忍びの国のレビュー・感想・評価 (8)

メニュー

忍びの国

劇場公開日 2017年7月1日
522件中、141~160件目を表示 映画レビューを書く

風刺映画

わたしは、大野さんのファンです。
だから内容がどうあれ見るつもりではいました、感想としては面白かったのですが、思ってる以上に軽い作りで、1回目に見たときは少し残念に思いました。
ただ、単純に面白かったですし、2回目を友人に誘われた時にも喜んで見に行きました。
そこで、この映画に対しての思いがかなり変わった気がします。
無門の生い立ちを知った上で見ると、無門の言葉や行動ひとつひとつに背景を見てしまって…、とにかく深さを感じました。
お国の「可哀想に」というセリフでは涙が溢れて、本当にグッときました。
海外で上映された時に海外の評論家がこの映画は娯楽映画ではなく風刺映画だと、コメントされたのを知って本当にその通りだと、納得しました。
人生で初めて同じ映画を2回見に行きました。
みなさんにも、何度も見てほしい映画です。

kao_y
kao_yさん / 2017年7月25日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 10 件)

予想外な展開

中村監督の撮り方が好きな人にはおすすめ
小意気な感じです
登場人物が各々登場してあーあーそんな感じで終わるのかな
と思ったところからあれほ~って感じで
あーこのまま終わらないんだって思ってたら
面白くなってきた
後半がとにかく引き込まれます 劇場が息を呑むの感じ
いままで座り直したり飲んだりしてる人が引き込まれてるのを感じます
ガチアクション好きには堪りません

chiyo
chiyoさん / 2017年7月25日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 12 件)

観ないと損する

予告を観た限りでは、コメディ要素が強そうな映画ですが、全く違います。コメディ要素よりも、人間の宿命について考えさせられる映画でした。アクションシーンは、今までに見た映画の中で一番と言っても過言ではありません。高度レベルのアクションが見られます。アクション好きにはたまらないと思うので、一見の価値があります。生身の人間が演じているとは思えない速さで、倍速になっているのかと思うほど早い。実際は、早過ぎるから監督の指示で少し遅くしたというから驚きです。また、メッセージ性が強く、情が希薄した現代社会への警笛とも取れる内容に心が痛くなります。また、ラストシーンは号泣するのでハンカチを準備して鑑賞することをお勧めします。
決して、観て損はない作品です。観ようか悩んでいる方はぜひ観て下さい!可能であれば2回観るとより映画を理解することがで、倍以上感動します。

machan🍀🐙
machan🍀🐙さん / 2017年7月24日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 15 件)

素直に良かった❗️

賛否両論あるのは仕方ないのかな
でもやっぱり無門最高❗️

村田利子
村田利子さん / 2017年7月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 10 件)

最後のセリフがすべて ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

日置大膳の最後のセリフ、「今更、人でなしが人になったつもりか」、が全て。「今更」はなかったかな?
あまりに薄っぺらな心変わりに呆れました。これなら、無門を貫いて欲しかった。なんとなくいい人で終わらざる得なかったあたりで、所詮アイドル映画なのかと落胆。孤狼にも彼らなりの考えがあるだろうに。

woinary
woinaryさん / 2017年7月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 6 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

なぜ高評価?

他のレビューが高評価ばかりなのですが、私にはよくわかりませんでした。基本的に内容が薄く、忍者の描き方もかなり中途半端な印象です。もう少し石原さとみを活躍させても良かったのでは?

futako
futakoさん / 2017年7月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 7 件)

知らなかった忍者の世界

ジャニーズ主役なんて…と、思わずに見て欲しい映画です。忍者の知っているようで、知らない世界が描かれてます。
切なさも悲しさも笑いもあり、単純に楽しめます。大野さん、この役が彼の演技の仕方にはまっているから、演技力の無さを感じて途中恥ずかしさを感じる事もなく最後まで見れます。

Belly
Bellyさん / 2017年7月24日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

大野くんは好きだけど。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

いろんな人がいて、
いろんな方がいるのは
わかってますが

このアプリのレビューは
だいたい納得な点数で
観賞するかどうかの参考に
していたんですが、
なぜか本作は異常に高い気がします。

感想としても
観賞して少し
がっかりする内容でした。

くり
くりさん / 2017年7月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

観た方が良い

宣伝がシンゴジラと一緒で、予告がイマイチ過ぎる。
本編は、かなり本格派。

原作は未読ですが、世界観、登場人物の豊かさ
共に逸品です。

忍者アクションもここまで来たんですねえ。

時間が合うなら是非ご覧ください。

新米エヴァンゲリスト
新米エヴァンゲリストさん / 2017年7月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 12 件)

笑ってちょっぴり泣けました ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

大野くんが主演という事もあり忍者モノも好きなので観に行ってきました。

無門のキャラクターはバラエティでみる大野くんの雰囲気を持ちながらも人を何とも思わず殺せてしまう恐ろしさと強さを持っていて子供が死んでいても「そりゃ死にますよね」とあっさりしている。
冷たいのかなと思ったけど、ちゃんと情を持ってるしお国に対しては心底惚れていて愛情も感じる。
ちょっと不思議な魅力があるキャラクターでした。

