劇場公開日 2015年4月4日

  • 予告編を見る

パレードへようこそのレビュー・感想・評価

4.043
35%
53%
10%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全43件中、1~20件目を表示

4.5重めのテーマを優れたユーモアセンスで軽やかに描く

2016年10月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

笑える

楽しい

WOWOWで録画したのを何気なく観始めたら、これが滅法面白くてびっくり。

まだLBGTという言葉もない80年代の英国で、ゲイやレズビアンの若者たちが偏見や誤解をなくそうと活動を始めたが、思うように成果がでない。テレビで炭鉱労働者のストを見て、社会的弱者同士で連帯しようと思いつく。

同性愛の仲間たちは支援金を募り、遠く離れた炭坑町に車で届けに行くんだけど、やっぱり田舎には偏見を捨てられない人も多くて、善意をあだで返すことも起きる。それでも、少しずつ、良い方向に変わっていく。

エンディングで説明があるように、これは実話に基づく映画。今はLBGTの権利が少しずつ認められてきたけど、昔のこうした苦労の積み重ねのうえに今があるんだな、と実感させられる。

有名どころはビル・ナイぐらいだけど、味のある俳優たちがたくさん出演。特に同性愛チームはそれぞれキャラが立っていて、いとおしくなる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
高森 郁哉

5.0最高❕

2020年6月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

興奮

とにかく観て❕

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あかちゃん

3.5偏見や差別の無い社会へようこそ

近大さん
2019年9月13日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

幸せ

サッチャー政権下の1984年のイギリス。
炭鉱夫たちによるストライキ。
イギリスの労働者階級の実態を描いた作品には秀作多いが、本作はユニークな味付けが。
炭鉱夫たちを支援したある団体が居た。
“LGSM”=“レズとゲイの会”。
イギリスで実際にあった感動的な実話に基づく物語。

発案はストライキのニュースを見た一人のゲイの青年。
あれよあれよという間にゲイやレズたちの賛同者が集まる。
無論彼らの動機は、目立ちたいとか自分たちの立場を変えたいとか己の欲は皆無で、ただ何かの力になりたいってだけ。
本当に純粋な善意。
でも、それが通じない世の中。何故なら、アイツらはゲイやレズ連中だから。
支援して貰ったりすれば、笑い者になるし、ヘンな関係でもあるんじゃないかと思われる。
せっかく集めた基金もことごとく断られ、LGSMの活動はなかなか進展せず。

そんな時、ウェールズ地方の炭鉱町から初めての受け入れが。
早速赴く。
のどかな田舎町。代表者は実はゲイとレズの活動団体とは知らなかったそうだが、それでも彼らの善意を受け入れてくれた。
見知らぬ人たちからの好意は何と心強い。
…が、全員がそうではない。
まるでバケモノかビョーキを見るような目、目、目…。
偏見と言われても、これが現実だ。
町では、受け入れる側と断固とした偏見/差別側で対立。
LGSMの面々は、支援を受け入れてくれたお礼として、コンサートを行うが、言うまでもなく町や個人個人にひと波乱が…。

紳士の国と言われるイギリスだが、こんなにもゲイやレズへの偏見/差別が強いとは…。
そういや、『イミテーション・ゲーム』のアラン・チューリングの事を思い出した。その昔、イギリスでは同性愛は罪に問われた事を…。

まだまだ寛容が薄かった時代。
抵抗は勿論あっただろう。
が、ひと度知り合えば…。
ノーマルな人たちより優しさや人間味に溢れている。
社会に虐げられる辛さや悲しみ、苦しみを知っているから。
そんな経験をした人たちは、決して他人に同じような仕打ちはしない。
それが、“人”ってもんだ。

中盤のコンサートでの合唱が心に残る。
皆の交流が深まったと言える瞬間。
劇中彩る80年代のヒット・ナンバーも魅力。
イメルダ・スタウントン、ビル・ナイらベテランの好助演。
シリアスになりがちな題材を扱いながらも、ユーモアで包み、この交流や友情を温かく。

偏見や差別の無い社会へ。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 3 件)
近大

4.0信念を持って戦うことのカッコ良さ

2018年10月26日
PCから投稿

自分が今していることに、本当に納得し満足しているのかを問いかけられたような感覚。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
宮西瀬名

5.0映画館で見ればよかった

2018年7月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

すごく良かった。映画館で見ておけばよかったと、大後悔。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
三月☆うさぎ

1.05点をつけないと後ろ指をさされそうなテーマ

(;´ρ`)さん
2018年4月15日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

同性愛者の権利という、5点をつけないと後ろ指をさされそうなテーマですが、私は人目を気にしない馬鹿なので1点をつけます。
1点を付けたからといって別に同性愛者は嫌悪はしてません。単に演出や構成も下手で良質なエンタメとはいえず、つまらないから1点です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
(;´ρ`)

4.5人生は短い。誇りを持って生きるということ。

ゆきさん
2017年11月17日
スマートフォンから投稿

泣ける

笑える

ストライキを起こす炭鉱労働者たちと同性愛者たちの友情を実話を元に描く。

キャラクター一人一人が愛らしい。きっともっと重々しく描くこともできた題材を人と音と服が鮮やかな色付けをしてくれてとても観やすい作品でした。
人を変えられるのは人だ。

自分を勇気つけたい時にまた観たい一作に出会いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆき

5.0めちゃくちゃに泣けた 炭鉱のおばちゃんたちが暖かく強くてグッとくる...

こなさん
2017年7月3日
iPhoneアプリから投稿

めちゃくちゃに泣けた
炭鉱のおばちゃんたちが暖かく強くてグッとくる
こんな生き方がしたい!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
こな

5.02回目も泣けた〜!

2017年7月2日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

泣ける

楽しい

幸せ

単館モノだったから、わざわざ新宿か銀座まで行って観た時もエライ感動したのに、レビューを残してなかったので、地上波オンエアきっかけでまた観ました。

やっぱり名作は何度観ても泣けますわ〜…>_<…。最後のパレードが素晴らしかったし、性的マイノリティ達の優しさと勤勉さ。あの集めたお金を見たら、誰だって文句言えないでしょ。

21歳のジョーの誕生日のシーンもいいな。あの子、「はじまりの旅」でしっかり者のお兄ちゃん役やってた時も引き込まれたなぁ。

80sはラジオ番組でもしょっちゅう特集されてるくらい、日本人の大好物な時代、あの時のカラフルな感じもしっかり伝わる、キュンキュンさせる映画でした。

マイノリティの強さと団結する温かさを感じたい方に強くお勧めします。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
ゆ~きち

5.0手をつなぐ

Megumiさん
2017年3月3日
iPhoneアプリから投稿

同性愛者の若者達と炭鉱労働者が手をつないだ時、世界も変えてしまいそうなほどのパワーが生まれる。作中に流れる音楽や村のおばちゃん達の明るさも相まって、重めの題材なのにパワフルに、かつ爽やかに物語が進んでいく。村人たちと親しくなるきっかけのダンスシーンが気持ちいい!あの合唱シーンはいちばんの見どころだろう。
そして、偏見が完全になくなったわけではないことをきちんと描いているのがこの作品のすごいところ。分かり合えない人もいる、でもいつか・・・と思わずにはいられない。
ラストの「行進」は、涙が止まらなかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Megumi

3.5ウェールズの女たち

2016年8月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

幸せ

主要な登場人物をバランス良く描写し、特にウェールズの女性がお婆ちゃん集団が魅力的だった。

炭坑夫の男たちは頑固で基本的に詰まらない思考な連中で女たちは理解があって頭の柔らかい逞しい感じが素敵。

悲惨な描写が無く結構スムーズに描かれているが人が他人の為に人間は優しい生き物だとシンプルに思える作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

5.0●皆さんがくれたのは、お金ではなく、友情です。

2016年7月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

笑える

幸せ

やられた完全に。油断した。最後の最後で号泣だ。後半、内部分裂が起こって、正直すこし間延びしかけて、どう終わるんだろって思ってたら。
これが実話ってのが、またひっくり返る。ダビデとゴリアテ。ゲイ&炭鉱労働者とサッチャー。うーん。ゲイが出てくる映画の質の良さよ。最近みる映画は、マイノリティ系がホントいい。”Victory to the minors!!”やっぱマイナーはよい。半官びいきなのだ。"Bread and Roses”を歌い出すくだりは最高。

「皆さんがくれたのは、お金ではなく、友情です」

歴史とは勝者が築き上げたもの。長らくゴリアテの成果が教科書に載ってきた。サッチャーはたしかにスゴイ。しかし民衆の時代は加速する。その裏で虐げられたゲイと炭鉱労働者。ネットや映画で弱者に光があたる。
なんて難しい話の前に、行動した人たちを単純に尊敬する。ゲイのマークが炭鉱労働者を救おうとする、その心意気。その視野の広さ。スゲエ。人として。世が世なら大革命家だ。ベクトルが違うだけで、間違いなく彼は歴史を変えた。ゲイに募金されても・・・って、ウェールズの生粋の炭鉱労働者が拒絶するのも理解できる。そこを乗り越える両者は、真の目的をしっかりもってブレない。

