありません。
彼女たちが追っている(のか? とても本気には見えなかったけど……)幻の巨大魚というものにもお目に掛かれません。
あんなチャチな漁具で怪魚が捕れたりしたら、それこそ怪奇現象です。

このようにストーリーは破綻していて、期待をことごとく裏切ります。

前田敦子は扉を開けても閉めないし、思いつきで勝手に行動するし、席を譲られてもありがとうも言わずにムスッと座るし、人から何かしてもらってもまったく感謝もしないし、と、早い話、すんごく嫌な女を演じています。
もしもこれが彼女の本性でなく演技なのなら、きっと演技なのでしょう。
しかし画像の端々に「人としての本性」が漏れ出てくるのを感じ、私はわびしく観ましたけどね。

ミュージカルでもなかろうに、唐突に劇中で「愛の讃歌」を歌い出しますが、これが彼女の発声にも声量にもまったくマッチしておらず、音程も狂っていて、一言で言って惨めな出来ばえ。
この人が歌手であったことすら疑わしく、いたたまれない思いでいっぱいになりました。

というわけで、大ファンの人たちが★をたくさんつけてくれるといいですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お水汲み当番

0.5これが巨匠だそうです

津次郎さん
2020年7月11日
PCから投稿

黒沢清監督はトウキョウソナタだけは良かったです。
そのほかの監督のしごとはすべて「細かすぎて伝わらないモノマネ」のようです。
なんかがあるのは、わかります。
ただし、その「なんか」が果たして巨匠の才能によるものなのか、弱点なのかが、わかりません。

ときどきものすごい短絡があります。
クリーピーでも予兆でも岸辺でも散歩するでもダゲレオでもリアルでも、その短絡を見ました。
なんて言ったらいいんでしょうか。
あぜんとする/絶句する/あっと驚く/拙いとしか思えない「省略」をやってくれます。

あるとき彦一は「怖くておかしくて悲しい話をしてくれ」とせがまれ「鬼が出てオナラをして死んでしまった」と話します。不平を言われると「鬼が出れば怖いだろ、オナラをすれば可笑しいだろ、死んでしまえば悲しいじゃないか」と釈明します。

鬼が出れば怖い/オナラをすればおかしい/死ねば悲しい──これらの直線的な表現方法が、黒沢清監督の映画に、たびたび出てきます。ただし、それが、なにかの含みなのか、まんまなのかが、解りません。ものすごく解りません。

たとえば散歩するで主人公らが教会に迷い込んだときおもむろに東出昌大扮する牧師が出てきていきなりコリント人への手紙を話すシーンがあります。あたまん中はてなだらけになります。

今回これを見て、黒沢清監督には無いと、個人的には決着しました。この監督は、トウキョウソナタを撮り得たわけですが、それは度重なるラックか、青天の霹靂のようなものだと思います。

愛の賛歌はジョークでもセルフパロディでもタイアップでもありません。監督は、かんぜんなる真剣度で愛の賛歌を選んでいます。「巨匠」の肩書きが、それを許していると思います。

舞台で歌うことを夢見る女性とか、山羊逃がすとか、びく落として引き上げて200㎝の魚捕まえるとか、コンビナートの火災とか、中学生の想像力が監督に憑依した感じ。
どうなっているんだろうか。

ムスリムたちの風景に一ミリもなじまない風体で世迷い言をぬかしまくるひたすら不愉快な女と、どこまでもAwkwardなできごとで成り立っている試練の映画でした。現実世界以上の気まずさが間断なく襲いかかってきます。

これを技巧や手法だと解釈するなら虐待も猫かわいがりであり、いじめも「おごりおごられるかんけいでいじめはなかった」ということになるんじゃないでしょうか。
おわりもせず、はじまりしない、旅のおわり世界のはじまりでした。

この監督は、元ネタのないご自身の妄想を真似ているのであって、そもそも「細かすぎて伝わらないモノマネ」ですらないということが、わたしにもようやく解りました。

あまつさえ、映画の拙さを許し得ても、他国で、醜態をさらしているのは、許せません。よそ様の生活圏をひらひらのスカートで闊歩しやがって。びくびくしながら街を歩きやがって。途上国を瞰下している先進国のつもりなのかなあ。
と・ん・で・も・ね・え・ぞ。

個人的に、今この国に、年毎でベスト10つけられるほどのまともな映画はそろわないと思っています。その証拠に、「巨匠」を入れとかないとマズいと判断した権威主義のキネマ旬報がこの映画を10位として、体裁を整えたわけです。

ちなみにひたすら同衾する映画が1位です。日本アカデミー賞では官房長官に23回質問した人の原案に基づく映画が作品賞です。なんでも花畑にする親の七光りカメラマンがわが国最先鋭の監督さんです。知らなかったわけじゃないですが、もう外国との対比ができなくなっている業界だとは思っています。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
津次郎

3.0世界の果てで、自分のはじまり

近大さん
2020年5月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

幸せ

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 9 件)
近大
すべての映画レビューを見る(全81件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る