忍びの国のレビュー・感想・評価

メニュー

忍びの国

劇場公開日 2017年7月1日
522件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

過去の遺物ではなく、現代にも通じる存在として忍者を描く ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

和田竜原作らしい史実と娯楽性が融合した作品に仕上がっている。その映像化を手がける中村義洋監督の手腕も安定感があり、冒頭から一筋縄ではいかない忍者戦をダイナミックに俯瞰したり、物語がコミカルとシリアスの間を行き来する流れを淀みないものとしている。そもそも本作には時代劇を担うヒーローにふさわしい強靭な精神の持ち主など誰一人いない。誰もが自分なりのやり方で飄々と世の中を生き抜こうと考えている者ばかり。

そんな彼らが一連の戦を通して、混沌の時代の中で根無し草のように生きるのか、あるいはそんな中でも自分なりに生きる道を模索するのかの決断を迫られる。この一瞬の心模様に、現代人の扮装をした人々が投影されるくだりが面白い。中村監督が、決して忍者たちを過去の遺物として扱わず、現代人にも通じる存在として映し出している様にハッとさせられたし、鑑賞後には、己もケモノの様に生きてはいないかと、我が身を振り返りたくなった。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2017年7月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 38 件)

伊賀忍者たちが繰り出す異色忍術が効果てきめん!

物量で圧倒する織田勢を迎え撃つ伊賀忍者たちの秘策は、ちょっとした表情や絶妙な間を使って繰り出すユニークな忍術の数々。それにかかった敵兵士たちが、まるで骨抜きにされたようにふにゃふにゃと崩れ去る様子は、いわゆる戦国合戦ものとはひと味違う。独特の緩さが笑いを誘うのだ。それは、達観主義者で恐妻家の忍者、無門に扮する大野智の役作りにも言えること。だからこそ、そんな彼が本気を出す後半が一気に盛り上がるわけで。ここ最近、度々大手作品の監督を請け負ってきた中村義洋が、久々にこの土壌で本来のユーモアを作品に結実させた異色時代劇は、主演の大野智にとっても代表作となった。

MP
MPさん / 2017年6月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 110 件)

記録。2回見た。余韻の残る作品。意味深なラストシーンが忘れられない。

記録。2回見た。余韻の残る作品。意味深なラストシーンが忘れられない。

えぷりん
えぷりんさん / 2018年11月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

痛快作だと思ったら

説教映画だった。

ムーラン
ムーランさん / 2018年11月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

嵐ももうすぐ終わりだな。

葵つかさは何年も酷い目に遭いました。
嵐の御用達の女は最近死にました。嵐はみんな兄弟です。
そんな奴らです。
みんな知らないのだ。
あいつらが、バケモンだとゆことを。
映画の話とずれましたが、映画はクズです。

アサシン
アサシンさん / 2018年10月6日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

無門は忍びか人か…?

大野君を主役に据えた時点で、監督は原作を読んでない人も含めて、誰もが観て楽しめるエンターテイメント性のある映画にしたかったのだと思います🎬

本来なら、織田と伊賀の争う戦国時代の設定であり、もっともっと緊迫感のあるストーリーとして仕上げたいかな…というのは個人的な意見ですが、それでは若い人は観ないのかも。今日も若い人が多く観に来ていて、満員でした😳❓

でも、大野君は監督が狙っている弱さと無慈悲さを持ち合わせた忍び役を、巧く演じていたと思います。そして、伊勢谷さんやマキタスポーツさんがしっかり支えていたかな。

無門は愛を知らずに忍びとして育ち、お国との出会いより人としての拠り所を見いだす姿をもっと前面に出しながら、戦国絵巻の大河ドラマで観たい感じがします。

bunmei21
bunmei21さん / 2018年9月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

コミカルで痛快なアクション・エンタメ

大野智演じる主人公の無門は、伊賀最強を誇る凄腕の忍者なのに、完全に奥さんの尻に敷かれちゃってるところが笑えました。石原さとみ演じるお国にぞっこんなんですね。まぁ、あれだけ美人だとね、しょうがないですね(笑) 一見とぼけているようでも、戦いになると縦横無尽の活躍で敵を圧倒します。そのギャップが堪らなく面白い!

