忍びの国のレビュー・感想・評価 (9)

メニュー

忍びの国

劇場公開日 2017年7月1日
522件中、161~180件目を表示 映画レビューを書く

想定以上の良作

一本、しっかりした筋の通った作品。これまでの忍者の概念を覆し現代へと問いかける仕あがりは良くできてると感じた。始めと最後のアクションシーンのみならずどこもかしこも見ごたえあり。國村隼の贅沢な使い方で余韻を残す演技力。 石原さとみ・満島真之介などの配役も的確であった。実力派の老練な俳優たちの個々の演技が生き生きとしており、ここまで削るのは苦労があったはずだが、まとまるよう繋がるよう編集出来ていたと思う。元来アイドル映画は大嫌いで見ない性分だが、この作品に於いての大野智と知念侑李はアイドル感がなく、伊勢谷友介・鈴木亮平に引けを取らない演技力と表現力を持っておりとても感嘆した。監督の意図、数々の伏線など吟味するものが多く、再度見たくなるほどの良作である。この感性が分からない虎狼の族は、薄っぺらく単純で笑えるアクションが流行りのものを見れば良い。

まーさん
まーさんさん / 2017年7月20日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 29 件)

よかった!

よかった!

パイナップル
パイナップルさん / 2017年7月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

アクションやばい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

アクションやばかった!
大ちゃんがかっこいい!かっこよすぎる!
ますます大ちゃん好きになっちゃうね〜
あと石原さとみが…
あと最後のつなぐがやばかった
イントロサイコー
キャストが豪華でいいと思いました!

ahrtru
ahrtruさん / 2017年7月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

こだわりがっ

殺陣のやり取りにものすごい熱量を感じました、大野さんや鈴木さんがコメントを出してるように、監督がなかなかOKを出さないからやりつづけた、という場面は、数日すぎて他の映画をみても、やはり違いがあると感じました!

AZS59
AZS59さん / 2017年7月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 10 件)

お薦めはできないかな。

アクションシーンの迫力は、確かにスゴいです。その間にちょこちょこある、大野くんと石原さんのやりとりも面白いが、DVDでもよいかなって思いました。
ただ、ラストは良いです。大野くんと鈴木さんの格闘シーンは大迫力🎵そして、みんなのもとに戻ったところに待っているのは‼️
劇場で観るか観ないかは、あなた次第🎵

もりちゃん
もりちゃんさん / 2017年7月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

見れば面白いが2度までは ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

一兵卒の忍者、華の無さが大野くんのハマり役でした。
見ていく内にカッコよくも見えました。
個人的な感想です。
仕官されたエピソードもう一つ山が欲しかった。
もう帰ってきたん?と
決戦のときの移動時のおちゃらけたカメラ目線は面白かったし所々笑いを散りばめられてたのが良かった。
最後鈴木亮平との闘いも弟と同じくらい圧勝して欲しかった
スゲー無門最強って思わせて欲しかった。
石原さとみとの掛け合いは面白くもっと見たかったし
喜劇なので死なせること無かった。無門を人間にしたかったのだろうがハッピーエンドが見たかったです。

しんさま
しんさまさん / 2017年7月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

おもしろい!んだけど…人におすすめするほどでもないかなぁ…でした。...

おもしろい!んだけど…人におすすめするほどでもないかなぁ…でした。わかりやすくて敵と味方がはっきりしていて歴史が詳しくない人でも子供でも楽しめると思います!なにかに特化したポイントはなく、コメディーもアクションも人間ドラマも夫婦愛もそこそこ詰め込みましたという感じでした。俳優さんは良いだけにもったいない!ラストはスパっと終わればよかったのでは…気持ち良い展開だっただけに、だらだら続いてスカっと感が半減しました。

SS&D
SS&Dさん / 2017年7月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

何度観ても...

何度観ても楽しくて、何度観ても泣けてしまう映画...。軽いようで、奥は深くメッセージ性もあり又観たいと思わせる。
タンスも演技力も定評があり、監督始めキャストの皆さんが「超人」と認める身体能力を持つ、主演の大野智さんが生かされてる映画だと思います。

sa
saさん / 2017年7月19日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 5 件)

映画館じゃなくてもいいかな

2時間ドラマを見てる気分でした。
面白くないことはないんだけど、もひとつ足らん。みたいな感じです。
石原さとみの出番がちょっと少なかったかな。

花音
花音さん / 2017年7月19日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 3 件)

TVでいーかな

コメディ。泣けるかと思ったけど全く。寧ろ泣き所も分からず。けど隣の(見知らぬ子ども連れの)おかーさんは子どものシーンで泣いてたからヒットポイントがあれば。

あのひょうひょうとした発言とフワフワしながらやっつけていく感じは嫌いじゃない。
けど、余りにも深さが感じられなくて、結局殺せたの?殺せてないの?!
みたいな、もやっと。

kyaroline
kyarolineさん / 2017年7月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

