寝ても覚めても : 映画評論・批評

メニュー

寝ても覚めても

劇場公開日 2018年9月1日
2018年8月21日更新 2018年9月1日よりテアトル新宿、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにてロードショー

何の覚悟も準備もなく訪れる別れ。そこからどう生きるか

誰がどう見ても、と言ってしまうと大げさになってしまうのだが、どこかぼんやりとした輪郭でゆったりと生きているようにも見える主人公の女は、しかしある時いきなり背筋を伸ばし、速足で歩き、思わぬ決断をする。考えの果ての決断というより、延びた背筋と速足がそうさせたとでも言いたくなるような、誰の追従をも許さない強さと速さがその決断にはある。つまり誰もが戸惑うばかり。映画はその理由をわかりやすく示すことはない。この強さと速さがあれば、人の人生を語るのにそれで十分だろうと言わんばかりである。

画像1

同じ顔をしたふたりの男に時を経て恋をしたひとりの女の物語は、そんなふうにして語られる。もともとあり得るようなあり得ないような物語である。同じ顔をした人間は果たして現実に存在するのかしないのか。しかも時を経ていたとしても、同じ顔の男に惹かれてしまう女は、男の何に恋をして何に惹きつけられたのか? そんな謎が分かりやすく解き明かされるわけではない。ただひたすら残酷なまでに時は過ぎ、物事は起こる。大阪に住んでいた女は東京に移っている。東北の震災も起こった。多くの人が亡くなった。彼女と彼の物語には直接関係ない世界の出来事も、実はもっと深いところで「直接」関係しているようだ。

ひとり目の男との別れは、別れと言うよりも、消滅に近い。いきなりいなくなる。その感情は、多くの災害を経験した者たちにとってよりリアルな重さを持つだろう。昨日まで隣にいて微笑みかけてくれたあの人が、今日はもういない。何の覚悟も準備もなく、ただひたすら自分の片側の空虚を受け入れるしかない。そこからどう生きるか。しかもその後に同じ顔をした「運命の人」が目の前に現れたとしたら。あの人の空虚と、今ここにいるこの人の充実を、どのようにして自分は受け入れたらいいのか。「寝ても覚めても」というこの映画のタイトルの持つ意味を、考えながら観てほしい。

樋口泰人

関連コンテンツ

インタビュー

東出昌大&唐田えりかに大きな変革をもたらした「寝ても覚めても」
インタビュー

東出昌大は、「僕の中で、かなり特別な位置にある作品」と強い思いを口にした。唐田えりかは、「この作品のおかげで、前向きになれました」と喜びをかみしめた。2人に大きな変革をもたらしたのは、濱口竜介監督の商業映画デビュー作「寝ても覚めても」...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全67件)
  • とても良い映画 朝子が亮平のもとを去り、麦と共に北へ向かう車中でのシーン…亮平と過ごした時間を「まるで夢を見ていたよう…」だと朝子は語る…ここからは、ずっと鳥肌が立ちっぱなしであった…正直、戦慄し震えた(笑) ... ...続きを読む

    stoneage stoneageさん  2018年9月19日 23:13  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • インパクトのある傑作 またもや素晴らしい邦画が2018年に現れてしまった。この映画を映画館で見ることができてよかった。 もちろんストーリーの展開も衝撃的かつエモーショナルな仕上がりになっており、原作の力もあるだろう... ...続きを読む

    ジョーカー ジョーカーさん  2018年9月18日 22:03  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • そっち行くか? 女の人にとっての、一つの理想の形だろうね。 「そっち行くか?やっぱやめるか…」 というのが皆の突っ込みどころだね。 芝居のところでの男の突っ込み、変にリアリティがあってよかった。 あと、関西... ...続きを読む

    khapphom khapphomさん  2018年9月18日 15:26  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • ザ・プレデター ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊る 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi