僕が跳びはねる理由

劇場公開日

僕が跳びはねる理由

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

会話のできない自閉症という障害を抱える作家・東田直樹が13歳の時に執筆し、世界30カ国以上で出版されたエッセイ「自閉症の僕が跳びはねる理由」をもとにしたドキュメンタリー。世界各地の5人の自閉症の少年少女たちの姿やその家族たちの証言を通して、自閉症と呼ばれる彼らの世界が、普通と言われる人たちとどのように異なって映っているのかを明らかにしていく。そして、自閉症者の内面がその行動にどのような影響を与えるかを、映像や音響を駆使して再現。彼らが見て、感じている世界を疑似体験しているかのような映像表現を紡ぎ、「普通とは何か?」という抽象的な疑問を多角的にひも解いていく。

2020年製作/82分/G/イギリス
原題:The Reason I Jump
配給:KADOKAWA

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

(C)2020 The Reason I Jump Limited, Vulcan Productions, Inc., The British Film Institute

映画レビュー

4.0会話のできない自閉症という障害(発達障害のひとつ)を抱える作家・東...

和田隆さん
2021年6月2日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
和田隆

3.5Expose on Autism

2021年3月3日
PCから投稿

We often consider how much technology has changed in the past half-century; but in the sphere of psychology and health, we might not think enough about the progress humanity made. Reason shows us how the bridge to the cognitive world of autistic people has only materialized in the past few decades--and for many places in the world, they are still outcasts. You will pause and think upon reality.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Dan Knighton

3.5自閉症について

やぶさん
2021年8月16日
iPhoneアプリから投稿

今までに自閉症でない医者が書いた本はよんだことがあるけど、自閉症の人が自分の感じ方を本にしたものを映画化されていることに興味を持った。
世界にも当たり前に自閉症の子がいて、親は理解しようと寄り添うけど難しくて、周りからはあなたの子は悪魔・魔女と言われ、なんなら川に捨てて楽になれと言われる…。自閉症の子が思いを言語化するのは難しいけど文字盤があれば自分の言葉で語れること、会話してなくても初めての友だちだと喜んでいることなど、思いを伝え合う術はあるんだと思った。理解して、行動に移すことは大事だ。学校を作って近所の人も味方につけ、学べる場所を作った両親は凄いと思った。
皆1度はこの映画または本を読んで自閉症の人が見て、感じていることについて知るべきだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
やぶ

4.0異文化に触れるような

mikyoさん
2021年7月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

自閉症の僕が跳びはねる理由という、会話のできない自閉症作家の東田直樹さんが13歳のときに綴ったエッセイを題材に、自閉症者とその家族へのインタビューをドキュメンタリーとして映画化した本作。映像が美しく詩的なのだが、エッセイ本もそうらしい。

しかし個人としては本を読んでいないので、語られる内容がとても興味深かった。タイトルにもなっているが、どうしてこういう行動をするのか、こういうことはどういう風に受け止められるのかなど、想像の域を出なかったことが説明されてて新情報だらけだ。

電話よりメールが好まれたり。「思ってもないことを言ったり」。それらは決して全くわからないわけでもない。

一人の親が、日本語ではよく「健常者」という単語が使われる文脈で、自閉症ではない人たちのことを「typical」と呼んでいて、それもまた新しく学んだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mikyo
すべての映画レビューを見る(全32件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る