忍びの国

大野さんの演技良かったです❗
アクションも多かったですが…
お国とのやりとりがまた良かった。
最後はなけましたね。
もっとlove感があるとドキドキ
したかもしれないですね。

あさこ
あさこさん / 2017年7月19日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: -
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作読んでから観覧オススメです

忍者=正義、神秘的、滅私奉公のイメージならきついかも…戦国時代は下剋上。武将として信義を重んじた上杉謙信や秀吉との友義を死ぬまで守った前田利家もいたけれど家を守るため生き抜く為、時に利用し裏切りもした時代のお話。上忍に利用され生き抜く為に擦りきれた成れの果てから人間とは?を逆目線でみた作品かも。キャスティングもはまってます。1961年に公開された石川五右衛門を主人公にした「忍びの者」もありますが権力に利用され人間性を失った主人公が人間とはを問いかけていく大枠ではにているかも。いい加減な知識で引き合いに出してポンコツ映画と批評した人もいましたが…ポンコツ批評マニアはおいといて間違いなく面白いです。

カダフィ
カダフィさん / 2017年7月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 14 件)

川じゃー!!

忍者が大好きなんですが、とても楽しめました!
予告をみて、コメディーかな?と思っていたんですがいい意味で裏切られました。

サイコで最強のラスボスな無門に痺れました。無門役の大野さんが前世忍びじゃないかと疑うほど、はまり役でした。鎧をつけたまま、あんなアクションをしていたと知ったときは驚きました!

無門だけでなく、他のキャラクターも素晴らしかったです。話が長くなるので書けませんが……。
下忍も可愛かったです。これから観る人は後ろにいる下忍の表情を観てみると面白いと思います。

とにかく、最高だったのでまた観に行きます!!

北
さん / 2017年7月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 7 件)

「人間じゃない」の台詞が説得力に欠ける

 石原さとみは「シンゴジラ」辺りから演技が一皮剥けた印象で、テレビドラマ「校閲ガール」では現代っ子の若い女性をコミカルに演じていた。
 この映画でも石原さとみの演技に期待していたが、まあ出番の少ないこと。それでも気は強いが愛情豊かな奥方を美しく演じていた。住居と着物のギャップは触れぬが花だ。
 ストーリーはなかなか練られていて全体として面白くは見れるのだが、鈴木亮平と大野くんが言う同じ台詞「人間じゃない」の、あまりのリアリティの欠如に、思わずずっこけそうになった。
 下人たちの中での大野くんの立ち位置や下人たちの日常などをもっと整理しないと、取ってつけたような設定になる。下人たちが「人間じゃない」呼ばわりされるためには、情け知らずの極悪非道でなければならないが、この作品の下人たちは自分の欲望に正直なだけで、作品全般ではむしろ愛すべき人々である。
 説得力に欠ける設定はシラけるだけだ。ディズニー映画じゃないんだから、もっと全体に悪党寄りにしてもよかったのではないか。その方が大野くんも新境地を開けただろう。残念だ。

耶馬英彦
耶馬英彦さん / 2017年7月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

いつまでも頭をよぎって離れないのは無門の静かな人としての変わり様だった

さらーっと観たら、この映画の深さは分からない。

なんかスッキリしない。見落としていた感がある。

そう、もう一回観てみよう。新たな発見がある。面白い。

又観てみようっと思わせる今までに味わったことのない映画だった。

今までにはない時代物。予告の軽いイメージとは違って良い意味で裏切られた。

この裏切られた感を監督は狙ったのか・・・。良い作品を多く観たい自分としてはこの夏この作品に出会えたことが大当たりだった。

見応えあるリアクションは勿論のこと、戦国の世、心揺さぶる人の心情も秀逸 。

正統派の圧倒的な格好良さ伊勢谷大膳はしっかりと魅了し、鈴木平兵衛は忍として生まれ、人として願う葛藤は哀しくもある。偉大な父を持った知念織田信雄のへたれぶりも良い意味好演。歴史上重要な存在感の北畠に國村隼、マキタスポーツ左京亮の中間管理職的な感じ、伊賀の上忍の現代にもつながる人の奥深い欲もあわせ、まっすぐに人を表現した映画だった。

その中でもなんと言っても、清涼感を与え場内を一変させたのは、石原お国との夫婦愛だった。劇場内が一体化してくすっと笑っているのだ。観覧者を脱力させたと思いきや、あの石原お国の背筋が冷たくなりそうな睨みともいうべき眼差しをご覧あれ〜〜こんな良いものが見られるとは・・・・とお得な気持ちになるに違いない。夫婦のシーンがそれほど多くはないが、見えない無門お国夫婦の結びつき、叱咤激励する石原お国とのやりとり、そしてこれから先のお互いを想う無門お国夫婦の深い愛が、より一層、待ち受けるラストに輝きを持たせ心にささる。

