劇場公開日 2018年10月19日

  • 予告編を見る

「イーライ・ロスらしからぬところにロスらしさが満載」デス・ウィッシュ ぐうたらさんの映画レビュー(感想・評価)

3.4112
10%
49%
36%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.5イーライ・ロスらしからぬところにロスらしさが満載

2018年10月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

映画界きっての特殊なキワモノ監督として人気を集めるイーライ・ロスが、最近では徐々にジャンルの幅を広げてきている。名作をリメイクした本作で、例えば序盤の“発砲”が真正面から映し出されない時、あれ?これまでのイーライ・ロスとは様子が違うぞ?と違和感を抱く人もいるかもしれない。もしかしてハリウッドのメインストリームに流されて、バイオレンスも弱めになっているのだろうか。でも心配は無用。ストーリーラインは誰もが予想できる(あるいは既に知っている)ありきたりなものだが、徐々に精神のダムを決壊させていく流れや、銃撃にも増して痛みを覚える復讐場面を見ていれば「なるほど、これがやりたかったのか」と得心がいく。更にタイムリーなことに銃問題にも真正面から切り込み、イーライ・ロスお得意の「理由なき真の恐怖」として描いている点も特徴的。シリアスな中に一握のユーモアをまぶしたジョー・カーナハンの脚本も渋い輝きを放つ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ぐうたら
「デス・ウィッシュ」のレビューを書く 「デス・ウィッシュ」のレビュー一覧へ(全112件)
「デス・ウィッシュ」の作品トップへ