劇場公開日 2018年10月19日

  • 予告編を見る

デス・ウィッシュのレビュー・感想・評価

3.4112
10%
49%
36%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全112件中、1~20件目を表示

4.0自警と復讐の境界を考えるのも一興

AuVisさん
2018年10月30日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

興奮

いまオリジナルの「狼よさらば」を見ると、主人公の妻娘を殺傷する強盗3人組の1人を若いジェフ・ゴールドブラムが演じていて、「きっと奴が最後に復讐されるな」と先読みする人もいそうだが、そんな予想はあっさり裏切られる。チャールズ・ブロンソンが演じるカージーは、家族が襲撃されたことで自警主義に目覚めるが、復讐の鬼になるわけではない。その点がリメイク版の本作と大きく異なるポイントだ。ブルース・ウィリス主演の本作では、家族の仇に1人ずつ私刑を下す(途中の拷問で一味の情報を引き出すことも忘れない)プロセスが、ある種単純なカタルシスを生む装置として機能する。両作を見比べると自警と復讐の境界を考えさせられる。

イーライ・ロスらしい過激な肉体破壊描写もあるが、「ホステル」などに比べればかわいいもの。ボーリングの球のシーンは、「ファイナル・デスティネーション」のような仕掛けで笑わせる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
AuVis

3.5イーライ・ロスらしからぬところにロスらしさが満載

2018年10月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

映画界きっての特殊なキワモノ監督として人気を集めるイーライ・ロスが、最近では徐々にジャンルの幅を広げてきている。名作をリメイクした本作で、例えば序盤の“発砲”が真正面から映し出されない時、あれ?これまでのイーライ・ロスとは様子が違うぞ?と違和感を抱く人もいるかもしれない。もしかしてハリウッドのメインストリームに流されて、バイオレンスも弱めになっているのだろうか。でも心配は無用。ストーリーラインは誰もが予想できる(あるいは既に知っている)ありきたりなものだが、徐々に精神のダムを決壊させていく流れや、銃撃にも増して痛みを覚える復讐場面を見ていれば「なるほど、これがやりたかったのか」と得心がいく。更にタイムリーなことに銃問題にも真正面から切り込み、イーライ・ロスお得意の「理由なき真の恐怖」として描いている点も特徴的。シリアスな中に一握のユーモアをまぶしたジョー・カーナハンの脚本も渋い輝きを放つ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ぐうたら

3.5ブルース・ウィリス・アクションは健在!!

MPさん
2018年10月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

怖い

救急車で緊急搬送されて来た事故や暴力事件の被害者を、長年培ってきた外科医としてのスキルによって蘇らせる一方で、たとえ、被害者を救えなっかったとしても、決して加害者に対してさほど怒りは感じなかったはずの主人公、ポール。しかし、妻子を強盗団に殺傷された途端、まるでモラルなど持ち合わせていなかったかのように、密かに武装し、夜の町に飛び出しては悪漢どもを次々と"成敗"していく。果たして、そんなこと許されるのか?まして、銃規制法の必要性が声高に叫ばれる今のアメリカで?はい、許されるのだ。何しろ、ブルース・ウィリスなのだから。「ダイ・ハード」以来、戦うに足るモチベーションさえ与えられれば、最後まで完走する主人公に扮することを、彼はライフワーク、最高の当たり役にして来たのだ。同時に、「ダイ・ハード」で観客の共感を呼んだ、ガラスの破片が散らばる床を裸足で走って"イタタタ"とやる、例の生身のアクションも健在だ。それは、スタローン、シュワルツェネッガー、ザ・ロックへと繋がるウルトラボディ路線とは一線を画す、ブルース・ウィリス流リアリズムの追求。これが有る限り、活劇俳優としてのウィリスは不滅。そう思わせるのだ。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 5 件)
MP

3.5ブルースウィリスは、永遠にジョンマクレーン。

よしさん
2020年2月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし

3.0ブルースウィリス健在

2019年11月22日
iPhoneアプリから投稿

強盗一味に妻を殺され娘を昏睡状態にされちゃったもんだから普通に品高い医者のお父さんが復讐に暴走しちゃう!
でも銃の扱いがわからない。
でも悪党殺したい。
その一心で突っ込んでく!

斬新なヒーローの誕生だい!!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マッコール山田

4.0【善と悪とのボーダーラインを考えさせられる作品】

NOBUさん
2019年10月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

幸せ

 ポール・カージー(ブルース・ウィリス)の取った行動を責められるのか?

