花とアリス殺人事件
ホーム > 作品情報 > 映画「花とアリス殺人事件」
メニュー

花とアリス殺人事件

劇場公開日

解説

岩井俊二監督が初の長編アニメーション監督に挑んだ作品で、2004年に公開された実写映画「花とアリス」の前日譚となる物語。前作で主人公の2人を演じた鈴木杏と蒼井優がそのまま今作でも声優を務め、2人の少女の出会いを描いた。石ノ森学園中学校へ転校してきた中学3年生の有栖川徹子(アリス)は、1年前の3年1組で起こった「ユダが、4人のユダに殺された」という奇妙な事件の噂話を耳にする。アリスの隣の家は「花屋敷」と呼ばれ、近隣の中学生に怖れられていたが、そこに住むハナという人物がユダについて詳しいはずだと教えられたアリスは、花屋敷に忍び込み、そこで不登校のクラスメイト・荒井花(ハナ)と出会う。

スタッフ

監督
原作
岩井俊二
脚本
岩井俊二
製作
中山良夫
岩井俊二
古田彰一
遠藤茂行
水口昌彦
都築伸一郎
ゼネラルプロデューサー
奥田誠治
エグゼクティブプロデューサー
門屋大輔
高橋望
企画
岩井俊二
石井朋彦
プロデュース
岩井俊二
石井朋彦
プロデューサー
岩佐直樹
水野昌
アニメーションプロデューサー
川瀬毅
CGディレクター
櫻木優平
ロトスコープアニメーションディレクター
久野遥子
色彩設計
片山由美子
美術監督
滝口比呂志
実写撮影監督
神戸千木
音楽
岩井俊二
ヘクとパスカル

キャスト(声の出演)

作品データ

製作年 2015年
製作国 日本
配給 ティ・ジョイ
上映時間 100分
映倫区分 G
ハッシュタグ

#花とアリス殺人事件

オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

思春期に出会った花とアリスの、奇妙なバランスの信頼関係をアニメ化
花とアリス殺人事件の映画評論・批評

人と友達になる瞬間というのは覚えていないものだ。「花とアリス殺人事件」は、岩井俊二が2004年に原作・脚本・監督を務めた「花とアリス」のスピンオフ・アニメで、花とアリスが出会う前から始まる物語。犬同士が遊ぶ時、彼らはただ走り回る。じっ...花とアリス殺人事件の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全36件)
  • 絵のタッチ 緩やかな感じがとても好き 面白いストーリー ただし絵の好き嫌いがでる ...続きを読む

    ニア・ロベッカ ニア・ロベッカさん  2019年2月13日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 実写の方がやっぱりいいか。 「花とアリス」が面白かったので、これを見ましたが、うーん。前日譚として楽しめたけど、映像とか、動きとか、うーん。全体的にちょっと残念。タクシーの運転手、関係ないおじさんも良かったなぁ。人やストー... ...続きを読む

    Kentaro Kentaroさん  2019年1月20日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 鉄腕タクシーの牛腸太郎 実写「花とアリス」の主演2人がそれぞれ本人役の声優をして、いかにして友情が芽生えたのかを丁寧に描いた作品。 背景がとても綺麗で、光の反射や屈折が細かく表現されている。リアルな部分はとことんリアル... ...続きを読む

    yonda? yonda?さん  2018年10月17日  評価:5.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

「花とアリス」シリーズ関連作品

他のユーザーは「花とアリス殺人事件」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報