億男

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
億男
8%
36%
38%
13%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

映画プロデューサー・川村元気の同名ベストセラー小説を佐藤健&高橋一生共演、「るろうに剣心」シリーズ、「3月のライオン」の大友啓史監督のメガホンで映画化。3000万円の借金を残して失踪した兄に代わり、借金返済に追われる一男。借金苦の日常に愛想を尽かした妻は娘とともに家を出てしまった。そんな不幸続きの一男に宝くじ3億円当選という幸運が舞い込む。この大金で借金返済、家族の修復と、一発逆転を夢想するが、ネットで悲惨な人生を送る高額当選者の記事ばかりが飛び込んでくる。不安になった一男は、起業して億万長者となった大学時代の親友・九十九にアドバイスをもらうため、九十九を訪ねるが、酔いつぶれて目が覚めると、九十九は3億円とともに姿を消していた。一男役を佐藤が、九十九役を高橋が演じるほか、藤原竜也、北村一輝、沢尻エリカ、池田エライザらが顔をそろえる。脚本は「ドラゴンクエスト」シリーズの開発などで知られる渡部辰城。

2018年製作/116分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
川村元気
脚本
渡部辰城
大友啓史
製作
市川南
エグゼクティブプロデューサー
山内章弘
プロデューサー
佐藤善宏
守屋圭一郎
プロダクション統括
佐藤毅
撮影
山本英夫
照明
小野晃
録音
湯脇房雄
美術
三浦真澄
装飾
渡辺大智
衣装デザイン
澤田石和寛
キャラクターデザイン
澤田石和寛
ヘアメイクデザイン/ヘアーチーフ
ShinYa
VFXスーパーバイザー
小坂一順
編集
早野亮
音楽
佐藤直紀
主題歌
BUMP OF CHICKEN
助監督
安達耕平
DIプロデューサー
齋藤精二
音響効果
大河原将
ミュージックエディター
石井和之
落語指導
立川志らく
キャスティング
飯田美保
スクリプター
生田透子
製作担当
下村和也
全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17

(C)2018映画「億男」製作委員会

映画レビュー

1.5何回見ても途中で寝てしまう

asicaさん
2019年12月3日
iPhoneアプリから投稿

先日の地上波放送でやっと 最後まで見た。
というか ながら視聴。

終わりがわかって なるほどこういう作りか、と理解。

年末ジャンボの季節です。

今 あんまり 宝くじあたって不幸になるとか聞かないけれど
多分 当たった時にもらう冊子が
意外と いい役割してるのかもね。

あー当たりたい。宝くじ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
asica

4.0自分で決めた価値で生きる

champandaさん
2019年11月21日
iPhoneアプリから投稿

お金に汲々としてると、夢を追いかけられない。

自分は反面教師のお陰で貯金を始めたけど、それがあったから、夢に人生懸けることができたんだ、と思い出す。都会で稼いだあのお金がなければ、今のじんわりとした幸せはなかったかもしれない。今は、あまりお金のかからない田舎暮らしを満喫中。田舎は朝取れの野菜はおいしいし、無駄に着飾る必要もない。好きな仕事に身体が続く限り打ち込める。

自分で決めた価値で生きていく。
目の前のものを大事にして。

おいしいお店が大抵日曜定休なのは、そういうことか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
champanda

2.5面白味に欠けるが真実味がある

2019年11月11日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

宝くじ3億円当たった主人公が親友にお金を持ち逃げされる話。

■違和感のある内容
宝くじ3億円当たったらどうしますか??
この主人公は3千万の借金がありました。
普通一番先に借金返しません???
借金も返さずに一番最初に親友に相談するっておかしいよね(;´∀`)

■パーティでお金をバラまく。
冒頭のシーンです。
この映画では一番派手な演出で『掴みはOK』的なことなんでしょう。
これがなければ話も進みませんしね・・・。
でも借金してる男がこんなことする???
バラまいてる暇あったら借金返しなさいよ。
一男というキャラはそんなにバカって印象もないんですよね・・。
ご都合主義に見えましたが『魔が差した』『気が大きくなった』
・・で済ますべきなのかな。

■名前にヒントあり。
一男(1)と九十九(99)=お金の正体(100)
登場人物が変な名前多いな・・って思ったら、そうゆうことだったのね(;´∀`)

■貴重な北村一輝さんが見れる
胡散臭さ全開の百瀬を演じる北村一輝さん。
正直誰か分からなったですww
キャラの濃さが引き立ってて魅力的でした。

■落語「芝浜」が全て。
落語は全然知らないんですけど、
この映画は「芝浜」になぞられた内容だったんですね。
良い落語ですね~。落語に少し興味を持ちました。

■お金について考えさせられる映画
映画としては面白味に欠けますが
じっくりお金について考えさせられる良い映画ではありました。

自分にとってお金とは?幸せとは?
・・と考えるきっかけになる映画ではありました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
▼・ᴥ・▼ marron

2.0同感できない

ケイトさん
2019年11月9日
Androidアプリから投稿

信じてたよ。ってホントかな。
宝くじが当たったら、こんな行動しないと思うから
全く何にも得るものはなかった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ケイト
すべての映画レビューを見る(全199件)