劇場公開日 2019年6月14日

  • 予告編を見る

旅のおわり世界のはじまりのレビュー・感想・評価

3.188
14%
37%
29%
12%
8%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全88件中、1~20件目を表示

3.5前田敦子が素晴らしい

2019年8月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ウズベキスタンについてよく知らなかったので、楽しみにしていた。どこまでこの国について知ることはできたかは怪しいが、主人公もまた異国の地を知らない人物であるから、主人公と同じ目線で映画を堪能できた。
テレビ番組のロケ一行は珍しいものを探してウズベキスタンをさまよう。幻の魚を求めて人工的にできた湖を訪ね、移動遊園地で乗り物体験するなど、よくあるレポート番組のロケ風景は何か空虚さを感じさせる。前田敦子演じる主人公が、道に迷った途中で見つけたヤギを放してやろうと提案する。むやみに現地の生活に踏み込むべきなのだろうかとも思うが、あれはなんだったのだろう。ミュージカル女優を目指している主人公が劇場で突然歌い出すシーンと大自然背景に「愛の讃歌」を歌うシーンは見惚れる。前田敦子はとても絵になる女優だなと思った。テレビで彼の危機を知るシーンは、『ニンゲン合格』を思い出した。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
杉本穂高

3.5ウズベキスタンのことは嫌いにならないで下さい

2021年3月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

知的

萌える

カンヌ監督黒沢清×元AKBセンター前田敦子in ウズベキスタン
歌手志望のTVリポーターが主人公で前田敦子
加瀬染谷柄本はテレビ番組スタッフ役
あとはウズベキスタン人の皆さん
ウズベキスタンにクレイジージャーニー

言葉の壁の問題にぶち当たると僕はいつも子供の頃に読んだ聖書の絵本に登場する神が破壊したバビロンの塔を思い出す

短期滞在なので現地の言葉が殆ど喋れないのは仕方がない
だが現地の実情を事前によく調べもせずに思いつきで「行っちゃえ行っちゃえ」のノリで海外へ取材に行くTV局関係者に呆れる
当然うまくいかないのでスタッフのイライラは募る

茹でたてのほうれん草を水道水で冷まして水を切り醤油をかけて食えとそのまま出された感じの自然な作品
ドキュメンタリータッチではないが特にこれといって手の込んだ演出は感じられない
B'zが若い頃にニューヨークで敢行した『film risky』の要素は全くないので前田敦子のPVとは思えない

カンヌ受賞作はつまらないという意見はよく目にする
だからこそカンヌをとるような監督の作品はつまらないということになる
観客の多くは所詮ド素人だがカンヌの審査員長は芝居の玄人でしかも超一流のセレブなので当然視点が違って当たり前なのだ
日本の常識は世界の非常識
または世界の非常識は日本の常識

アメリカでは即戦力を求められるが日本は未経験の素人を熟練されたベテランに混ぜて育てていく方針
下手くそがだんだん上手くなっていく過程を日本人は楽しんでいる
その対象になっている1人が今回の作品で主演を務めた前田敦子

何故あの辺りの国々はスタンが多いのか
ソ連が崩壊して独立国として一気に増えた
スタンといえばスタン・ハンセンだが関係ないのか

ウズベキスタンの大自然で『愛の讃歌』を歌う前田敦子か良かった
エディット・ピアフや越路吹雪の方が良いに決まっているがそういうことではない
前田敦子の代表作といえる

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
野川新栄

2.0何たる退屈。以上。

2021年2月8日
iPhoneアプリから投稿

何たる退屈。以上。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

2.5旅の始まり

2020年9月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

この旅で言葉の通じない国の人々の優しさに触れ、成長できた彼女の旅は終わりではなく始まりなのでは。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
上みちる

3.5ウズベキスタンの街を前田敦子がリポートするロードムービー。 大小様...