“虎狼の族”と呼ばれる伊賀忍者たち。金のためなら何でもします。騙しのテクニックもお手の物。戦国最強の織田軍でさえコケにしてしまいます。
“小”が“大”に立ち向かう様は痛快無比! 無条件で惹き付けられました。あらゆる知略と戦法を駆使して、無謀とも言える戦に臨みますが、そこは姑息で一筋縄では行かない忍びたちのこと。我欲の塊故の危機を迎えるところはハラハラしました。
しかし、そこからの巻き返しのカタルシスは言わずもがな。団結の理由がまた彼ららしさが満開で、ゲスいなぁと思いながらもどこか愛おしさがありました…。

忍者たちの戦いがめちゃくちゃコミカルでした。ど派手な忍法を使うわけではありませんが、その超絶な身体能力を駆使したトリッキーな戦法が絶品です! 戦国最強の織田軍を手玉に取り、ものの見事に翻弄しておりました。それも痛快の極み! 大野くんと鈴木亮平の一対一の直接対決は、様々な痛みと共に繰り広げられて、とてもエモーショナルでした。

織田軍側のドラマも観応えがありました平祐奈が学芸会みたいだったのはいただけませんでしたが。ご愛敬ということで(笑)
伊勢谷友介演じる日置大膳がとてつもなくカッコ良かった…。極大の弓矢を繰り出すその剛腕、堪りません! 伊賀忍者の策略を見抜く観察眼も素晴らしい。まだまだあまちゃんな殿を支えようと決意するシーンに、ジーン…と来ました。

個人的には伊勢谷友介のアクションがもっと観たかったです。物足りない。「るろうに剣心」シリーズの青紫様みたいな、キレキレで見惚れるほどの殺陣が欲しかったなぁ…。

syu-32
syu-32さん / 2018年9月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

堅苦しくなく観やすいけど、重く非情さもある

大野智の抜け感がそのまんまっぽくて笑えました。途中のまさかのカメラ目線も(笑)
中だるみありましたが、最後まで観て良かったです。
真剣な顔つきになったとき…良いです。
そして泣かされるとは思いませんでした。
あ…内容の感想書いてない…薄めに。。
・・信勝の苦しさが伝わってきました。
忍び素晴らしいですが、この作品の伊賀の人達は好きじゃなかったです。

☆ユウ☆
☆ユウ☆さん / 2018年9月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ジャニーズ2人とは

大野くんは期待通りでよかった。脇をかためる俳優さんも実力揃いでよかった。

ただ、準主役的な相手役に平ジャン知念君はがっかり。
同じ映画にジャニーズ二人はがっかり以外の何物でもない。

対立する役なのでどちらかが画面に出ることになる。
それならいっそ、わき役も全てジャニーズにしてギャグ映画にするか、大野君だけ出演して他は俳優さんに任せてアクション映画にしてほしかった。

Manchel
Manchelさん / 2018年9月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

PVに釣られることなかれ

映画館の予告PVが迫力あってキャラ設定も面白そうだったからレンタルしたら、戦闘シーンのCGが安っぽいし、無門は尻にひかれてるしコメディ要素が悪目立ちして世界観に合わない時代錯誤を感じた。つまり何が言いたいかって、おくには何がしたかったんだ?(原作未読)

べるお
べるおさん / 2018年8月15日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

はぁ~

これもブラックパンサーとおなじでレンタ屋さんで評判がよかったから久しぶり日本映画を借りた。
どこへいきたいんだろうな~

そんぼ
そんぼさん / 2018年7月31日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かった!

1度見てうーーん?と思ってその後付き合いで2度目鑑賞したら
すっと胸に止まっていたものが落ちて面白さがこみ上げてきた映画。
国村隼さんの出番は少なかったけど素晴らしかった。
ラストの殺陣は凄かった!

ささみ
ささみさん / 2018年7月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

がっかり

忍びの国期待していましたが
はっきりいってアニメの世界のようでした
主演の大野くんの殺陣はダンスしてるようにしか見えなかった
原作の方が重みがあって面白い
なぜヒットしたのか全くわからないが
一部のファンが何度も足を運んだのは
確かなんでしょうね
ただ一点伊勢谷さんは素晴らしかった
あれは伊勢谷さんがいなかったら成り立たなかったなぁーと..
お金かけ多分回収できてよかったかもだが
あそこまでアニメみたいにしなくてもよかったんじゃないかと思ったしところどころ間延びしていた

なつ
なつさん / 2018年7月16日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんだろう。

難しい、評価に困る映画。

話しが理解出来なかったわけじゃない。

新しい、スタイリッシュ?な時代劇?としてもみれない。

ずっとあった違和感、そう、その時代を感じられなかった。

最近はテレビドラマで時代劇は少なくなったが、私が子供の頃には週に何本もあった。
今でも再放送だがたまに観たりする。

どれも、現在の俳優、セットだったりするが、テレビの中だけは、遥か遠い時代になっている。

だが、この映画ではそれを感じられなかった。
演出か?俳優の力が足りなかったのか?

それぞれの感じ方があるので、これを面白いと思うのもそれはそれでいいと思う。

でも時代劇って、その時代を感じてこそだと思っている。

そう思うと、演出、音楽、俳優、全てが…あーちょっとねーとなる。

ただこれは感じ方の違いだったりするので、私は単純にこれは時代劇じゃないな、だって現代だよ、と思った。

テレビの中、スクリーンの中だけはその時代になってないとしらける。空気感というか。

やっぱり今は、時代劇をしっかり演じられる役者がいなくなったのか、少なくとも今作の主演はそこにいるだけでスッとその世界(時代)に入り込めるとは言い難いかな。

評価は低くなりましたが、ちょっと期待してたんです。
なので、残念さが強くなってしまいました。

うーさん
うーさんさん / 2018年7月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人はケモノ

ラストの30分くらいがこの映画のすべてだと思う。
そこまでの回りくどい演出は眠たくなった。
ただ最後の30分。考えさせられるものがある。
人間は、本当に愚かだと実感する。
この世界には人ではない人間がケモノが多すぎる。

くらげ
くらげさん / 2018年6月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  興奮 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なかなかに残念でした

原作未読です。
レンタルのPVで面白そうと思い借りました。
伊賀の国がめっちゃ感じ悪く描かれていました。

アクションはまずまず、ではありましたが、ストーリーは少々雑でした。

大野氏の演技もなんかいつも通りな感じで、ジャニーズ組は何役やってもご本人だなーと再認識しました。

個人的には、駄作の分類としました。

てらっこん
てらっこんさん / 2018年6月19日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作は読んでいなかったが 和田竜さん原作という事で鑑賞。 コメディ...

原作は読んでいなかったが
和田竜さん原作という事で鑑賞。

コメディタッチはありだと思うが
アクションにまで、その要素が入れられると
入り込めないかな。
(怪物くんを見たかった訳ではないので)

忍者をテーマにした映画ということで
面白いと感じるところも あったが
期待しすぎてたこともあり、満足感はやや低かった。

sakura091108
sakura091108さん / 2018年6月19日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

思ってた展開と少し違った ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

大野くんのキャラに合わせたような忍者の設定。
石原さとみとの絡みが予想外。
全体としてどこが見所なのかわかりにくい作品だが、全体的に楽しめる。
伊勢谷友介の演技は好きだな。

ふぁーびー
ふぁーびーさん / 2018年6月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

アクション面白い! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

無門の無敵ぶりが 笑
人でなしの伊賀忍者。最後の最後までそれだった
無門は、お国によって人間の心を取り戻した.....になるのかな

平兵衛は色々言っていたけれど
弟を殺されても何も思わぬ父親、弟を殺した無門、自分を操った父親への怒りで父親を見殺したり、無門へ切りかかったり、人間の心を持ってるのだろう事は窺えるが、共感できないし、女子供までも全て斬り殺す織田軍に着いた時点で終わってるだろう。

また、お姫様(平祐奈)の無門へ信雄を殺してくれと決死の覚悟で頼んでいたことを知っているし、弟が死んでも誰も気にしない事で織田軍についたが、平兵衛も信雄も大膳も、お姫様が死んだ事を誰も気にしてない

何処が違うのだろう。

何も違わない。= 虎狼の輩
虎狼の輩は散った
時代は変われど、血は流れ着く

みんなまとめて 虎狼の輩?

んー、、、やっぱりストーリー性はないな 笑
大野くん好きだし石原さとみ好き!
鈴木くんも良かった♡
アクションは面白かったし、気楽に見れたから☆2つで!

ELIY
ELIYさん / 2018年5月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大野くんの演技に賞賛します!

無門の演技がとても自然的で面白かった!
TSUTAYAで借りたのですが、映画館で観ればよかったなと後悔してます、、、

おまめ
おまめさん / 2018年5月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

522件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報