お国は正確には無門の妻ではないのだけど、この伊賀一の無門を以ってしても頭が上がらないお国との関係性が面白かったですね。
お国は美人で優しいけど無門に対しては毒を吐くのでその夫婦漫才の様な掛け合いが面白かったです。

アクションは大きく二つのタイプがあったと思いました。

一つは、どちらかというと無門が敵との力量差がありすぎて全然余裕で戦ってるシーン。
この作品はBGMに時代劇や和のテイストよりは現代的なポップな曲が多く使われていて殺陣のシーンでも普通に嵐が踊ってるような曲ばかりで殺陣の動き自体も、そうなんですがダンスを見ているようでした。

もう一つは無門が全力で戦うシーン。
これは文句なくかっこよかったです。
特に最後の平兵衛との川は凄かったな。

あと、この物語に登場する漢気溢れる魅力的なキャラクター達。
北畠、大膳、平兵衛、そして無門。

北畠が茶壷を割ってからの元家臣の二人と対峙するシーンは命を張って、尚二人に教えているようで私はあのシーンは好きだったな。
お国が無門に本当の名を尋ねるところもジーンとしてしまいました。

語りの山崎努さんも良かったですね。
語っているのが一体登場人物の誰なのかと考えながら観るのも楽しかったです。

アクションあり笑いあり、ちょっと感動したり楽しめた作品でした。

ガブ
ガブさん / 2017年7月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 8 件)

こんなに考えさせられる深い映画だったとは!

大野智さんの演技がすごすぎる。
他のキャストも誰1人として欠けてる人がいない、役にピッタリだし原作を読まずに行っても読んでいっても楽しいしかなり面白い

撮影も忍者なのでCGを使わなければ行けないとこもあったけど、ほとんど大野さんが自らワイヤーや殺陣を覚えてやっているシーンには
新鮮さがあり思わず息を凝らして見てしまう場面がおおかった。普通の人間ならあそこまでの動きはできないと思う、それほどの努力があって完成しているのだなとしみじみ思った

周りが何度も見に行ってる意味がとてもわかった、そしてもう1度みにいきたい。
すばらしい作品です

3104
3104さん / 2017年7月23日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 19 件)

中毒性高いよ。

観るたびにハマった。もう4回観たけどまた観たくなる。中村監督の術にかかっているのか。時間を作ってまた観にいきたい。

Kayoko
Kayokoさん / 2017年7月23日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 16 件)

只々、時間がアッという間に過ぎた

久しぶりに最後まで眠気が来ないで観れた映画に出会いました。
キャストも見事にはまってて、どの役者さんも良い味を出してたのも見どころです。
原作は読んでませんが、おそらく観る度により深い気付きがありそうな感じがし、早速今日従妹と2回目行って来ます。

rin
rinさん / 2017年7月23日 / PCから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 9 件)

監督さんが怪物くんを作った方、、 怪物くん要素ありましたね、(笑)...

監督さんが怪物くんを作った方、、
怪物くん要素ありましたね、(笑)

コメディ要素が強いですな

いつもの大野くんっていう方もいますが
個人的に無門さまにしか見えませんでした。

3日かけてとったアクションシーンはやっぱり圧巻でした。

お国とのシーンは涙なしにはみれませんでした。

他にもおぉ、、ってなるシーンがいくつかありました(^_^)楽しかったです!

naaachan
naaachanさん / 2017年7月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

本当に守りたいものがある人と我を突き通す人

「忍びの国」にも2つのタイプの人がいた。
自分のことだけを考えて、後先問わず人をきるタイプ。それから、本当に守りたいものがあって、そのために人をきることもあるが守りたい思いが人としてあるタイプ。
人をきる行為はとても恐ろしく、してはいけないことだが、本当に守りたいものがある後者のタイプに、そして、常に周りと良好な関係をきづいていける、そんな人になろうと思う。

ホリー
ホリーさん / 2017年7月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

うーーん。

アクションは面白い。
ストーリーは中盤まで良かった。
そう言うことかと納得できた。
だが、終盤とオチはイマイチ。
また、忍びが救いようのない人でなしで
好きになれない。
忍びがかっこよくない。

めたるぱんち
めたるぱんちさん / 2017年7月22日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

そんなに

題材は好き。

ストーリーは良いけど、最後がイマイチ。アクションの演出も好き嫌いありそう。

ライトオ
ライトオさん / 2017年7月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

やられた!