省二さん
2020年9月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ウズベキスタンの街を前田敦子がリポートするロードムービー。
大小様々なトラブルがありながら進んでいく。
途中、前田敦子が突然劇場で歌を歌いだすシーンがあってのけ反ってしまったが、結構上手かった。
前田頼みのアイドル映画ではなく、きちんと演技できているのは高評価だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
省二

3.5【”貴方たちはウズベキスタンの事をどれだけ知っているんですか?”異国の地で日本流儀でTV番組を撮影しようとしたクルー達が経験した戸惑いと、見出した新たな世界を抑制したトーンで描いた作品。】

NOBUさん
2020年9月8日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

知的

難しい

幸せ

ー中央アジア、ウズベキスタンで”幻の怪魚”を探す日本のTVクルー(染谷翔太、加瀬亮、柄本時生)とリポーターの葉子(前田敦子)。
 だが、異国の地で日本流の仕事の進め方は通用せず、徐々に焦りを募らせる。
 葉子も、倦怠感を募らせ、見知らぬバザールに自らカメラを持って出かけ、彷徨いながらも、”ナヴォイ劇場”に辿り着き、夢と現実が交差する不思議な経験をする・・。-

 ■黒沢清監督の作品は、不思議な余韻を齎してくれる作品が多いが、今作はその中でも異色の作品。
 -ウズベキスタンとの国際交流25周年を記念した共同作品という位置づけもあるだろうが、日本流儀を押し通そうとする染谷翔太を始めとする日本のTVクルー達のある意味、無礼な態度に対し、ウズベキスタンの人々が自分たちの流儀は曲げないが、優しく描かれる。-

 ・作中の人物で、プライベートも含めて最も迷える人物が前田敦子演じる葉子であろう。彼女が異国で言葉も通じない閉塞感の中、偶然辿り着いた”ナヴォイ劇場”で、自らの夢である歌手として、「愛の讃歌」を歌い上げるシーンは幻想的でもあり、印象的な場面である。

<葉子が異国で様々な出来事や東京に残してきた恋人を案じる中、徐々に自身を見つめ、本来の願望に目覚めていく過程は唐突な感もあるが、印象的なシーンでもある。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
NOBU

4.0テレビ番組撮影隊

2020年9月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ウズベキスタンでの日本のテレビロケ隊はリポーター(前田敦子)、ディレクター(染谷将太)、カメラ(加瀬亮)、AD(柄本時生)と通訳の5人組。
思い通りの絵が撮れないのでみんなイライラしている。
リポーターは歌手志望だが、過酷な撮影に耐えているのは、東京にいる恋人のお陰かも。
このリポーターは慎重だが物怖じしないタイプで、ホテルから一人で出かけて経験値を積み上げている。
ウズベキスタンのオールロケで、雄大な風景は人間をちっぽけに見せる。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0簡単な英会話くらいは身につけなきゃ・・・と思った

kossyさん
2020年9月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 ユーラシア大陸のど真ん中にあるウズベキスタン。ロシア語のような雰囲気もあるが公用語はウズベク語。歴史をみても、イスラムやモンゴル帝国に占領され、やがてはロシア、ソ連に組み込まれていった国。サマルカンドなんてまさにドラクエの世界・・・

 怪魚探しがメインであろうTV番組のクルーたち。劇場の中の壁の装飾なんて「うちの番組はそういうの求められていない」と片づけられるし、ふしぎ発見やなるほどザ・ワールドとは違い、深夜枠のマニアックな番組なのだろうか?敗戦後の日本兵の話なんて興味深いところなのに。

 中心となるのは葉子役の前田敦子なのですが、撮影隊は加瀬亮、染谷将太、柄本時生という豪華な布陣であり、彼らは裏方に回っても演技力抜群だ。まぁ、前田敦子あってこその作品だろうし、レポートする中身も面白いものじゃない。裏金使って協力してもらうというのはヤラセ番組の皮肉としかいいようがないのです。