人は大切なものに出会い心が変わりゆく、大切なものを無くしてから、痛みが深いからこその心の揺れ、変化が見る者の心を惹き付ける。終盤はスクリーンから釘付けでこの作品の醍醐味である。また、ナレーションの山崎努さんにつながるメッセージ性も細かい。つながったその後に想像力を膨らまずににはいられない。

虎狼の輩である忍びの無門 人を難なく殺すダークヒーローであり観覧者として軽く共感して観ることは出来ない。正当派の大膳や、葛藤する平兵衛に心奪われがちだ。だが、時が経っても心に忍んできて、いつまでも頭をよぎって離れないのは無門の静かな人としての変わり様だった。主人公、大野無門の表情、裏に見え隠れする影、孤独、哀しみが、静かに心に浸みた。聞き所でのあの張った声、刃のような眼、・・・あの魂の叫びは、今振り返ってもぞくっと背筋を緊張させる。

主演の大野智氏、まだまだ色んな引き出しを持っているのではと想像する。歳を重ねられ、心情の変化の多い超難易度の高い作品等もお目にかかれたらと・・・今後の楽しみが増えた!・・(期待)

快慶
快慶さん / 2017年7月18日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 28 件)

大野君大好きな人が作った映画??!

ラストは感動しました。
泣けました。
演技も素晴らしかったです。

ただ、大野君どんだけ好きなの?!笑
大野君がキラキラしすぎで、ジャニオタの為に作られたのかと思うくらいです。
ちょっと遊びすぎ感があって、ラスト以外は安っぽさ満載です。
あそこまで大野君キラキラさせなくていいのでは?笑
大野君は個人的には大好きですが、やり過ぎです。

ジャニオタの方々は発狂ものでしょうね。

私はすごい寒い寒い映画でした。

しょうご
しょうごさん / 2017年7月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

期待以上 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ジャニタレは嫌いなんだけど、主役の大野はハマり役でとても良かった。ずーっと飄々としていたけど、どこか感情的な部分が捨てきれてなくて、最後の最後で爆発したシーンは迫力もあってとても良かった。他、鈴木亮平、伊勢谷友介をはじめとした俳優陣の圧倒的な演技力、殺陣の迫力、若干入り込んでくるコミカルシーン、全体的なストーリーと最後のメッセージ性、どれも満足で、鑑賞後の満足感はとても高かった。
嫌いだったのが、オープニングと途中一回だけ入ってきたロック音楽、クライマックスシーンでのライトアップ。映画的には悪くはないんだけど、演出感が強すぎて個人的に嫌いでした。
とりあえず、映画館で大迫力で観れてとても良かった。

Chrono
Chronoさん / 2017年7月18日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

そんなに?

レビューがいいから見てきたけど、そんなにいいかな?
大野智の普段のキャラと被ってしまう感じ
この日はパイレーツオブカリビアンも見たから余計にそう思ったのかも

Lily
Lilyさん / 2017年7月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

アクションor殺陣。

和田竜の原作、または脚本はやはり力がある。「村上海賊の娘」も読まなければ。

で、本作である。
中村義洋の演出は誰に肩入れしているわけでもなく、わりとフラットに各キャラクターを描いている。これが、映画を見やすくしている。

期待していたのは、劣勢だった伊賀勢が逆転を果たすのだが、そこをどういう忍びの技で返すのか、というところだったのだが、少し肩透かしであった。

信雄(知念侑李)がいつ死ぬのかも知らない観客も相手にするというのは、作り手の苦労がしのばれる。また、信雄という名になるのは本能寺の変のあとのようで、このあたりはどうなのだろうか。
信雄は秀吉ほどメジャーではないので、「花戦さ」ほど罪はないと思うが。

大野智と鈴木亮平の殺陣というかアクションを観ただけで元は取れた感じである。

mg599
mg599さん / 2017年7月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 3 件)

息子たちもはまりました!

この連休に、中学生と小学生の息子を連れて、観賞しました。
私は2時間があっというまに感じるほど、見いってしまいました。アクションがすごいですが、女性でも前のめりになってしまうすごさです!ちなみに、となり女性もラストのアクションには身をのりだしてました。
中学生の息子は『ハマった!』と言い、『週1で見よう!』と言っていました(笑)
客層もさまざまで、邦画の楽しさを感じた良質な映画でした!夏におすすめの1本です。

ハルカス
ハルカスさん / 2017年7月17日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 8 件)

522件中、161~180件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報