かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発のレビュー・感想・評価

かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発

劇場公開日 2018年11月30日
84件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

ローカル線ならではの情景と家族のドラマをほのぼの楽しむ

RAILWAYSシリーズ第3作と銘打つが、前2作を未見でも全く問題ない。「ローカル線の運転士と家族や地域の人々を描く」という設定のみ引き継ぎ、内容的なつながりはないからだ。今作の舞台は肥薩おれんじ鉄道が走る鹿児島。なだらかなカーブが続く海沿いの鉄道を空撮でとらえた映像は趣があり、ちょっとした観光気分を味わえる。

晶役・有村架純は明るく健気に生きる女性のキャラクターが似合う。亡夫のかつての夢だった運転士になり、連れ子を育てるために自立すべく奮闘する姿が、基本的には爽やかにテンポよく語られるものの、ローカル線ならでのトラブルや、父親を失い義母に育てられる男児の複雑な思いも描かれ、感情を揺さぶる。

筆者に鉄分はないが、運転士試験合格までの過程がやや淡泊に感じられた。晶が自動車免許もないという設定が活かされないし、もっと試験勉強や実習の苦労を丁寧に描いた方が仕事の重みも感じられたはず。

AuVis
AuVisさん / 2018年11月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 11 件)

様々な家族のカタチ

人生を鉄道になぞらえて描くRAILWAYSシリーズの第3弾。
有村架純演じるヒロインが亡き夫の連れ子の一言から肥薩おれんじ鉄道の運転士を目指しながら義父と3人の家族の再出発に奮闘する姿がとても健気。
様々な電車・路線があるように様々な家族のカタチがあると教えてくれる心温まる作品。
最後の息子の作文に心洗われました。

たのくら
たのくらさん / 2019年2月4日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

複雑な事情のある「かぞく」の絆の物語。

國村隼はやっぱり舞台より映画の方が素敵だなぁ。ベテランのおじさん感がすごい。有村架純は丸顔でも可愛いなぁ。

みな
みなさん / 2019年1月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

地味だがなかなかよかった。

お義父さんいい感じ。

Yuichiro
Yuichiroさん / 2019年1月13日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

胸がいっぱいになりました

とても感動しました。鉄道が好きな人も楽しめる映画だと思います。
感動をありがとう。

ぴっきー
ぴっきーさん / 2019年1月8日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

古き良き時代の『最後の家族』かもしれない、という恐怖感

ひとつの物語としての完成度、3世代それぞれの登場人物の心象を素直に受け入れることのできる共感性、という点で文句のつけようがありません。
ただ、皮肉なことに現代日本の少子化、地方の過疎化、その先に来るであろう状況などを考えると、線香花火の最後の輝きのような、古き良き日本の最後の家族を見ているかのような寂しさを覚えてしまいます。

血縁の有無とは関係なく、一定数の子どもたちがいて、親世代の人たちが働き納税することで社会的なシステムとして教育機会や医療制度が整備され、子ども世代の就労を後押しし、一部の社会的弱者のための支援制度(実際の運用にあたっての不具合は多々あることは否定できなくても)が整う。そして、祖父母世代は積み重ねてきた知見でアドバイス、時には相応の経済的支援で子どもを支える親世代をサポートする。

何度も言いますが、個別の血縁関係でなく、社会の構図として、『見守りたい子どもたちがいる、そのために頑張れる親たちがいる、それを支える祖父母世代がいる』そんな社会は個々人の感覚としては程度に差はあっても、自分も誰かの役に立ってるんだ、と思うことが可能な(それは幸福感と呼ぶことも出来る)そこそこ理想的な社会です。
そして、つい最近まで、幸福感などという自覚のない人の方が多いにせよ、他の多くの国に比べれば日本ではかなりの段階まで実現していたのです(義務教育、皆保険、皆年金などはその成果のひとつの表れだと思います)。

子どもたちや働き盛りの人たちが少なくなっていく過疎化した村では、制度が崩壊するより先に、見守りたい、支えたいと思う人たちがいつのまにか消滅し、知らないうちに幸福感が失われていくことが現実化しつつある。

満ち足りたような優しい映画なのに、余韻を噛み締めていると恐怖感に変わっていく不思議な体験でした。

琥珀
琥珀さん / 2019年1月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

思いテーマだが鉄道走行シーンでスカっと。

肥薩オレンジ鉄道の走行シーンが爽快です。
複雑な家族構成を総合して「かぞくいろ」というのだと思いますが、子供の辛さを扱ったテーマは、結構重いです。
それを乗り越えて一人前の運転手になっていく主人公の有村さんの姿は素敵です。

三連刻
三連刻さん / 2019年1月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

松竹映画らしさを感じる

いろいろな製作会社の映画が同じシネコンで上映される時代です  平成初期の頃までは、シネコンがなく上映館が映画会社の系列だった頃は「東宝らしさ」「東映らしさ」みたいなものをよく感じたものでしたが、最近はその「らしさ」を感じることもなくなりました  この作品は、やや予定調和だけど家族を扱って心温まる、80-90年代頃の松竹映画を思わせます  東宝がアイドルや特撮、また多額の製作費をかけた作品を、東映が実録ものなどを得意にしていたのに対して、松竹は年齢層の高い客層を意識している作品群、と思ったものです
観終わって映画館外の現実に帰るとき、家族や今の暮らしに力づけられる、そんな作品でした(12月21日、ジストシネマ和歌山にて鑑賞)

chikuhou
chikuhouさん / 2018年12月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

皆さんに見ていただきたい映画です

この作品の内容は皆様が詳細に記載されていますので割愛しますが、個人的には、それぞれの役者さんの「表情」の演技を見て欲しいです。
多くを語らない映画でその表情の裏にある背景もわかる、主演の晶と節夫、駿也の演技が秀悦でありました。
撮影された肥薩おれんじ鉄道や舞台となった町の映画を通して映し出される景色も実際に足を運びたくなりました。

blue moon
blue moonさん / 2018年12月27日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いいですよ

父親が鉄道関係で、以前地元の運転士を目指していた頃もあり過去の自分と少し重なった。
色々な意見があるようだが、自分としては純粋に楽しめた。
あまり多くは見ないが、人生で5本の指に入る映画。

muchan
muchanさん / 2018年12月26日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

料金の元を取れました

久々に元を取れたと感じた映画。

演出や演技が細かく作りこまれていて、何度も涙を流した。
お気に入りの作品以外で泣いたのも久しぶりだ。

ただし、物語自体にパンチがなく、ストーリーが面白いとは言えない。
それをカバーしようとしてか、BGMを大きく流して涙を誘おうとする演出が2度あり、逆に萎える結果に。

トレーラーでは「アキラちゃん(義母である有村架純)が死ねばよかったんだ!!」と子供が叫ぶシーンが取り上げられているが、そこは話の中心ではない。
(トレーラーの中で無理に山場を作りたかったのでは)

血のつながりが無く、実際は肉親ではない「アキラちゃん」と子供の関係にだんだんと軋轢が生じていく物語ではあるが、映画の大部分では仲の良い関係だ。
トレーラーに騙されて序盤入り込めなかったのが残念だ。

やぶうちへび
やぶうちへびさん / 2018年12月22日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あんな可愛い運転士 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

いたとしたら、すぐに話題になってマスコミに取り上げられるでしょうね。あと、病院での添い寝のシーンも可愛かったです。最後はもう少しぶつかり合っても良かったかな?あまりにあっさり親子関係に戻ってしまったので。

ごっとん
ごっとんさん / 2018年12月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よかった。

 風景の美しさに魅かれました。時折出てくる海や山あい。大きなスクリーンで観るのだから映画にはこういう美しい風景も出してもらえるとうれしいです。

 有村さんは「ビリギャル」とか「ひよっこ」でのすばらしい演技を見ているので、このへんだと普通かなと思ってしまいます。

 でも、宮崎あおいさんにもそう思うのですが、この人は、自分が今どう映っているのか。この角度から撮られると自分はどう映るのかをほぼ完全に把握しているように思えてさすがだなと思います。

あと桜庭ななみさん、書道ガールズを見てファンになりました。あれが2010年の作品。もう8年たつんですね。がんばってください。

51
51さん / 2018年12月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

景色がキレイ〜♪

泣き虫の僕でも半べそで済みました💦
子役の涙にもらい泣きしてしまいます...😭

名和賢悟
名和賢悟さん / 2018年12月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

中々良い話。ただ、有村架純の今後の女優人生がどうなるか?

RAILWAYSシリーズ第三弾。今回は、鹿児島県の薩摩おれんじ鉄道が舞台。ある日突然シングルマザーとなってしまった女性が、夫の連れ子と、義父との共同生活を通じて懸命に生きようとする姿を描く。

有村架純かわいい・・・(笑)

確かに、有村架純はかわいいですが、話自体が、きちんと作られています。冒頭の節夫宅への訪問のシーンの描写は、ちょっとアレかと思いましたが、その後の話はきちんとしています。

ちょっと思ったのが、実際にも賛否があると言う“半成人式”の件。ここでの描写は、映画と言う事でもあるので、極端な方向に話を振ったのは明らかですが、でもやっぱり、一律に10歳の子どもに半成人式と言う『単に親が喜ぶためだけのイベント』を強いるのは、無しじゃないかなぁと思いました。この作品、所々笑いも出るような作品なんですが、その半成人式のシーンは、ウルっと来ますね。

作品全般としては、悪く無いです。敢えて苦言を呈すると言えば、冒頭に“かわいい”と言ったばかりの有村架純。彼女、やっぱり演技派と言う訳じゃ無いですねぇ。残念ながら。まだ25歳なので、これまではかわいいだけでも行けたかもしれませんが、これからの女優人生、物語の設定ではなく、演技で泣かせるようにならないと厳しいかなと、見終わってしばらくしてから思いました。

作品は、悪くありません。新しい家族の誕生の物語です。

勝手な評論家
勝手な評論家さん / 2018年12月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もう少しほのぼの感があっても

予告からはもう少し辛いところが多いのかな?と思っていたけど
設定的にはそんなに暗くないのに、「〇〇ちゃんがいなくなれば・・」までは要らないし、そこを予告にもってくるとは・・・
有村架純さんは魅力的過ぎてこれまで人生が透けないのが残念
でもなかなか良い女優さんです

シネパラ
シネパラさん / 2018年12月16日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

僕にはたくさんの家族がいます。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

家族の再生を通じて、
心が成長してました。

それには、
穏やかな時の流れと、
お互いの思いやりが必要でした。

その流れに、
作品の家族と一緒に
ずっと浸ることができました。

そして、

どうしようもない環境で
傷つき、もがきながらも、
自ら乗り越えていく

彼らの葛藤が伝わってきて、
知らぬ間に、うっすら
ずっと泣いてました。

何故、
こんなに、出演者の思いが
刺さるんだろうと
思いかえしてみました。

全編を通して、
登場人物は、相手に対して
こうしろ と言わないのです。

もちろん、
自分の気持ちは伝えるのですが
こうしたほうがいいという
ことは、一切言わない。

晶は、
担任の教師の望まない妊娠を
知っても、
待ってるよ と
お腹の子に囁いても
産んだ方がいいとは彼女に言わない。

節夫は、
東京に戻ってしまった晶に
会いにいった際に、
もし、あなたが戻らなくても、
駿也は自分が育てるから
これからのことは、
自分の気持ちで決めたらいいと
彼女を気遣う。
こうしなさいとは言わない。

駿也は、
晶に対して、暴言を吐いたあと、
親としての思いが届かず、
いたたまらなくなって、
東京に帰ってしまった彼女に
ごめんなさいと謝るが、
そばにいてほしいとは言わない。