 全体的にドキュメンタリー風の成長物語なのですが、黒沢清がそこで終わるわけがない。終盤の展開には異国の中での疎外感や言葉の通じない恐怖が感じられる。彼女の恋人が東京湾の消防士をしていることも不安定要素の一つであり、男が多いバスの中や暗い路地なども恐怖感を煽る。それでも彼女自身の懸命に生きていくことがそのままタイトルの“旅”であり、ウズベキスタン人の優しさに気づくことが“はじまり”でもある。

 不思議な感覚に陥る劇場にも生きていることの喜びを感じるし、ラストの「オク」によって繋がっていることの満足感が得られる仕組みになっていた。ただ、「愛の讃歌」ばかりじゃ飽きがくるなぁ・・・前田敦子好きの人なら満足だろうけど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 10 件)
kossy

0.5あくまで、映画に対する評価です。

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

前田敦子がウズベキスタンにテレビのロケに出かけたという映画です。
ストーリーは、メッタメタ。
最後まで、完成品のテレビ番組を観客が目にすることすら、ありません。
彼女たちが追っている(のか? とても本気には見えなかったけど……)幻の巨大魚というものにもお目に掛かれません。
あんなチャチな漁具で怪魚が捕れたりしたら、それこそ怪奇現象です。

このようにストーリーは破綻していて、期待をことごとく裏切ります。

前田敦子は扉を開けても閉めないし、思いつきで勝手に行動するし、席を譲られてもありがとうも言わずにムスッと座るし、人から何かしてもらってもまったく感謝もしないし、と、早い話、すんごく嫌な女を演じています。
もしもこれが彼女の本性でなく演技なのなら、きっと演技なのでしょう。
しかし画像の端々に「人としての本性」が漏れ出てくるのを感じ、私はわびしく観ましたけどね。

ミュージカルでもなかろうに、唐突に劇中で「愛の讃歌」を歌い出しますが、これが彼女の発声にも声量にもまったくマッチしておらず、音程も狂っていて、一言で言って惨めな出来ばえ。
この人が歌手であったことすら疑わしく、いたたまれない思いでいっぱいになりました。

というわけで、大ファンの人たちが★をたくさんつけてくれるといいですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お水汲み当番

0.5これが巨匠だそうです

津次郎さん
2020年7月11日
PCから投稿

黒沢清監督はトウキョウソナタだけは良かったです。
そのほかの監督のしごとはすべて「細かすぎて伝わらないモノマネ」のようです。
なんかがあるのは、わかります。
ただし、その「なんか」が果たして巨匠の才能によるものなのか、弱点なのかが、わかりません。

ときどきものすごい短絡があります。
クリーピーでも予兆でも岸辺でも散歩するでもダゲレオでもリアルでも、その短絡を見ました。
なんて言ったらいいんでしょうか。
あぜんとする/絶句する/あっと驚く/拙いとしか思えない「省略」をやってくれます。

あるとき彦一は「怖くておかしくて悲しい話をしてくれ」とせがまれ「鬼が出てオナラをして死んでしまった」と話します。不平を言われると「鬼が出れば怖いだろ、オナラをすれば可笑しいだろ、死んでしまえば悲しいじゃないか」と釈明します。

鬼が出れば怖い/オナラをすればおかしい/死ねば悲しい──これらの直線的な表現方法が、黒沢清監督の映画に、たびたび出てきます。ただし、それが、なにかの含みなのか、まんまなのかが、解りません。ものすごく解りません。

たとえば散歩するで主人公らが教会に迷い込んだときおもむろに東出昌大扮する牧師が出てきていきなりコリント人への手紙を話すシーンがあります。あたまん中はてなだらけになります。

今回これを見て、黒沢清監督には無いと、個人的には決着しました。この監督は、トウキョウソナタを撮り得たわけですが、それは度重なるラックか、青天の霹靂のようなものだと思います。

愛の賛歌はジョークでもセルフパロディでもタイアップでもありません。監督は、かんぜんなる真剣度で愛の賛歌を選んでいます。「巨匠」の肩書きが、それを許していると思います。

