パレードへようこそ

劇場公開日

  • 予告編を見る
パレードへようこそ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

イギリスで実際にあった炭鉱労働者たちのストライキと同性愛者たちの友情を、カルチャー・クラブ、ザ・スミス、ブロンスキ・ビートといった1980年代のヒットナンバーにのせ、涙と笑いを交えて描く。84年、イギリスで起こった炭鉱労働者によるストライキ。そのニュースを見たマークは仲間たちと募金活動を始めるが、彼らがゲイやレズビアンであることを理由に、その申し出は炭坑組合からことごとく無視されてしまう。唯一受け入れてくれたウェールズ奥地の炭坑町へ向かうマークたちは、炭鉱労働者たちと協力を模索。町の人たちと深い友情で結ばれたマークたちは資金集めのコンサートを企画するが……。2014年・第67回カンヌ国際映画祭の監督週間で上映されクィア・パルムを受賞、第72回ゴールデングローブ賞の作品賞(ミュージカル/コメディ部門)にもノミネートされた。

2014年製作/121分/イギリス
原題:Pride
配給:セテラ・インターナショナル

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第72回 ゴールデングローブ賞(2015年)

ノミネート

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)PATHE PRODUCTIONS LIMITED. BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND THE BRITISH FILM INSTITUTE 2014. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.5重めのテーマを優れたユーモアセンスで軽やかに描く

AuVisさん
2016年10月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

笑える

楽しい

WOWOWで録画したのを何気なく観始めたら、これが滅法面白くてびっくり。

まだLBGTという言葉もない80年代の英国で、ゲイやレズビアンの若者たちが偏見や誤解をなくそうと活動を始めたが、思うように成果がでない。テレビで炭鉱労働者のストを見て、社会的弱者同士で連帯しようと思いつく。

同性愛の仲間たちは支援金を募り、遠く離れた炭坑町に車で届けに行くんだけど、やっぱり田舎には偏見を捨てられない人も多くて、善意をあだで返すことも起きる。それでも、少しずつ、良い方向に変わっていく。

エンディングで説明があるように、これは実話に基づく映画。今はLBGTの権利が少しずつ認められてきたけど、昔のこうした苦労の積み重ねのうえに今があるんだな、と実感させられる。

有名どころはビル・ナイぐらいだけど、味のある俳優たちがたくさん出演。特に同性愛チームはそれぞれキャラが立っていて、いとおしくなる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
AuVis

3.5偏見や差別の無い社会へようこそ

近大さん
2019年9月13日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

幸せ

サッチャー政権下の1984年のイギリス。
炭鉱夫たちによるストライキ。
イギリスの労働者階級の実態を描いた作品には秀作多いが、本作はユニークな味付けが。
炭鉱夫たちを支援したある団体が居た。
“LGSM”=“レズとゲイの会”。
イギリスで実際にあった感動的な実話に基づく物語。

発案はストライキのニュースを見た一人のゲイの青年。
あれよあれよという間にゲイやレズたちの賛同者が集まる。
無論彼らの動機は、目立ちたいとか自分たちの立場を変えたいとか己の欲は皆無で、ただ何かの力になりたいってだけ。
本当に純粋な善意。
でも、それが通じない世の中。何故なら、アイツらはゲイやレズ連中だから。
支援して貰ったりすれば、笑い者になるし、ヘンな関係でもあるんじゃないかと思われる。
せっかく集めた基金もことごとく断られ、LGSMの活動はなかなか進展せず。

そんな時、ウェールズ地方の炭鉱町から初めての受け入れが。
早速赴く。
のどかな田舎町。代表者は実はゲイとレズの活動団体とは知らなかったそうだが、それでも彼らの善意を受け入れてくれた。
見知らぬ人たちからの好意は何と心強い。
…が、全員がそうではない。
まるでバケモノかビョーキを見るような目、目、目…。
偏見と言われても、これが現実だ。
町では、受け入れる側と断固とした偏見/差別側で対立。
LGSMの面々は、支援を受け入れてくれたお礼として、コンサートを行うが、言うまでもなく町や個人個人にひと波乱が…。

紳士の国と言われるイギリスだが、こんなにもゲイやレズへの偏見/差別が強いとは…。
そういや、『イミテーション・ゲーム』のアラン・チューリングの事を思い出した。その昔、イギリスでは同性愛は罪に問われた事を…。

まだまだ寛容が薄かった時代。
抵抗は勿論あっただろう。
が、ひと度知り合えば…。
ノーマルな人たちより優しさや人間味に溢れている。
社会に虐げられる辛さや悲しみ、苦しみを知っているから。
そんな経験をした人たちは、決して他人に同じような仕打ちはしない。
それが、“人”ってもんだ。

中盤のコンサートでの合唱が心に残る。
皆の交流が深まったと言える瞬間。
劇中彩る80年代のヒット・ナンバーも魅力。
イメルダ・スタウントン、ビル・ナイらベテランの好助演。
シリアスになりがちな題材を扱いながらも、ユーモアで包み、この交流や友情を温かく。

偏見や差別の無い社会へ。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 3 件)
近大

4.0信念を持って戦うことのカッコ良さ

2018年10月26日
PCから投稿

自分が今していることに、本当に納得し満足しているのかを問いかけられたような感覚。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
宮西瀬名

5.0映画館で見ればよかった

2018年7月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

すごく良かった。映画館で見ておけばよかったと、大後悔。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
三月☆うさぎ
すべての映画レビューを見る(全42件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る