かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発

劇場公開日:

解説

地方のローカル線を舞台に鉄道にまつわる人々の人生をつづったヒューマンドラマ「RAILWAYS」シリーズ第3作。有村架純が鉄道の運転士を目指すシングルマザーの女性を演じる。夫を突然亡くしてしまった奥薗晶は残された夫の連れ子を抱え、夫の故郷である鹿児島県に住む義父・節夫に会いに行く。鉄道の運転士で、妻に先立たれて1人で暮らす節夫は、長い間疎遠だった息子の死、さらに初めて会う息子の嫁、そして孫の存在に困惑する。しかし、行くあてがないという2人を鹿児島の家に住まわすことを渋々認め、3人の共同生活がスタートする。生活のため仕事を探していた晶は、節夫と同じ肥薩おれんじ鉄道の運転士試験を受けることを決意する。運転士という仕事は亡くなった修平の子どもの頃の夢でもあった。晶役を有村、義父の節夫役を國村隼がそれぞれ演じる。監督・脚本は「バースデーカード」「旅立ちの島唄 十五の春」の吉田康弘。

2018年製作/120分/G/日本
配給:松竹

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13

(C)2018「かぞくいろ」製作委員会

映画レビュー

4.0ローカル線ならではの情景と家族のドラマをほのぼの楽しむ

2018年11月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

楽しい

RAILWAYSシリーズ第3作と銘打つが、前2作を未見でも全く問題ない。「ローカル線の運転士と家族や地域の人々を描く」という設定のみ引き継ぎ、内容的なつながりはないからだ。今作の舞台は肥薩おれんじ鉄道が走る鹿児島。なだらかなカーブが続く海沿いの鉄道を空撮でとらえた映像は趣があり、ちょっとした観光気分を味わえる。

晶役・有村架純は明るく健気に生きる女性のキャラクターが似合う。亡夫のかつての夢だった運転士になり、連れ子を育てるために自立すべく奮闘する姿が、基本的には爽やかにテンポよく語られるものの、ローカル線ならでのトラブルや、父親を失い義母に育てられる男児の複雑な思いも描かれ、感情を揺さぶる。

筆者に鉄分はないが、運転士試験合格までの過程がやや淡泊に感じられた。晶が自動車免許もないという設定が活かされないし、もっと試験勉強や実習の苦労を丁寧に描いた方が仕事の重みも感じられたはず。

コメントする (0件)
共感した! 14件)
高森 郁哉

4.5感動した!!

2022年6月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

笑える

私は涙止まらなかった!
國村隼さんの役が絶妙にいい役でした!!

コメントする (0件)
共感した! 0件)
笑ゥほてるまん

3.0RAILWAY シリーズ3作目。 時たま微妙なシーンもあるけれど、...

2022年6月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

RAILWAY シリーズ3作目。
時たま微妙なシーンもあるけれど、家族の形を伝える、運転士になるまでのストーリーは良かった。
そしてなんと言っても、國村隼が良かったです。
これまでのシリーズは田舎の田園風景の中を走る鉄道でしたが、今回は海が背景に。
この鉄道風景の映像もこのシリーズの魅力でした。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
よっしー

4.0有村架純さん、頑張ってます。

2022年5月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

号泣はしないが、ホロッとくる映画。
感動作というわけではないが、じんわりくる映画。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
光陽