舞台で歌うことを夢見る女性とか、山羊逃がすとか、びく落として引き上げて200㎝の魚捕まえるとか、コンビナートの火災とか、中学生の想像力が監督に憑依した感じ。
どうなっているんだろうか。

ムスリムたちの風景に一ミリもなじまない風体で世迷い言をぬかしまくるひたすら不愉快な女と、どこまでもAwkwardなできごとで成り立っている試練の映画でした。現実世界以上の気まずさが間断なく襲いかかってきます。

これを技巧や手法だと解釈するなら虐待も猫かわいがりであり、いじめも「おごりおごられるかんけいでいじめはなかった」ということになるんじゃないでしょうか。
おわりもせず、はじまりしない、旅のおわり世界のはじまりでした。

この監督は、元ネタのないご自身の妄想を真似ているのであって、そもそも「細かすぎて伝わらないモノマネ」ですらないということが、わたしにもようやく解りました。

あまつさえ、映画の拙さを許し得ても、他国で、醜態をさらしているのは、許せません。よそ様の生活圏をひらひらのスカートで闊歩しやがって。びくびくしながら街を歩きやがって。途上国を瞰下している先進国のつもりなのかなあ。
と・ん・で・も・ね・え・ぞ。

個人的に、今この国に、年毎でベスト10つけられるほどのまともな映画はそろわないと思っています。その証拠に、「巨匠」を入れとかないとマズいと判断した権威主義のキネマ旬報がこの映画を10位として、体裁を整えたわけです。

ちなみにひたすら同衾する映画が1位です。日本アカデミー賞では官房長官に23回質問した人の原案に基づく映画が作品賞です。なんでも花畑にする親の七光りカメラマンがわが国最先鋭の監督さんです。知らなかったわけじゃないですが、もう外国との対比ができなくなっている業界だとは思っています。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
津次郎

3.0世界の果てで、自分のはじまり

近大さん
2020年5月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

単純

幸せ

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 11 件)
近大

0.5散歩してるだけ

2020年5月8日
PCから投稿

前田敦子が外国で散歩して雑談してました

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

4.5前田敦子の演技すごい!ウズベキスタンが分かる!

2020年4月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

前田敦子さんの、この映画の独特な雰囲気に合った絶妙な演技、素晴らしかった!!なかなか心を開かず、現地で打ち解けようとしない旅人を見事に表現。ナボイ劇場や最後の高原でのあっちゃんの歌、感動する。

旅のおわり世界のはじまり…という意味は見ていくとジワジワとわかる感じがする。旅人である葉子に警察官が、きく、なぜ話し合おうとしないのか、話し合わないと分かり合えないのでは…と。世界のはじまりのきっかけを与えてくれるような言葉であり、ウズベキスタンの警察官が紳士的で優しい!
こんなに現地の警察官って優しいのかな…って警察署の場面では一瞬思ったが、この映画を、通して、一貫して現地の人たちが、あたたかい!プロフのお母さんも実は暖めてプロフだしてたし、ヤギのお母さんもヤギを再び捕まえてないし、あの湖の気分屋漁師もめちゃくちゃいい人じゃん!?ウズベキスタンの人たちの優しさが本当に伝わる映画!!
取材の気持ちをつまらなくさせてたのは、分かろうとしない日本人の側の問題だと、だんだんと気づかされる…

そのウズベキスタンの人たちの優しさがあったからこそ、葉子は、自分の世界をみつけ、世界をはじめられるようになったと思える!!ウズベキスタンを好きになれる!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
nagoya_yabu

3.0異色観光映画

2020年4月16日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

洒落た映画タイトルをつけていますが、私の観終わっての感想からだと“世界の果てまで跋扈する恥かしい日本人達”というタイトルをつけたくなりました。
ホラー映画ではない黒沢清の作品でしたが、前田敦子の役柄がまるまるホラー映画の様な挙動不審、徘徊癖、情緒不安定、な演出だったので、逆に何故ホラー映画にしなかったのか不思議で、普通のドラマとして見るとあの主役の行動だけが気持ち悪過ぎました。その他が全てモキュメンタリー的な自然体の演出だったので、前田敦子の演技というより物語上での行動だけが際立って異常に感じてしまい、黒沢映画としては今までと違う路線での失敗作(ヘンテコリンな魅力はありましたが)という印象で、私的にはノレませんでしたね。
しかし、ウズベキスタンの風景や映像は非常に美しく観光映画としての価値はありましたが…