どの時代も、どの組織も、抵抗勢力はいる。これを乗り越える力強さ。人知れぬ彼らの想いが歴史をつくる。炭鉱労働者は、その恩を決して忘れない。偏見なんて吹き飛ばす。
役者たちもいい。個人的には、シアン・ジェイムズ役のジェシカ・ガニングが好きだ。思ったより'80songはイギリス系中心だったけど、リーゼントたちが時代背景を物語っていて、それはそれで好きだ。原題がParadeでなくPrideなのは、ゲイ・プライドを意識してるからだと思う。邦題は微妙にみえるけど、ラスト観るとこれはこれでアリかなと。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
うり坊033

4.0連帯は大事

素子さん
2016年5月22日
iPhoneアプリから投稿

炭鉱組合と同性愛の若者の友情。とても愉快に描かれてる一方、社会的メッセージもちゃんと含まれている。協力する心、実に素晴らしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
素子

5.0闘うゲイとレズビアン

kenshuchuさん
2016年4月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kenshuchu

4.0イギリスはやはり先を行く

Sheetaさん
2016年4月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

日本人には馴染みのない動機。どうしてテレビ見て突然炭坑夫
たちのために募金だ!なんて立ち上がれるのか。どうも共感薄だなーっ、なんて観ていたが、そう思うとこからすでに、自分は遅れているのだと気づくことになる。ああいう青年たち、中高年たちのバイタリティーを日本人ももっと持たなきゃいかんのだな、と痛感。実話というんだから、なおのこと訴えてくるものがあった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Sheeta

4.5誇りを持って生きている人は美しい

とえさん
2016年4月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

1984年サッチャー政権下での炭鉱ストライキで炭鉱夫たちを支えたのは、レズビアンとゲイの支援団体だったという話。

どちらも国から見放され、虐げられているという思いは一緒だという思いから始めた支援運動。

彼らの心の交流にすごく感動した映画だった。

たとえ、どんな人生を生きていても、誇りを持ち、自分らしく生きている人は素晴らしい

そう思い、元気になれる映画。

笑って泣いて楽しめるオススメの作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とえ

4.0見知らぬ友

ミカさん
2016年1月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

幸せ

自分と違う生き方や考えを持つ人に対して、人は懐疑的になります。そしてそれは時として「差別」や「排他」に繋がります。でも、「私」を苦しめているのは本当に彼らなのでしょうか。苦しみを生み出す本質に気がついていないのは、「私」なのではないでしょうか。

そして、苦しみを生み出している本質と戦う時に「私」は誰に応援して貰えば良いのでしょうか。

それは、自分とは違う生き方考え方の「見知らぬ友」そのまた「見知らぬ友」かもしれません。「見知らぬ友」とお互いが抱える苦しみを共有し「私」が「私達」となる時に、応援は応援ではなくなり、変革になるのです。

私も「見知らぬ人」を増やすのではなく、「見知らぬ友」を世界中に増やしたい、そう思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ミカ

4.0やっぱり炭鉱ものにハズレはない…

chibirockさん
2015年11月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

幸せ

炭鉱ものは絶対観てしまいますが、これも良かった〜。
展開は読めるけど、読めてもじんわりきてしまいます。
強い偏見もってたって、魅力的なものには人間惹かれて
しまうもんで…ジョナサンのディスコ・リバイバルは圧巻!

ビル・ナイが好きなのですが、また、これが
いい味出して…。
終盤で、食パンを延々と切るシーンがお気に入りです。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 0 件)
chibirock

3.0嘘のようで本当の話。 ラストエンディングでこの人の今は…みたいなの...

いづみさん
2015年11月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

嘘のようで本当の話。
ラストエンディングでこの人の今は…みたいなのがながれますが、実話だけに感心させられます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いづみ

4.0歴史を知る

2015年11月5日
iPhoneアプリから投稿

久々にDVDを購入。1984年に起こったロンドンのゲイたちが炭鉱労働者を支援をするためにLGSM(レズ・ゲイによる炭鉱夫支援グループ)を結成する実話。困難に立ち向かう者同士が目的は違えど手を取り合い理解しあい、水と油が混ざっていく様が素晴らしく感動し、心がほくほくして涙がとまらんかった。排除するのは簡単なこと。受け入れて理解しあっていくことが素晴らしい。
無知な自分が恥ずかしく、サッチャリズムについても学ばねばと思いました。
感動させようとするのではなく、現実の厳しさもところどころできっちり描いているところがとてもいい。
常識が正解だなんて限らない。自分の思いや生き方を貫いて生きることは素晴らしいと教えてくれる映画。
大好きなザ・スミスやカルチャークラブにヒューマンリーグ、デッド・オア・アライブにソフト・セルが劇中では流れ続けて音楽も最高!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kuronelius
「パレードへようこそ」の作品トップへ