 ある辛い出来事を経験し、警察の壁に貼りだされた未解決事件のメモを目にした医者のポール。

 彼の善と悪(処刑人)とのボーダーが、徐々に悪側に偏っていく過程をもう少し深く描いていたら、「狼よさらば:原題 Death Wish」に近づいていたのかもしれない、と思った作品でもある。

<2018年10月19日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU

0.5荒唐無稽で爽快感も無し

2019年9月30日
PCから投稿

復讐するにしては行き当たりばったりですね。
共感するところもありませんでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

3.0新・狼よさらば

2019年9月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

主人公(ブルース・ウィリス)は外科医、自宅に強盗が入り、妻(エリザベス・シュー)と一人娘が撃たれ、妻は死んでしまう。
警察の捜査に業を煮やした主人公は銃の撃ち方を学び、自警団みたいなことを始める。
ネットで取り上げられ、議論が巻き起こる。
「狼よさらば」のリメイクで、ブロンソンとはイメージを一新、面白く仕上がっている。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0まぁまぁ

2019年9月22日
iPhoneアプリから投稿

悪くはないが、凄く良いとも言えない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
@Jankichi@

2.5単なる二人の"通常運転"

2019年9月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

単純

『狼よさらば』(1971)については、録画したのが残っているけど、未だ全然見てないから、参照せずにこれのみ感想。

端的に"味気無い"。

確かに布陣はこの手の映画に慣れた配役・スタッフだけど、だからといって超傑作が生まれるってことはなかった。

要はあまりに馴染みすぎてて、逆に新味が欠けていた。ジョニデ×バートンコンビの『アリス・イン・ワンダーランド』(2010)。あれが二人にピッタリすぎて、逆に意外性が皆無。そういうケースとよく似てた。

一応ロスのお得意らしき手腕もあるにはあるんだけど、銃に不慣れなブルース・ウィリスは流石に説得力が無い。『キック・アス』のヒットガールが苛められっ娘ばりに違和、それに散々殺し屋役(『ジャッカル』(1997)、『ラッキーナンバー7』(2006)等)を務めてるからピンと来ない。恐らく僕にはキャストミス。スタローン、デ・ニーロだったらまだね…。

と、不満を並べてるけど、ビジランテの可否を巡る議論シーンは興味深いし、そんなに酷評するぐらいの出来じゃないのは確かだった。『午後のロードショー』でやったら、ちょいと顔見せしちゃうかも(そしてそのまま見ちゃうかも)w。

ところで最後の対戦相手、誰だっけ?って思ったけど、『サウスポー』(2015)でギレンホールのダチをやってたお兄さん(ボー・ナップ)だ。このキャスティングはビックリだった。だって見事にクズ役だもん!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
平田 一

4.5死神かまたはヒーローか

io9910さん
2019年7月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
io9910

3.0普通のウィリス

みみずさん
2019年6月13日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ブルース・ウィリスなので、悪をバッタバッタとなぎ倒すのかと思った。、
だが、序盤は静かで、妻が殺されても警察に頼るばかり。
今か今かと待っていたが、ならず者に殴り倒されてしまう。
いつものウィリスじゃな~い。
フラストレーションがたまる。

全く進展しない操作に業を煮やしてか、ようやく始動。
それでも、いつもの迫力には遠く及ばないビギナー。
やっぱり物足りない。
復讐は是か非かをテーマにしたいのかもしれないが、私は当然是!
何倍返しにもすべきと思っているので、すっきりしない。

終盤になってようやく片鱗が見えるのと、ラストの刑事の粋な計らいが救い。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
みみず

3.5死神ブルースウィルス

2019年6月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

フードを被った死神ブルースウィルスの復讐劇
アンブレイカブル、ミスターガラスでの役を思い出させるような悪人の始末ぶり、おいおい銃ちょっと練習しただけでそうなるの?
かつて凄腕の〜などの設定は一切なく体型もひょろひょろ、昔は喧嘩早い!だけの男がこんなうまくいくのかななんて疑問もまぁブルースウィルスだからいいか!!って許される。
途中まで弟が怪しいな〜なんて思いながら見てたけど本当にただのダメ男だった、優しい男だけどね。
ラストの銃のシーン、スカッとしました。
最後逮捕されるの?なんて途中不穏な空気を作ってたけど気持ちよく終わりました
イーライロス、グリーンインフェルノなんて気色悪い映画作ってたのに小気味いいアクション映画で高評価です。
グリーンインフェルノも良かったけど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まあ映画好

