劇場公開日 2018年10月19日

  • 予告編を見る

「ブルース・ウィリス・アクションは健在!!」デス・ウィッシュ MPさんの映画レビュー(感想・評価)

3.4112
10%
49%
36%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5ブルース・ウィリス・アクションは健在!!

MPさん
2018年10月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

怖い

救急車で緊急搬送されて来た事故や暴力事件の被害者を、長年培ってきた外科医としてのスキルによって蘇らせる一方で、たとえ、被害者を救えなっかったとしても、決して加害者に対してさほど怒りは感じなかったはずの主人公、ポール。しかし、妻子を強盗団に殺傷された途端、まるでモラルなど持ち合わせていなかったかのように、密かに武装し、夜の町に飛び出しては悪漢どもを次々と"成敗"していく。果たして、そんなこと許されるのか?まして、銃規制法の必要性が声高に叫ばれる今のアメリカで?はい、許されるのだ。何しろ、ブルース・ウィリスなのだから。「ダイ・ハード」以来、戦うに足るモチベーションさえ与えられれば、最後まで完走する主人公に扮することを、彼はライフワーク、最高の当たり役にして来たのだ。同時に、「ダイ・ハード」で観客の共感を呼んだ、ガラスの破片が散らばる床を裸足で走って"イタタタ"とやる、例の生身のアクションも健在だ。それは、スタローン、シュワルツェネッガー、ザ・ロックへと繋がるウルトラボディ路線とは一線を画す、ブルース・ウィリス流リアリズムの追求。これが有る限り、活劇俳優としてのウィリスは不滅。そう思わせるのだ。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 5 件)
MP
中央改札口さんのコメント
2018年11月7日

これが 紹介文でもいいくらいの良いレビュー

中央改札口
「デス・ウィッシュ」のレビューを書く 「デス・ウィッシュ」のレビュー一覧へ(全112件)
「デス・ウィッシュ」の作品トップへ