デス・ウィッシュ
ホーム > 作品情報 > 映画「デス・ウィッシュ」
メニュー

デス・ウィッシュ

劇場公開日

解説

チャールズ・ブロンソン主演で1974年に映画化され、日本では「狼よさらば」のタイトルで公開されたブライアン・ガーフィールドの同名小説を、ブルース・ウィリス主演、「グリーン・インフェルノ」のイーライ・ロス監督のメガホンで再映画化。警察すら手に負えない無法地帯となったシカゴで救急患者を診る外科医ポール・カージー。ある日、ポールの家族が何者かに襲われ、妻は死に、娘はこん睡状態になってしまう。警察の捜査は一向に進まず、怒りが頂点に達し、復讐の鬼となったポールは自ら銃を取り、犯人抹殺のために街へと繰り出す。ウィリスが主人公ポール・カージーを演じるほか、「ジュラシック・ワールド」のビンセント・ドノフリオ、「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」のエリザベス・シュー、モデルのカミラ・モローネらが脇を固める。

キャスト

作品データ

原題 Death Wish
製作年 2018年
製作国 アメリカ
配給 ショウゲート
上映時間 107分
映倫区分 R15+
オフィシャルサイト  

特集

映画ファンに告ぐ──“今度のB・ウィリス”は裏切らない&超最高!胸熱設定「表:外科医→裏:処刑人」×復しゅう映画の金字塔「狼よさらば」“ダイ・ハード世代”は、このリベンジ・アクションを……

俺たち、いや全映画好きが待ち望んでいた「本当に見たかったブルース・ウィリス」がついに、ついに帰ってきたぜ! 彼の最新主演作「デス・ウィッシュ」(10月19日公開)は、映画ファンからの歓喜の雄たけびが聞こえてきそうな痛快な一作に仕上がっ...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

チャールズ・ブロンソンの当たり役がB・ウィリス主演&E・ロス監督で過激に復活
デス・ウィッシュの映画評論・批評

タフなガンアクションヒーローのブルース・ウィリスが久しぶりに帰ってきた。本作「デス・ウィッシュ」は、1974年のチャールズ・ブロンソン主演作「狼よさらば」のリメイク。オリジナルと同様、強盗団から妻を殺され娘に重傷を負わされた主人公ポー...デス・ウィッシュの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全20件)
  • 気楽に見れました ネタバレ! いくつになってもかっこいいブルースウィリス見たさに鑑賞してみました。 「狼よさらば」を観たことがないのでなんとも言えませんが、飽きずに観れました(主演がブルースウィリスだったからかも知れませんが... ...続きを読む

    あすか あすかさん  2018年10月20日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 銃こそパワー!!! 最近にしてはに珍しい?銃激推しな映画でしたね。 これがブラックユーモアなのか真面目なのかわわかりませんが、ブルースウィリスが銃をブッパなして悪党をばったばったとなぎ倒していくのは見ていて楽しいよ... ...続きを読む

    エバラ エバラさん  2018年10月20日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • ひねりのない駄作 後味は悪くない作品だけど、正直ひねりのない駄作だと思う。 「ルイスと不思議の時計」と同じ監督だそうが「ルイス~」が つまらない作品だったのと同様、この作品も出来は良くないと思う。 ブルースウィル... ...続きを読む

    お抹茶 お抹茶さん  2018年10月20日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「デス・ウィッシュ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi