忍びの国のレビュー・感想・評価 (3)

メニュー

忍びの国

劇場公開日 2017年7月1日
522件中、41~60件目を表示 映画レビューを書く

馬子にも衣装!! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

飄々とした主人公で観易い時代劇ですが、期待した合戦シーンはコミカルな音楽と画像処理でかなりごまかされており、戦略は元より武将の討ち死にシーン等熱いものが全く無くて残念です。「無門率いる忍びの軍団は人知を超えた秘策で織田軍に抗戦する」とありますが、少数の忍が知恵で撃退するという訳では無く、金に釣られた逃亡者がドカドカ戻って来るというだけで、いつのまにか強大な織田軍が敗走して適当な内容だと思います。織田家にも十二家評定衆にも親しみを持てませんでした。石原さとみ(石神国子)の役名が「お国」なのが良かったです。

アンジェロ
アンジェロさん / 2018年2月26日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

映画館で見たかった

子供からお年寄りまで楽しめる今までにない戦国エンターテイメント。
和田竜原作で脚本も担当しているので世界観がそのまま映像化されている。
主演の大野智が伊賀一の忍者を前半では飄々とサイコパス的に、後半では鈴木亮平と圧感の殺陣を魅せる。
伊勢谷友介、國村隼の重厚な演技と石原さとみの凛とした美しさ。 俳優陣キャスティングが適材適所。 映画館のスクリーンで観たかったと悔やみます。 BRを購入予定です。

milk
milkさん / 2018年2月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

暇つぶし程度なら…

日本映画にありがちな、誰が敵で誰が味方かの設定が曖昧で、なぜ忍者同士が無意味に殺し合うかの理由づけか不十分!

設定が甘いから、ストーリーがすべてガタガタで、、もうどうでも良いや!って感じになる!

underground0003
underground0003さん / 2018年2月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

素晴らしい傑作 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ジャニーズアイドルの映画は基本的に見ない派だが、どうにも周りの評判が良い事と原作が好きだったので、あまり期待せずレンタルしてみたが、どうにもこうにも傑作過ぎて感動を超え胸がふるえる。

あまりの衝撃にアマゾンで特典映像もりだくさんのブルーレイを購入。特典映では監督の様々な意図が語られ本当に素晴らしい映画だと再認識。

中村監督は小説の映画化の名手でお気に入りの監督だが今作ではその力量を120%発揮されている。原作に負ける映画作品が多い中、伊坂幸太郎の『ゴールデンスランパー』など原作に負けない映画化の名手が8年の時をかけ映画化した作品が失敗するはずなかったのだ。

少し暗く残酷な原作を子供から大人まで楽しめるポップなコメディタッチでテンポよいエンターテイメント作品に仕上げつつも、原作の持つメッセージを観客にきっちり届ける中村監督の力量に感服する。

特典映像を観てやはりと思ったが、セリフやシーンの無駄をかなり抑えて仕上げている。
演者の表情だけで充分伝わるシーンでのセリフは少ない。

ゆえに残念ながらセリフでしか物語を理解出来ない人(私の妹)も多い現代社会、そういった人達には理解出来ないシーンがある。

川の決闘の後に唐突に無門が人でなしじゃなくなった意味がわからないと妹は言うが、妹の様な、所謂その場に流れている空気を読めない人種には、あの川の決闘での無門の心理の変化が理解出来ないのはしょうがないのか。

決闘でへいべいが死ぬ前の心情を説明する台詞もあったようだが二人の戦闘シーンでの表情の変化で充分観客に伝わるとカットされたようだ。
ゆえに『人として死ねる』と言う短いセリフが非常に心に響き突き刺さるのだろう

死ぬ直前のお国の『かわいそうに、、』のたった一言のセリフに込められた様々な感情やそのシーンの持つ意味が妹のような人種には、あまり理解できずにいたように思われる

やはり演者の余計なセリフのない、演技での表現を重視した場面運びのテンポの良さと作品の持つ雰囲気を考えると監督の素晴らしいバランス感覚を感じる

子供にも楽しめるエンターテイメント作品を狙って撮られている為、時代劇らしからぬ斬新な映像やセリフまわしの場面がたくさん楽しめる。あえての狙いで作られた色々な斬新な演出が理解出来る特典映像が見れる初回限定盤の特典映像は本当に見応えがあった

古典的時代劇で長編の原作を二時間にまとめる事を失敗し、セリフやストーリーを詰め込み過ぎ、演者の感情表現や観客の気持ちを掴むところをほったらかしの観客置いてけぼりの○○原とは色々な面で180度違う。

原作からかなり引き算をして斬新な演出をもって、あの原作をここまでのポップなエンターテイメント作品として世に送り出した監督に脱帽。

そして主役の大野智のアイドルを超えた怪演とも言える名演もこの作品を見応えある傑作に昇華させている
それまでは死んでいた目をしていた人でなしの無門が川の決闘後に目に光を取り戻し、人間として感情を爆発させるあたりは見事だ。
あそこまで目や表情だけで感情を表現できる俳優はなかなかいない。セリフがあっても感情が乗っていない役者も多くいる中ただのアイドルとは思えない演技に震えた。

その他演者も大変素晴らしいり

映画館で見なかった事を激しく後悔した作品は久しぶりだ。

けんけん
けんけんさん / 2018年2月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 6 件)

期待した割に・・・ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画館に行くほどの意欲が湧かなかったのですが、レビューを見るとそこそこ高い評価だったので、少し期待してDVDを借りて観ました。

アクションが凄く、出演している俳優陣の演技も悪くなかったのですが、何となく冷めた感じ観てしまいました。

主役であるはずの無門(大野 智)に正直魅力を感じませんでした。生きるため(石原さとみ演じる奥さんのため)にお金を稼ぎ、お金のためには平気で人を殺したりしているはずなのに、そこに対する執着心が感じられなかった。

また、終始淡々としていた無門が、最後の方で感情をあらわにするシーンでは、(大野くん自体の演技は悪くなかったのですが)唐突感がハンパなくて、置いて行かれるような感情になりました。
映画という短い時間とは言え、登場人物はもっと丁寧に描いて欲しかったです。

何より、大野くんの普段の空気感が映画に出てしまっていて、生きることが難しかった時代のこの話しには合わないと思いました。

リボキチ
リボキチさん / 2018年2月11日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

変なところあるけど

伊賀忍者ってバカばかり(笑)

おさみん
おさみんさん / 2018年2月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

脚本が魅力的

‪人を人として扱わない忍びの里、伊賀の体制に不満を覚えた平兵衛によって織田の侵略が始まろうとしていた…。
同名歴史小説の実写化作品。敵陣の方が魅力を感じる作りが終盤に活きる脚本とカリを使った終盤のアクションは魅力的だがややコミカル感が余計に感じてしまった。

shotgun
shotgunさん / 2018年2月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

面白いというよりオモロイ映画

基本的にスーパー忍者アクションものなのだが、ハリウッドのようにそこにリアリティを持たせようとせず、完全にCG丸わかりのトンデモアクションが、作品全体に漂うコントのような雰囲気とマッチしていて違和感なかった。日本のアクション映画は、チャンバラ以外はシリアス系は諦めて、こっちに進むべきだろう。根っこのストーリーは重いので、原作はもっとシリアスなのかも。ただの時間つぶしのつもりで見始めたが以外に良かった。

maskwat
maskwatさん / 2018年1月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アクションがすごい

クライマックスの大野智と鈴木亮平の一騎打ちのアクションがとにかくすごすぎる。終始俳優の顔が映っているので,ほぼスタントなしではないだろうか。日本の役者でここまでのアクションができる人がいるなんて…
ストーリーも面白く,大野智演じる無門の表情の変化にもゾクッとした

とわ
とわさん / 2018年1月15日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

忍びの国

忍びの国、何度も何度も見ても感動しました。魂が宿った主演の演技に涙が止まらず、殺陣には手に汗握り、もう他の作品の殺陣では物足りなくなりました。
テーマが奥深く余韻で生き方をも問われ、観る度に掘り下げて見つめることができる映画。

さっこ
さっこさん / 2017年12月21日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

最後の激しいアクションと夫婦愛に感動

当初アイドル映画ということと、CMの内容からどうかなと思ってましたが、内容は痛快アクションだけでなく、大野さんと鈴木さんの激しい決闘シーン、そして夫婦愛に感動しました。老若男女、国籍問わず楽しめる内容では。内容とても良かったです。
そしてびっくりなのが7月からまだ劇場でやっていること!凄いですね。

すずーきん
すずーきんさん / 2017年12月21日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

満足

夫婦で観に行きました。
原作は読んでいませんが脚本が原作者の方なので安心して観れました。
役者さんたちの演技も見事でした。
一つ残念だったのは、監督がふざけすぎたこと。カメラ目線とか大げさなCGで良さをマイナスにしていました。

Miho
Mihoさん / 2017年11月23日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

殺陣の迫力がすごい

コメディ要素が強いのかと思いきや、アクションも盛りだくさん。戦のシーンではどきどきしたり泣けるシーンもあったり。なにより社会風刺というか考えさせられる要素があり、ただのコメディ映画じゃなかったので観る前の印象と大きく変わった。嵐の大野智さんが主演ということで所詮アイドル映画というようなことを言う人がいたが、そういう映画とは違うと思う。とりあえず一回観るべき。こんなに見応えのある映画は初めてだった。

なる
なるさん / 2017年11月22日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

早く感じた ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

いろいろツッコミところもあるけどなかなか面白かった

もう少しなんで好きになったかが描かれてればいいかな

そうすれば最後のことが自然に感じたかも
大野くんの大声の声がいい感じキタ

ふたりでの戦い方が面白かった

ta-toru
ta-toruさん / 2017年11月21日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まさかまさかの展開だった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

お国が最後死ぬとは思わなくて、泣きました😭
大野くんと鈴木亮平くんがかっこよかったです笑
主題歌は今でもお気に入りでよく聞いています。

ちぃ
ちぃさん / 2017年11月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

まあまあ

面白いけどB級かな。出演者は豪華。

ゆらゆら帝国
ゆらゆら帝国さん / 2017年10月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

忍びの国

大野さんらしい気だるげな感じや逆のすばしっこささすがだなと思いました!かっこよかったです!

たむ
たむさん / 2017年10月5日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

伊賀出身です

伊賀出身なので、この手の忍者作品はとても嬉しく思います。

日本映画のアクションは、ハリウッド映画の見すぎでどうも型落ちに見えてしまいがちですが、この作品はまったく問題ありません。

笑いのユーモアとテンポの良さがあり、どんどん映画に引き込まれいきます。時々、日本映画独特のシラケがちなところもありますが、俳優陣がハマり役すぎて見飽きることもありません。
特に、大野くんの抜け感がハマります。

映画ラストに、この作品に込められたテーマに「グッ」と来ます。

老若男女問わずに楽しめる作品ではないでしょうか。

りょーちん
りょーちんさん / 2017年10月5日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 7 件)

大野君、合っている。

数年前に原作小説を読んでいました。防具を全て外した無門のアクションを、大野君のダンスな動きで表現するところは良かった。石原さとみカワイイ。そして日置大膳カッコイイ。

ヤス
ヤスさん / 2017年9月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

十分に楽しめる

十分に楽しめる内容、史実がどうか、と論じる必要は
ないと思う、この作品として十分。

歴史上あったことが何が真実か、正しかったのか、ってのは
誰も証明できないこと、そこにあるのは勝者の視点だけ、
黒塗りされた歴史をどう想像するか、どう考えさせるか、

そういうことが制作者の力ではないか、と思う。

みなかみ問屋
みなかみ問屋さん / 2017年9月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

522件中、41~60件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報