パレードへようこそ

ALLTIME BEST

劇場公開日:

パレードへようこそ

解説

イギリスで実際にあった炭鉱労働者たちのストライキと同性愛者たちの友情を、カルチャー・クラブ、ザ・スミス、ブロンスキ・ビートといった1980年代のヒットナンバーにのせ、涙と笑いを交えて描く。84年、イギリスで起こった炭鉱労働者によるストライキ。そのニュースを見たマークは仲間たちと募金活動を始めるが、彼らがゲイやレズビアンであることを理由に、その申し出は炭坑組合からことごとく無視されてしまう。唯一受け入れてくれたウェールズ奥地の炭坑町へ向かうマークたちは、炭鉱労働者たちと協力を模索。町の人たちと深い友情で結ばれたマークたちは資金集めのコンサートを企画するが……。2014年・第67回カンヌ国際映画祭の監督週間で上映されクィア・パルムを受賞、第72回ゴールデングローブ賞の作品賞(ミュージカル/コメディ部門)にもノミネートされた。

2014年製作/121分/イギリス
原題:Pride
配給:セテラ・インターナショナル

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第72回 ゴールデングローブ賞(2015年)

ノミネート

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)PATHE PRODUCTIONS LIMITED. BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND THE BRITISH FILM INSTITUTE 2014. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.5重めのテーマを優れたユーモアセンスで軽やかに描く

2016年10月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

笑える

楽しい

WOWOWで録画したのを何気なく観始めたら、これが滅法面白くてびっくり。

まだLBGTという言葉もない80年代の英国で、ゲイやレズビアンの若者たちが偏見や誤解をなくそうと活動を始めたが、思うように成果がでない。テレビで炭鉱労働者のストを見て、社会的弱者同士で連帯しようと思いつく。

同性愛の仲間たちは支援金を募り、遠く離れた炭坑町に車で届けに行くんだけど、やっぱり田舎には偏見を捨てられない人も多くて、善意をあだで返すことも起きる。それでも、少しずつ、良い方向に変わっていく。

エンディングで説明があるように、これは実話に基づく映画。今はLBGTの権利が少しずつ認められてきたけど、昔のこうした苦労の積み重ねのうえに今があるんだな、と実感させられる。

有名どころはビル・ナイぐらいだけど、味のある俳優たちがたくさん出演。特に同性愛チームはそれぞれキャラが立っていて、いとおしくなる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
高森 郁哉

5.0社会的に偏見の目で見られていた同性愛者たちが、サッチャー政権下で苦...

2022年6月29日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

笑える

幸せ

社会的に偏見の目で見られていた同性愛者たちが、サッチャー政権下で苦しむ炭鉱夫を支援する。実話が元になっている。
アメリカでは同性愛者への偏見があったということを映画で知ったけど、イギリスでも同じように偏見があったのだなと。
そんな彼らがどんなに社会的にたたかれても立ち向かう姿に勇気がもらえる。
立ち向かう姿に人々が共感し、大きな力になり、人々がつくりあげるプラスの力は素敵だし、すごい。
作中で人生は短いという言葉。だからこそ人生をよりよくするため自分らしく幸せに生きていこうという気持ちになる。
暗くなるということはなく、明るくて楽しくストーリーが展開されていくので惹きこまれるし、観ていくうちにどんどん元気が出てくるようなそんな映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よっしー

5.0幸せの法則

2022年2月9日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

笑える

幸せ

情けは人の為ならず
 そして、ピンチはチャンス。転ばされたなら、それを使ってより高く跳べばいい。
そんな知恵を授けてくれる、笑って、憤慨して、ハラハラして、涙して。そして皆とパレードしたくなる。そんな映画。

 政治経済的には、手放しでサッチャー女史が悪とも言い切れないから複雑…。サッチャー女史も国を立て直すためにプライドかけてやっていたわけで…。

 それぞれのこだわり=己の生き方=プライドーLGBTであること、炭鉱夫とその家族であることーが、ずんずん胸に迫ってくる。オタクとか、今の世の中、ほとんどの人が何かしら抱えているこだわりに、胸を張っていいんだよと、背中を押されている気分になってくる。

予告にある「あなたたちがくれたのはお金だけではない。友情です(思い出し引用)」。クライマックスの言葉かと思っていた。ところがどっこい、前半のスピーチ。
 そこから、一転、二転…。ストーリーは大きく分けて、起承転結にきれいに収まっているのだが、”事実”を知らない私にはハラハラドキドキ、そして大笑い。ノリの良い音楽や「パンと薔薇」のような心にしみわたる歌等にのせて、グイグイ引き込まれる。
 彼らの連帯の敵は、炭鉱側にも、LGBT側にも、一般ピープルにもいて…。
 そのうえでのこのクライマックスとテロップで流れる後日談。ああ、一緒に歓喜のパレードしたくなる。

