特捜部Q Pからのメッセージ

劇場公開日:

解説

デンマークの作家ユッシ・エーズラ・オールスンの人気ミステリーシリーズ「特捜部Q」の映画化第3弾で、北欧の権威ある文学賞「ガラスの鍵賞」を受賞した「Pからのメッセージ」を映画化。コペンハーゲン警察で未解決事件を担当する特捜部Qに、新たな捜査依頼が舞い込む。海辺に流れ着いたボトルの中から「助けて」と書かれた手紙が見つかったのだ。手紙は7、8年前に書かれたもので、インクのにじみが激しく、ほとんど解読することができない。差出人の頭文字「P」を頼りに行方不明者の割り出しを進めた特捜部Qのメンバーたちは、やがて衝撃の事実にたどり着く。キャストには「天使と悪魔」のニコライ・リー・カース、「ゼロ・ダーク・サーティ」のファレス・ファレスらおなじみのメンバーが続投。監督は前2作のミケル・ノルガードに代わり、「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」のハンス・ペテル・モランド監督がメガホンをとった。ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2017」上映作品。

2016年製作/112分/PG12/デンマーク・ドイツ・スウェーデン・ノルウェー合作
原題:Flaskepost fra P
配給:カルチュア・パブリッシャーズ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)2016 ZENTROPA ENTERTAINMENTS20 APS, ZENTROPA HAMBURG GMBH, ZENTROPA ENTERTAINMENTS BERLIN GMBH, ZENTROPA INTERNATIONAL NORWAY AS. All rights reserved.

映画レビュー

3.0カール、どうした?

2022年9月23日
iPhoneアプリから投稿

 冒頭、カールが出勤拒否?何か悩んでいるのか、鬱なのか?ぼーとした感じでどうした?事件の事になると、刑事の感はさえてるようで、相変わらずのマイペース。アサドが上手くカバーしつつ、絶妙なコンビ感。
 今回の犯人もなかなかのサイコパスで子供にも容赦ない。
 今作もなかなか面白かった。しかし、カールが何故ぼーっとしていたのかはっきりしないし、犯人の心の闇がもう少し描かれていたらもっと面白かったかも。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
アンディぴっと

3.0悪魔の子

2022年8月2日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

大人は汚い醜いものを知りすぎている。
知らなすぎるピュアな子供達のほうがマシ。
世の中には悪魔の子の仕業としか思えない凶行が多すぎる。
悪魔は居ても、神は居ないのだろうか。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
上みちる

1.0期待はずれ

2022年6月25日
iPhoneアプリから投稿

パート1が面白かったため、間髪開けずにパート2へ。

ところがどっこい、カールの勢いはどこかへ行ってしまい、アサドとのコーヒーネタすら出てこない。

サスペンス要素は薄く、とにかく子供が苦しむシーンの連続で見るに堪えない。

いいコンビなだけに、残念。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Atsuc

4.0ハズレ無しのQシリーズ

2022年5月8日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

このシリーズはハズレが無いねぇ。
犯人の犯行理由が解ってくると、「そりゃあそうなっちゃうよね」と。
もちろん全然許せないんだけど。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
キブン
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「特捜部Q」シリーズ関連作品