3.0期待し過ぎた。

2019年5月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

ちょっと期待し過ぎたかな…

主人公を医者にしたのはとても良かった。
病院に敵の手掛かりが転がって来る事で、
父の怒りと復讐だけに集中して観る事が出来た。

ただ、犯人が極悪人じゃないヤツもいたので、
単純に悪いヤツらだったらもっと感情移入出来たのに、
と思いました。

しかし、病院内で携帯を取ったり時計、拳銃をパクる
って絶対怪しまれるだろ!
と突っ込みどころも多かった。

復讐はやはりテンションが上がる。

ブルースウィリスも良い感じで枯れてて
とても良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
奥嶋ひろまさ

3.5爽快ハラハラうひょー!

MrPさん
2019年4月29日
iPhoneアプリから投稿

常時うすら笑いを浮かべているブルース以外での俳優でも見たいね!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
MrP

3.5分かりやすくなったけど

2019年4月25日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

74年の「狼よさらば」は、銃を手にしたカージーが妻を殺した犯人に復讐せずに関係ない悪党を殺していくところが「なんで犯人に復讐しないのか」ってモヤモヤするんだけど、本作では(多分その当時みんなが感じてたモヤモヤを)「復讐の物語」にしたことでカージーに分かりやすく感情移入出来るようになったし、物語的なカタルシスも増したと思う。

ただその分、銃社会への警鐘という「狼よさらば」の根幹の部分が矮小化された感は否めないかな。

久しぶりに本気のブルース・ウィリスが見られたのは良かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
青空ぷらす

3.0目新しい内容ではないので、要は、誰が主演か、の問題、で、ブルース・...

miharyiさん
2019年3月31日
PCから投稿

目新しい内容ではないので、要は、誰が主演か、の問題、で、ブルース・ウィリスだから、安心して観ていられるし、作品らしくなる。
ここ何年か、やっと彼らしい役どころであったことも嬉しい。
弟と刑事も好感度良。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
miharyi

2.0まとまり過ぎて、面白くない。

2019年3月23日
PCから投稿

なぜ、指紋が沢山あるのにバレないのか。
殺されそうで、殺されない。
最後は、襲わせて、悪者を一網打尽。
うまく行きすぎは、言うだけ野暮か。
これだけ展開が絶妙なのに、爽快感が無いのは何故か。
自警は上手くいけばヒーローだが、殺す能力より、探す能力だ。
間違えて悪くない奴を殺すことが多いだろう。
それに、悪い奴は慣れてるから、こんなに上手くいくわけ無い。
外科医だから、手先が器用だから、銃を改造したり、ガンマンみたいになるか、ならんだろう?
娘が奇跡的に回復、それで自警におさらば。
精神的にも回復。
そんなに上手く心がコントロール出来るなら、それは神の領域。
私もそんな精神を持ちたいものだ。
鉄の精神。
ブルースウィルスだから演じられるんだろう。
今までの演じたイメージが、この映画の支えになるんだろう。
でなければ、とんだ駄作だな。
そんことも組み入れたキャスチングなんだからしょうがないか。
出来れば、早送りで観たくなる作品ではある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシン

3.5ブルース、銃を買うから始めます。

2019年3月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

単純

興奮

強盗団に妻を殺され、娘を意識不明にさせられた医師が強盗団を追い詰める。
リメイク前のブロンソン作品は観ておらず。

序盤からのアメリカテレビドラマの様な場面展開と少し速足のテンポで安くささは否めなかったが、犯人を追い詰める準備をし始めた頃から面白くなって行きました。

ブルース・ウィリスは産まれた時から銃を持っていたんだろうな的イメージ(なんだよそれw)でしたので最初違和感だらけでしたが、後半になるに連れて「んなアホな」的成長と無双ぶり。
いつものブルースに戻った。w

ガンショップでの店員とのやりとりにニヤニヤ。
米ライフル協会大喜びだろコレ。

派手さは無いものの、過去ブルース・ウィリスの良いどこ採りの様なアクション。
傷だらけ、2丁拳銃、隠し拳銃なんて過去作品の彼の魅力を知らないと作らんよw

期待薄で観始めましたが、案外楽しかった!

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 6 件)
巫女雷男

3.5「狼よさらば」は見ていないが普通に楽しめた。

さん
2019年2月8日
iPhoneアプリから投稿

楽しい

「狼よさらば」は見ていないが普通に楽しめた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
が
「デス・ウィッシュ」の作品トップへ