最高に勇気づけられる映画。
 日本の労働争議だと、自分たちの利益と権利の主張ばかりしか、耳にしないけれど、こういう連帯には胸が熱くなる。
 途中で、ジョーが母に「人生で最高の…」と語る場面があるけれど、こちらまで高揚してくる。

けれど、勢いだけの映画ではない。
何度も見返していると、カップルの在り方にもジーンとくる。
 「44年連れ添ったの。…あなたもそういう人を見つけて(思い出し引用)」と語るグウェン。レジー&レイやステラ&ゾーイがお互いを大切に思いながら寄り添う姿を見て、ご自身の亡くなったパートナーを思い出したようだ。
 いち早く、LGBTのメンバーを受け入れたダイには、彼を理解してくれている妻マーガレットがいる。
 自身が怪我してもそれよりもジョナサンを気遣うゲシン。そのジョナサンは、恐る恐る帰還したゲシンを気遣う。
 反対に、夫の尻ぬぐいばかりのゲイルの、中盤の言動がスカッとする。
 そして、シャンの変化に伴い、自身も変化していくマーティン。
 ジェンダーで規定されたような役割に対する投げかけ。男たちが座り込みに行っているからかもしれないが、組合員としてこの組合を切り盛りしているのが女性であるように見えるところも、面白い。

そして、もう一つの基軸。
 ゲシンの帰還。
 ジョーのアイデンティティの自覚。
 モーリーンの息子の変化。
  「人生は短い。無駄にしてはいけない」

役者では、スコット氏が賞をおとりになったそうだ。
けれど、彼だけではなく、称賛したい人がたくさん。
 ヘフィーナを演じるスタウントンさん。『ハリポタ』のあの教師の印象が強かったが、強気で自分の意見を押し付けるところは同じだけど、こんなおちゃめな方というのが可笑しい。賞受賞。
 クリフを演じるナイ氏の抑えた中でも燃え滾る闘志、でもしどろもどろな姿も素敵。
 ダイを演じるコンシダイン氏の実直さ、そして終盤のちょっと疲れの見える微妙な演技がすごい。
 ジョーを演じたマッケイ氏にも賞を進呈したい。最初の坊や坊やからの成長。彼を追うだけでも『プライド』という題にふさわしい。
 マークを演じるシュネッツァー氏は「君は本当に美しい」にはちょっと異論があるが、(ジェフを演じるフォックス氏がきれいすぎるから)、立ちふるまい・歩く姿は本当に美しい。受賞は逃したが、ノミネートされている。

「苦しい時、どこかで自分を思ってくれる人がいる。それが、力になる(思い出し引用)」
 そんな風に思ってくれる誰かと出会えたら、それだけで生きていける。そんな誰かが現れるような生き方をしないとな。
 でも、その前に、損得、見返りなしに、”誰か”を思う側になりたい。
 相手の幸せのために行動すること。受け入れてくれる人がいなくても続けること。そして、少しずつ増えていく、受け入れてくれる人。それが最高の時。
 そんなプライドを持って生きたい。
 そんな風に思った。

エイズ。幸いにして、感染経路もわかって、予防できる病気になった。そして完治こそ難しいが、状態によっては罹患してからの平均寿命も延びた。医学の発展に寄与している方々に感謝したい。

そして、マーク・アシュトン氏のご冥福をお祈りします。
 これだけの才能が若くして散ることが悔やまれてならない。もし、今ご存命なら、世界にどれだけのムーブメントを起こしていたのだろうか。
 予防法が判らなかったのだから仕方がないが、命を・自分を大切にしていただきたかった。

(映画の登場人物は敬称略。ごめんなさい)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とみいじょん

3.5マークは殺された

300さん
2021年12月22日
iPhoneアプリから投稿

2015年の作品。エイズは存在するものとして語られている。
現在アメリカの研究ではエイズは死に至る病気では無いと多数の論文が出ている。

治療薬=免疫低下を招く。
製薬会社も該当する薬が認可されるとは思わなかったという劇薬だ。

つい先週そんなアメリカの本について知った。
『The Lies of AIDS 』
日本語翻訳はまだ無い。
その前にこの映画を見ていたら、見る視点が違っていただろう。この映画で心が軽くなった自分はもういない。

この事実に衝撃を受けたタイミングに星4.5を付ける。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
300
すべての映画レビューを見る(全49件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る