クレイジー・リッチ!

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
クレイジー・リッチ!

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

シンガポールを舞台に不動産王の御曹司である恋人と、彼の裕福な一族との間で揺れながら本当の幸せを探す独身女性の葛藤を、アジア系キャストをメインに描いたハリウッド製ラブコメディ。監督は「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」「G.I.ジョー バック2リベンジ」のジョン・M・チュウ。ニューヨークで働くレイチェルは、親友の結婚式に出席する恋人のニックとともにシンガポールへと向かった。初めてのアジア旅行への期待と、初めてニックの家族会うことの緊張感を感じていたレイチェルが出発当日の空港で案内されたのはファーストクラス。ニックはシンガポールの不動産王の超有名一族の御曹司で、社交界の女性たちから熱い注目を集める人気の独身男だったのだ。ニックの恋人としてシンガポールの地に降り立ったレイチェルに、2人の交際をよく思っていないニックの母や家族親戚一同、さらには元カノとの対立と、レイチェルは苦境に立たされてしまう。

2018年製作/120分/G/アメリカ
原題:Crazy Rich Asians
配給:ワーナー・ブラザース映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第76回 ゴールデングローブ賞(2019年)

ノミネート

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) コンスタンス・ウー
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND SK GLOBAL ENTERTAINMENT

映画レビュー

3.5「アメリカ映画」にとって重要

ローチさん
2018年10月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

アメリカ映画において、アジア人が主役の映画は少ない。そしてアジア人の物語も少ない。その意味で、「アメリカ映画史」的には重要な作品だ。シンガポールを総本山とする華人ネットワークにおいて、アメリカ移民たちが軽んじられるパワー関係の妙味もアメリカ人の観客には新鮮に写ったかもしれない。

結婚を巡るラブコメディだが、話の核は血縁主義、家族主義の華人の価値観と個人主義的なアメリカの価値観の対立の落とし所だ。麻雀を用いて主人公と婚約者の母との対立と歩み寄りを作るシーンは上手い。

アメリカのアジアコミュニティにとってこれは重要な作品だろう、しかしアジアに住む我々はどういう視点で観るべきか。アジアは多様である、アメリカ人が考える以上に。この国ではその多様性に触れられるアジア各国の映画が観られる。いろいろ観た上でこの映画で描かれたAsiansの描写について考えてみるのがいいだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
ローチ

3.5よかった

2019年10月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
古泉智浩

3.5ハリウッドに進出していくアジアンアクター達の姿 オール・アジアン・キャスト作品。

NOBUさん
2019年10月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

幸せ

 恋人ニック・ヤンがシンガポールを代表に東南アジアでエリート層を形成する海峡華人一族の御曹司だった!事から始まるロマンティック・コメディ。

 ・ニック・ヤン演じるヘンリー・ゴールディングはこの後、「シンプル・フェイバー」でブレイク・ライブリーの夫を演じた(二重の意味で)。

 ・現代のシンデレラの友人を演じるオークワフィナは「オーシャンズ8」に手先が異常に器用なスリを軽やかにコミカルに演じた。

 ・そして、ケン・チョン オオ、懐かしや「ハングオーバーシリーズ」

  豪華絢爛な衣装と宝石の数々だったが、そんなにゴージャスに見えなかったのは、同類の僻みかな。

<2018年10月1日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

3.0アメリカのアジア観てこんなもん

ユピィさん
2019年9月23日
スマートフォンから投稿

楽しい

単純

ハリウッド初のアジア人主役の映画と聞いて。最近ヘイト問題もよくニュースになってるし、昔よりはアジア文化に対して理解が深まっていると期待したのですが…
アメリカ映画をそのままシンガポール舞台にしただけ。最後は問題解決もされずハッピーエンドで終わった…浅すぎてハリウッド初アジア人がどーのってキャッチコピーやめた方がいいと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ユピィ
すべての映画レビューを見る(全87件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る