原作の単行本を読破してたので、話の流れは把握していたんですが、実際に映画を観てみたら、ところどころ原作と異なる感じに仕上がっていたので、新鮮な感じで最後まで飽きずに観られましたし、何よりも劇中に登場するキャラクターが個性的でとても魅力的でした。中でも一瞬だけ登場する元弾丸ジャッキーのオラキオさんが、まだ1度しか観ていないにもかかわらず、ズバ抜けて印象に残っています。その事も含めて、かなり意表を突かれたなと感じるところがあるので、あと2・3回は観にいきたいなと思います。でもやっぱりオラキオさんおいしくてズルイです(笑)。

ざわ
ざわさん / 2017年7月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

冒頭、印からの術 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

忍者好きにより視聴。
しかし主演の出自や予告での不安通り、中身の薄さ、安っぽさ、演出のPOPさに落胆しての帰宅。

だがこの映画は変わっていた。不思議なまでに余韻が長く、しかも何かもやもやとする。
あとからあとから「実は面白かったのではないか」という疑問が来るのだ。
せっかくの数少ない忍者映画、それを確かめたくなって人生初の二度目の劇場視聴。

そこでようやく気付いた。
この映画は冒頭に結ばれる印を皮切りに、観る側を術にかけようと挑んでいる。
従来の時代劇の枠を取っ払おうとするその術に気付き、こちらもオープンに酔おうとした途端、この作品の印象はガラリと変わった。
最終評価としては、なんとも前衛的な快作である。

初回、頭が凝り固まっていた時は意味すら考えられなかったが
虎狼の輩は何故ここまで金に固執しているのか、その理由は無門の「わかってたまるか」という一言。これに尽きる。

幼い頃、金で買われた虎狼の輩にとって
金以上に大切な物がこの世にあってはならないからだ。
そんな物を認めてしまったら、金で売り払われた自分の存在が崩されてしまう。
だから彼らは金が全てだという信念に、自他の命を軽んじてでも頼っている。

そこに突如生まれた異端児、平兵衛。
こいつは弟の死で更に脱皮し、伊賀においては毒蛇のような思想を持った。そこから物語は動いていく。
そして一番間近でその毒を受けたのは、弟の仇である無門だ。

平兵衛が何を怒っているのかわからぬまま噛まれた彼は、やがて何かの存在を無視できなくなる。
金では補えない何か。
それを持てあました無門は戸惑い、初めて相手の遺体に情けをかけ、その平兵衛のクナイを使い吐き散らした。
十二家評定への怒りというよりも、認めてはならない物を持てあました……そんな無門の暴走だ。

切ないのは、無門の虎狼の輩がゆえの誤算。
まさかお国が……そもそも他人が金ではなく自分のために動くなど、想像すら出来なかったのだろう。
そしてこの物語を単なるエンタメにさせなかったのは映画のクライマックス。
観客である自分も一度は消化不良に思えた理由もそこにある。
無門の復讐の消失だ。

お国が殺され、全員を相手にこれでもかのアクションで復讐するラストなら
レビューの星ひとつの人数は減っただろうが、それではそこで完結してしまう。
しかしこの作品は死にゆくお国に一言「可哀想に」と言わせることを選んだ。

無門は平兵衛の毒により門の存在を知らされ、死にゆくお国の愛によってその門を開かれ、復讐よりも更なる向こうに子と手を繋ぎ歩いていく。
エンドロールに流れる曲。いかにもアイドル映画風ではあるが、タイトルが見事に代弁していた。
つなぐ、と書かれた画面を歩く二人の姿が何とも深い。
それを見送らされる観客は、虎狼の輩なのか、門の存在に気づかされたかで感想は変わるだろう。

川でのアクションは近年稀に見る重厚な接近戦、群衆アクションの軽快さも当然お薦めではあるが
秀逸なのは無門の雄叫びだ。
演技が上手い下手とは何か、主演の大野智を見ているとよくわからなくなってくる。
そもそも格好よく映ろうとしていないことに驚いた。
仮にも国民的アイドルだろうにこれでいいのかとも思うが
逆にこの人間がアイドルとして認知されてることに奇妙な安堵も覚えた。
それほどまでに「いい演技を見せてやる」という圧を感じさせない主演。
その彼の雄叫びは見事で、お国の愛を受け今まさに生まれたかのような赤ん坊の泣き声にも聞こえた。

初回視聴では、ポッと出てきて稼ぎのことばかり言う幽霊のような、物語を進めるために無門を振り回すだけに感じたお国。
しかし二度目はこのお国の印象も違う。
終始無門を思い、結婚したいと願い、そのために叱咤激励してくれる母性を感じられる。

その他配役も素晴らしく、伊勢谷に至っては過去最高に魅力的だ。
國村隼、鈴木亮平は勿論のこと、名も知らない脇役陣もはまっている。
信雄も若い次男坊当主らしく、キャスティングミスは見当たらない。

大見得をきる時代劇、アクション映画のラストは大立回りでなくては……と思っていてはもったいない。
せっかくならば監督と原作者の仕掛けた術に飛び込んで欲しい。
そうすれば無門の叫びで目覚めた後に、何を繋ぐかと問われるだろう。

梅
さん / 2017年7月21日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 3 件)
  • 共感した! (共感した人 114 件)

最高でした

時代劇が苦手なのですが最初から持ってかれました。川での一騎討ちラストのお国との別れ感動でした。主人も絶賛してました。
もう一度見たいと思います。

はなち
はなちさん / 2017年7月21日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 7 件)

522件中、141~160件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報