ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ
12%
65%
19%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」でアカデミー主演男優賞にノミネートされたマイケル・キートンが、マクドナルドの創業者レイ・クロックを演じる、実話をもとにしたドラマ。1954年、シェイクミキサーのセールスマン、レイ・クロックに8台もの注文が飛び込む。注文先はマックとディックのマクドナルド兄弟が経営するカリフォルニア州南部にあるバーガーショップ「マクドナルド」だった。合理的なサービス、コスト削減、高品質という、店のコンセプトに勝機を見出したクロックは兄弟を説得し、「マクドナルド」のフランチャイズ化を展開する。しかし、利益を追求するクロックと兄弟の関係は次第に悪化し、クロックと兄弟は全面対決へと発展してしまう。キートンが主人公クロックを演じるほか、妻エセル役をローラ・ダーン、マクドナルド兄弟役をニック・オファーマン、ジョン・キャロル・リンチがそれぞれ演じる。監督は「しあわせの隠れ場所」「ウォルト・ディズニーの約束」のジョン・リー・ハンコック。

2016年製作/115分/G/アメリカ
原題:The Founder
配給:KADOKAWA

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2016 Speedee Distribution, LLC. All Rights RESERVED

映画レビュー

4.0鑑賞後にマクドを食べる派?食べない派?

2017年8月31日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

興奮

知的

ジョン・リー・ハンコックを、美談とされている実話を実直に撮る、いささか才気に欠けた監督だと思い込んでいた。ところが今回はまったくもって美談ではない。むしろ観客に嫌われて当然の男が善良な人を押しのける物語である。

こうなるとハンコック監督のオーソドックスで安定感のある演出が違う意味を帯びてくる。本作はレイ・クロックという男を徹頭徹尾フラットな視線で見つめており、普通の美談と同じテンションでクロックの波乱万丈伝を綴ることで、そのえげつなさがより際立って見える。感傷に頼らない演出がみごとだ。

本作を観てレイ・クロックに嫌悪感を催しマクドナルドをボイコットしたくなる人もいるだろう。自分の場合は逆に、レイ・クロックが象徴しているえげつない商業主義が支えている社会に自分たちが取り込まれている以上、今日もマクドナルドで自分が社会に隷属しているちっぽけさを噛みしめたいと思う。半ばマゾな悦びとともに。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 5 件)
バッハ。

5.0生まれ持ったモノの価値には気づきにくい

ローチさん
2017年8月26日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

楽しい

興奮

知的

人生の皮肉と、ビジネスの教訓が高度にブレンドされた優れた作品。

マクドナルドの「創業者」を描いた作品だが、この作品で描かれる創業者は二組。マクドナルド兄弟と、マイケル・キートン演じるレイ・クロックだ。
ファスト・フードという概念を確立した効率よくハンバーガーを作る仕組みを考案したマクドナルド兄弟と、フランチャイズ化を推し進め、世界的な成功を収める礎を築いたレイとの対立が中心に描かれている。

なぜマクドナルドが大成功を収めたのか、冒頭に兄弟が説明するシステムに関心させ、最後に全く違う、兄弟自身も見落としていた「価値」を提示する。他人の事業を掠め取ったように見えるレイの行動だが、「価値」を発見するというのはこういうことでもある。
レイが最も価値を感じていたのは、皮肉にも兄弟が生まれ持ったものだったというのは、この映画最大の人生に対する皮肉だ。生まれ持ったからこそ、兄弟はその価値に気づけなかったのだ。

ああ、人生って本当にこうだよな、としみじみ思わせてくれる作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
ローチ

4.0誰もが知るバーガーチェーンの、ほとんど知られていない“創業”秘話

AuVisさん
2017年7月31日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

笑える

怖い

マクドナルドの創業者がどんな人物だったのかは、ファストフードやフランチャイズのビジネスに関心がある人を除くと、ほぼ知られていないのではないか。その意味で、レイ・クロックがマクドナルド兄弟のバーガー店に出会い、その徹底した流れ作業による製造システムに感銘を受ける過程に、革命的な出来事を一緒に目撃しているような高揚感を覚える。

しかし当然、ありきたりの成功譚ではない。味とサービスを極めたい兄弟と、フランチャイズ展開で利益を追求したいクロックは早々に対立する。クロックが生きるのは、人情や恩義などという概念のない弱肉強食の世界。不利な契約は破って裁判攻勢、口約束を反古にするのもへっちゃら、糟糠の妻もあっさり捨てて美人の人妻と不倫・略奪婚といった具合。ハッピーなブランドイメージの裏に、創業期の熾烈な闘争があり、それが現在の世界帝国を築いたことを教えてくれる、恐ろしくもタメになる一本だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 13 件)
AuVis

4.01番気になったのはスミス氏…

ROSEさん
2020年1月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
ROSE
すべての映画レビューを見る(全133件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」以外にこんな作品をCheck-inしています。