本当に、
相手のことを思いやったら
相手の気持ちを一番に尊重し、
その行動を決めるのを待つ、ということ。

あたりまえで
なかなかできないことを、
本作では、
あたりまえに、
みんながしていました。

ストーリーは、
血のつながらない息子を
抱えたシングルマザーが
義理の親元で暮らす。
そして、
本当の家族をつくっていく
という、よくあるお話でしたが、

触れ合う気持ちの
やりとりがせつなくて、
温かくて。

誰もが相手の立場にたって、
その人が自分の気持ちに
向き合えるように
言葉が選ばれてました。

これは、なかなか
できないです。

だからこそ、
最愛の人を亡くした状況を
前向きに
やさしく包み込んで
進んでいける。

そんな、生き方を
知ることができました。

だから、
最後に駿也が
自分には、役割の違う家族が
いつもいて、
自分を守っていると
理解した時は、
すごく、共感し、みたされました。

たくさんの家族がいるんだと。

人は、
相手に喜んでもらえる
やりがいのために
生涯を捧げる。

やりがいを見つけるために
生まれる。

その、
命のリレーが
素朴にしみてきて、どっぷり。

私は、
親父が鉄道の車掌を
やってたことや、

田舎では
昔、ジーゼル車両が運行してたり
したことを思いだし、

ノスタルジーになり、
高ぶってしまいました。

年末は、
田舎に帰ろうかな。

おすすめです。

くり
くりさん / 2018年12月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

血よりも大切な心の繋がり

号泣だったー

25歳の晶(有村架純)は、夫(青木崇高)が急死してしまい、夫の連れ子と共に夫の実家で暮らし始める

これは、鹿児島のローカル線 肥薩線を舞台に家族のあり方を描いている作品

25歳の女の子 晶が、鉄道好きな夫の連れ子のために
鉄道の運転手になる物語

そこから感じるのは、家族の温かさ

25歳の晶は
いきなり小学校3年生の男の子のシングルマザーになったり
車の運転もできないのに、電車の運転手を目指し始めたり
たいへんな日々を過ごしている

そんな晶が、前向きで健気なところがとても良い

大切な人を失うということは、いくつになっても辛いこと

晶はもちろんのこと
小学校3年生の息子 駿也も
ある日突然息子を亡くしたおじいちゃんも

みんなが、心にポッカリと大きな穴が開いているから
その穴を埋め合うように
力を合わせて毎日を過ごしている

それは、血が繋がっているとか、繋がっていないとかじゃなくて
共に生活をしていくために
お互いが必要だということ

血が繋がっているから家族で、そうじゃなければ家族じゃないということじゃない

血よりも強く、心が繋がっていれば家族なんだと思う

時には、心が離れそうになっちゃうこともあるけれど
それは、どんな家族でもあること

少し離れてみて気付くこともある

そんな家族の思いが優しくて温かい

中でも、私は國村隼演じるおじいちゃんの優しさがどストライクだった

みんな失敗したり、傷つけてしまうことがあるけれど
また明日からやり直し

それで良いと思うの

いやぁ、後半の家族のそれぞれの思いに号泣してしまった

とても良い映画だった
おススメ

とえ
とえさん / 2018年12月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

阿久根が舞台になるなんて、感謝感激。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

18歳まで過ごした阿久根が舞台になるなんて。シャッター街の田舎なのに。嬉し過ぎる。これまでも、これから先も、こんなにフィーチャーされることはないだろうな。阿久根を選んでくれた監督、スタッフに本当に感謝。少しでも活気が戻ると良いけど。
舞台挨拶も見に行った。ノベライズ版も読んだ。映画では描ききれなかった背景が埋められ、腑に落ちてさらに泣けた。そして、もう一度見に行った。架純ちゃんは本当に可愛い。國村隼さんは渋いが存在感は半端ない。子役の歸山君の透明感。ストーリーにもハマった。全てが良かった。泣きっぱなし。カレーも作ってみた。
阿久根駅から薩摩大川まではとても歩けないけど、そこは目を瞑ろう。鹿じゃなくイノシシだと思うけど、それも目を瞑ろう。自分の田舎がこんなに美しく描かれていて感謝。自分が学生の時は蒸気機関車で通学だった。懐かしい景色。近い内にオレンジ鉄道に乗りに行きたいと思った。
欲を言えば、エンディングは真っ赤な夕陽の海にして欲しかった。
DVDが出たら絶対に買うぞ。
多くの人に見て欲しい、素晴らしい映画です。

kurotohappy
kurotohappyさん / 2018年12月15日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

晶ちゃんがいなくなれば、、、

とても綺麗な物語。
若い女性と親を亡くした子供の成長のお話で、タイトル通り電車と家族のお話です。
良くも悪くも期待を裏切らないで、特に子供が感情を剥き出しにするシーンがウルっと。
唯一の問題?は有村架純が可愛すぎる。
衣装も表情も可愛すぎて苦労している感じがしなかった。ミニスカートとか、短パンとか履くとついつい足を見てしまう。こんなセクシーショットいるかね。と思ってしまった。
また、予告で使っている、晶ちゃんがいなくなればいい、、、は核心のシーンなので、観ながらあの台詞はここかな?と思ってしまった。あとからこの子は酷いこと言いますよと宣言されているようなもので、感動が半減します。

だるまん
だるまんさん / 2018年12月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

84件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報