寝ても覚めても
ホーム > 作品情報 > 映画「寝ても覚めても」
メニュー

寝ても覚めても

劇場公開日

解説

4人の女性の日常と友情を5時間を越える長尺で丁寧に描き、ロカルノ、ナントなど、数々の国際映画祭で主要賞を受賞した「ハッピーアワー」で注目された濱口竜介監督の商業映画デビュー作。第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された。芥川賞作家・柴崎友香の同名恋愛小説を東出昌大、唐田えりかの主演により映画化。大阪に暮らす21歳の朝子は、麦(ばく)と出会い、運命的な恋に落ちるが、ある日、麦は朝子の前から忽然と姿を消す。2年後、大阪から東京に引っ越した朝子は麦とそっくりな顔の亮平と出会う。麦のことを忘れることができない朝子は亮平を避けようとするが、そんな朝子に亮平は好意を抱く。そして、朝子も戸惑いながらも亮平に惹かれていく。東出が麦と亮平の2役、唐田が朝子を演じる。

スタッフ

監督
原作
柴崎友香
脚本
田中幸子
濱口竜介
製作
横井正彦
定井勇二
瀬井哲也
安井邦好
飯田雅裕
本丸勝也
増田英明
久保田修
澤田正道
エグゼクティブプロデューサー
福嶋更一郎
プロデューサー
定井勇二
山本晃久
服部保彦
スーパーバイジングプロデューサー
久保田修
アソシエイトプロデューサー
新村裕
撮影
佐々木靖之
録音
島津未来介
美術
布部雅人
スタイリスト
宮本まさ江
衣装
清水寿美子
ヘアメイク
橋本申二
装飾
加々本麻未
VFXディレクター
白石哲也
VFXスーパーバイザー
小坂一順
リレコーディングミキサー
野村みき
スーパーバイジングサウンドエディター
浅梨なおこ
編集
山崎梓
音楽
tofubeats
主題歌
tofubeats
助監督
是安祐
制作担当
中川聡子

作品データ

製作年 2018年
製作国 日本・フランス合作
配給 ビターズ・エンド、エレファントハウス
上映時間 119分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第71回 カンヌ国際映画祭(2018年)

出品
コンペティション部門
出品作品 濱口竜介

インタビュー

東出昌大&唐田えりかに大きな変革をもたらした「寝ても覚めても」
インタビュー

東出昌大は、「僕の中で、かなり特別な位置にある作品」と強い思いを口にした。唐田えりかは、「この作品のおかげで、前向きになれました」と喜びをかみしめた。2人に大きな変革をもたらしたのは、濱口竜介監督の商業映画デビュー作「寝ても覚めても」...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

何の覚悟も準備もなく訪れる別れ。そこからどう生きるか
寝ても覚めてもの映画評論・批評

誰がどう見ても、と言ってしまうと大げさになってしまうのだが、どこかぼんやりとした輪郭でゆったりと生きているようにも見える主人公の女は、しかしある時いきなり背筋を伸ばし、速足で歩き、思わぬ決断をする。考えの果ての決断というより、延びた背...寝ても覚めてもの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全94件)
  • どんなジャンルにも属さない、まさに濱口作品と表現するしか術のない逸品 運命はメビウスの輪のようだ。この、どんなジャンルにも属さないリズムとテンポを持った作品を享受していると、心底そう思い知らされた。全ては水辺で起こる。出会いも別れも抱擁も、後の様々な出来事も。自分... ...続きを読む

    ぐうたら ぐうたらさん  2018年9月30日  評価:4.0
    このレビューに共感した/7
  • 虚構を通じて現実を描くこと。 すごく卑近でどうしようもなくあけすけに恋愛を描いていると思うのだが、全体を通じてなにか別次元の世界を覗いているような虚構感があり、映画とは徹頭徹尾作り物で、作り物を通じて「感情」や「人間」を映し... ...続きを読む

    バッハ。 バッハ。さん  2018年9月29日  評価:4.5
    このレビューに共感した/8
  • 綺麗事でない恋愛劇 恋愛映画というと、「甘くせつない」みたいなイメージも邦画の場合つきまとうが、この恋愛映画は刺激物だらけだ。 主人公、朝子の行動に驚く人もいるだろう。亮平を置いてかつての恋人の麦の方に行ってしまう... ...続きを読む

    ローチ ローチさん  2018年9月23日  評価:5.0
    このレビューに共感した/7
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「寝ても覚めても」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi