クレイジー・リッチ!

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
クレイジー・リッチ!
クレイジー・リッチ!
18%
55%
19%
5%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

シンガポールを舞台に不動産王の御曹司である恋人と、彼の裕福な一族との間で揺れながら本当の幸せを探す独身女性の葛藤を、アジア系キャストをメインに描いたハリウッド製ラブコメディ。監督は「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」「G.I.ジョー バック2リベンジ」のジョン・M・チュウ。ニューヨークで働くレイチェルは、親友の結婚式に出席する恋人のニックとともにシンガポールへと向かった。初めてのアジア旅行への期待と、初めてニックの家族会うことの緊張感を感じていたレイチェルが出発当日の空港で案内されたのはファーストクラス。ニックはシンガポールの不動産王の超有名一族の御曹司で、社交界の女性たちから熱い注目を集める人気の独身男だったのだ。ニックの恋人としてシンガポールの地に降り立ったレイチェルに、2人の交際をよく思っていないニックの母や家族親戚一同、さらには元カノとの対立と、レイチェルは苦境に立たされてしまう。

2018年製作/120分/G/アメリカ
原題:Crazy Rich Asians
配給:ワーナー・ブラザース映画

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第76回 ゴールデングローブ賞(2019年)

ノミネート

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) コンスタンス・ウー
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND SK GLOBAL ENTERTAINMENT

映画レビュー

3.5「アメリカ映画」にとって重要

2018年10月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

アメリカ映画において、アジア人が主役の映画は少ない。そしてアジア人の物語も少ない。その意味で、「アメリカ映画史」的には重要な作品だ。シンガポールを総本山とする華人ネットワークにおいて、アメリカ移民たちが軽んじられるパワー関係の妙味もアメリカ人の観客には新鮮に写ったかもしれない。

結婚を巡るラブコメディだが、話の核は血縁主義、家族主義の華人の価値観と個人主義的なアメリカの価値観の対立の落とし所だ。麻雀を用いて主人公と婚約者の母との対立と歩み寄りを作るシーンは上手い。

アメリカのアジアコミュニティにとってこれは重要な作品だろう、しかしアジアに住む我々はどういう視点で観るべきか。アジアは多様である、アメリカ人が考える以上に。この国ではその多様性に触れられるアジア各国の映画が観られる。いろいろ観た上でこの映画で描かれたAsiansの描写について考えてみるのがいいだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
杉本穂高

5.0これから子育てをする人に、必見の映画だと思います。

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

シンガポールの超・大富豪の中国人一族を描いたドラマです。

そこの御曹司がニューヨークに留学中、ニューヨークで貧困の中で育ちながらも努力と勉強を惜しまなかった主人公の女性と交際し、シンガポールの実家を二人で訪問するのですが……というコメディ仕立てのお話です。

まったく私たちとは住む世界の違う大富豪の世界を見せてもらえることの面白さももちろん面白いのですが、このドラマの最大の魅力は、子供をどう成功するように育てるのか、それは大部分が親に掛かっているという中国人の信念、考え方を学ぶことができる点でしょう。

中国人は家族を大切にする、といいます。
その真の意味を、この映画によって、私は初めて理解することができました。

中国人は、家族が成功し、一族がみんな成功できるように、幼い子供のうちから教育していくのですね。
だから中国人は必然的に成功できるのだ、とドラマは訴えているのです。

考えてみれば、日本においても、大坂なおみ選手や錦織圭選手、イチロー選手をはじめとして、親が子供を成功させるように育てた例はたくさんあります。
大坂選手は身体的には恵まれていても偏見というハンディを背負っていましたし、イチロー選手はそもそも体格に恵まれなかった中で、いずれも幼少からの猛練習によって撥ね飛ばして超一流の座を掴んだわけです。

おそらく世襲政治家と呼ばれるいくつかの家族も、安倍晋三首相を含め、親が子供にきちんと目的を示し、成功への道筋を示しながら育て上げて来たのでしょう。

庶民は、人数は多くても、目的意識もなく、単に子供にエサを与えることが「育てること」だと思い込んでいるのだから、幼い頃から目的意識を持って子供を育てれば、超エリートになりうるのだろうな、と思うのでした。

中国人の大富豪たちがますます大富豪になれるのも、このように、子供たちに幼い時からキチンと目的意識を与え、教育を進めていくからなのだなと実感したのです。

子供は親を選べない。
私は、もしかして、生まれた瞬間から、人生を手遅れの状態で生まれてきたのかも知れません。
というわけで、大人になってこんな映画を観せられて、実は慄然としていたりもしています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お水汲み当番

4.0邦題に「アジアンズ」は入れて欲しかった…。

yuiさん
2020年6月14日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

本作の原題では、『クレイジー・リッチ』に続いて「〜アジアンズ」と続きます。確かに想像もできないほど裕福な一族の豪華な生活を題材にした物語ではあるものの、現在の邦題では、アジアの新興経済大国が米国や欧州を圧倒しつつある、という重要な時代背景が見えにくくなっており、内容の薄いコメディ映画であるかのような印象を与えてしまっています。内容の面白さを考えると実にもったいなく、ここは原題通りにして欲しいところでした。

本作で印象的に用いられる「バナナ」という語は、外見はアジア系だが生活形態や思考様式が欧化した人々を指しており、コンスタンス・ウー扮するレイチェルはまさにその典型であるとして、シンガポールにいる恋人の家族から厳しい視線を向けられます。

世界の金融センターとして成長を遂げたシンガポールという国自体が、積極的な欧化で力を付けてきた「バナナ」のはずなのですが、そこに住む人々は、家族主義といった伝統的価値観を維持しているという自負があるようです。では新興富裕層でありつつ家族主義を維持するところに「選択の自由」はあるのか、という問いが続いていくのですが、その家族主義を背負って登場するのがレイチェルの恋人の母親、エレノアです(ボンドガールを務めるなど、むしろアジア系俳優のハリウッド進出に積極的に貢献してきたミッシェル・ヨーが演じている点が興味深いです)。レイチェルとエレノアの関係性はまさに、「選択の自由」を巡る対立の具体化だと言えます。

本作は出演者の多くをアジア系としている点に注目が集まっていますが、続編の賃金格差を巡って脚本家が降板してしまいました。まだ映画界に存在する見えない壁は高く、厚いようです。

本作と『レ・ミゼラブル』を同日に鑑賞するという希有な選択をしたため、主人公の境遇のあまりの違いに無情を痛感すること甚だしかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
yui

3.0よくあるラブコメ

ゆゆゆさん
2020年5月17日
スマートフォンから投稿

笑える

楽しい

幸せ

ゴージャスなアジアの世界観が楽しい。
内容としては、まあまあ楽しめた。
結婚したいけど、相手の親や友人の反対に合って
立ち向かうために頑張るお話。
ただ、あまりドロドロ感はない。
個人的には、サポートしてくれる恋人のいとこのキャラがとてもすき。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆゆゆ
すべての映画レビューを見る(全93件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る