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
シューテツ

山頂の景色は、登った人にしか見えない

2020年4月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

怖い

知的

旅をする時って、楽しいようで、どこか一歩引いた目線で世界を眺めてしまう。自分が、目の前にいる人達とは何か別のものに所属し、別の場所を目指している人間であると、ある意味線引きをすることでもある。
何にでも「No Thanks」で片付け、好意のお弁当にも鼻から見向きもしない葉子の旅路は、「本当は私は歌手なのに…」と、目の前の仕事を心の中で遠ざけてきた、今までの生活と重なる。物見遊山的な人生。

加瀬亮に「君撮るの面白いよ」って言われるほどテレビリポーターとしては優秀だし、結婚までいきそうな恋人がいるなど、
しっかりと自分の人生を歩んできた軌跡はあるのに、自分で「本当にやりたいこととはどんどんズレていって」と、世界に線を引いてしまう。

しかしそんな中、警察のおっちゃんやテムルが心の扉をノックしてくれたおかげで、
実態を知ろうとしないままレッテルを貼っていた外国の街並みにも、血の通った同じ人間の営みがあることを実感する。

価値が無いと決めつけていた周囲に、自分の知らない可能性があることに気づく。…その後日本に帰れる状況なのに、残って仕事に励んだってことは、そういうことでしょう。

そして恋人の生死が確認されたことで、自分の人生の中で「愛」が確信のあるものと気付く。
(テーマ曲が愛の讃歌なのは、人を愛することって、唯一、自分の内側から確信を持って溢れ出るものだからじゃないか?仕事や夢や物事の価値判断なんかは、色んな主観や要因で変わってしまうけれど)

ほんで、山羊のオクーちゃんが、山のてっぺんに向かって生き生きと駆け上がっていく様子を見て、確信する。
かつては、「自分でロープを断ち切ることもできた。本当は何を望んでいるの?」と尋ねたりもした。でも、監禁されたり野に放たれたりされた、オクーちゃんの人生は、オクーちゃんにしか分からない。
同様に、自分が歩んできた旅路は、自分しか見たことのない景色なのに、 それを見たことのない誰かに良いとか悪いとか決められるのか、と。ましてや自分が決められるか、と。

山のてっぺんは、登るために価値があるとされる目的地ではなく、登ってきた瞬間にだけ鮮明に感じられる景色(世界)である、と。

2回見て、このくらいの理解。映画のタイトルそのものが、ネタバレ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
にんじん

3.5豪華キャスト!

いつこさん
2020年4月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

周りの俳優陣が豪華すぎて贅沢。前田敦子はあまり好きじゃないけど、評価される意味はわかる。衣装とかリアルだった。でもこんなお金のないクルーがこんなホテル泊まれるかな?
国の美しさは映像で伝わって来たけど、どちらかというと怖いシーンも多くて国に対してのいいイメージの映像が少ない気がした。
途中の通訳の話はとても泣けた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いつこ

5.0女優、前田敦子。

2020年3月22日
iPhoneアプリから投稿

黒沢清監督は、女優、前田敦子の良さを1番よく知ってる監督だと思う。
ウズベキスタンで映画を撮りませんか?という企画から、
生まれたヒロイン映画。
前田敦子がヒロインでと脚本も監督自身のオリジナル。

ウズベキスタンに、撮影クルーのレポーターとして、加瀬亮、染谷将太、柿本時生、と共に、前田敦子演じるヒロインは同行してるのに、ポツンといる佇まい。
街中をさまようヒロインを追うように黒沢組の芦澤明子さんの撮影も黒沢作品としてはかなり自由に動いているのが新鮮。

コトバがわからない現地で、無茶なレポートをしていく中で、
カメラが回る間の笑顔とカットがかった途端、素の表情になる。出会う動物。ヒロインが歌う歌。

黒沢清監督とは
「Sevens Code」は前田敦子の曲のショートフィルム的な60分の作品。ローマの映画祭で複数の賞を獲得するのもわかる60分に意外な展開のある紛れもなく黒沢清映画。

「散歩する侵略者」は出番は少ないのに、前田敦子でしか演じられない瞬間。

これからも黒沢清作品の中の前田敦子を観ていきたい。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
アレックス・ビショップ

3.0おもてなしの国

ミカさん
2020年3月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

幸せ

ちょうど半年前にウズベキスタンを旅したので、タイミングが合って鑑賞しました。メディアに映る異国の地もメディアに映る自分の姿も一部だけを切りとって分かった様な気になってしまう。そんな現代の違和感を主人公を通して感じました。SMSも同じですよね。

プロフはウズベキスタンではとてもポピュラーなメニューなので、どこのお店でも大鍋に作り溜めしていると思います。わざわざ撮影の為に作って貰わなくても、無かったらどこのお店にでもあるのでは?と思うのは、私がウズベキスタンに行った事があるからです。また、ウズベキスタン人は、お土産屋さんを除いてあんなにがめつい感じではありませんでした。国民のホスピタリティ最高でしたよ。私が出逢ったウズベキスタン人も一部ではありますが。旅番組を作る映画の裏方にリアリティが無いと思わせたのだとしたら、凄いですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ミカ

2.0前田敦子のガンバルマン

2020年3月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

それじゃ怪魚なんぞ獲れんだろw
バイカル湖でいっその事水着姿で踊ってくれれば良かったものの、、、ぽ〜にぃて〜る〜、、。

〜あらすじ〜
冴えないB級番組収録の為、女性リポーターを演じるネガティブ洋子がウズベキスタンに行き奮闘する話。

ってか、中盤までのB級番組収録のくだり、どうにかならなかったのかな、、、と。
収録が上手く行かないくだり、上を目指すためにはこんなショボい収録番組でもステップアップしなきゃと頑張る人間模様&もがく姿は分かるが、その描き方が面白く感じない。💦
食事ネタとかヤギのネタとか、、ネタって言えないんだよね。B級番組や地方ローカル番組に逆に失礼。

収録時間外の前田敦子、もがきながらも探索するウズベキスタンでの展開、後半が生きないんだよね。

展開◯、脚本✖️。
前田敦子のイヤイヤガンバルマン感は悪くない。
彼女にもう少しアクティブ感があればガラッと映画は変わっただろう。

ネガティブで愛の讃歌を歌われても困る。
異国の地は安心すれば溶け込むもんです。
素のままの様なウズベキスタンと撮影はいいだけに残念。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 12 件)
巫女雷男

3.0合う合わないがある

2020年2月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

前評判が上々で、玄人受けする黒沢清監督なのと、
最近の前田敦子は目を見張るものがあるので、観に行ってきました。

観終わって、私には合いませんでした。

もうね、前田敦子にこういう「根性のあるバカ女」役はお腹いっぱいです。
これまでも何度も観ました。
彼女の可能性はもっと違う気がします。

ウズベキスタンの土地と風習、日本人の感覚との差異、
言いたいことは理解できましたし、絵も美しかったです。
でもね、こんないい役者たちを使っておいて、
贅沢な素材を使って、雑に盛り付けた料理みたいです。
勿体無い。それしかない。

エンディングの歌も、
下手なのは問題ないですし、ディレイなしの生歌で表現したかったのも解りますが、
なんであんな素晴らしい景色で接写なんだろう…。

いろいろ、うーん、うーん…な作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
茉恭(まゆき)
「旅のおわり世界のはじまり」の作品トップへ