レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー
レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー
9%
20%
49%
11%
11%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ブロック玩具「レゴ」をモチーフに、2011年からアメリカ、デンマークなどで放送され、日本でも人気のテレビアニメシリーズの映画版。平和なニンジャゴーシティに、悪の支配者・ガーマドンが手下とともに街を破壊しにやってきた。師匠のウー先生に率いられた、伝説の若きニンジャ・ロイドは、仲間のカイ、ジェイ、コール、ゼン、ニャーとともにニンジャゴーシティを守るため、ガーマドンたちに立ち向かう。英語オリジナル版ではジャッキー・チェンがウー師匠の声を担当しているほか、「グランド・イリュージョン」のデイブ・フランコ、「アントマン」「フューリー」のマイケル・ペーニャらが声優出演。吹替え版は、アニマックスおよびテレビ東京系列で放送されていたテレビアニメ版と同じキャストが担当する。

2017年製作/100分/G/アメリカ
原題:The Lego Ninjago Movie
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

3.5面白かった~👍

2020年2月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

楽しい

以前、テレビで子供向けの番組を見ていた時も面白いなと思っていたが、ストーリーは、単純であるが、キャラクターや建物や登場する一つ一つのものが、レゴで素晴らしく出来ていてそれが、動くことが人形劇やアニメのようなミニチュアのような、ワクワクとする楽しさがあった。子供の時、単純に人形劇やペープサートや絵本を見て喜んでいた自分のように、今の子供たちにも、何か感じるものがあると良いなあなどと思ってしまう作品でした!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キャンディーちゃん☆

3.0前半は良かった!!

2018年9月11日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

寝られる

ニンジャなのに中国じゃん!!というのはすぐ慣れました。大きなレゴシティの中で沢山のメカで存分に遊ぶ前半の感じは凄く良かったです。中盤からの親子劇、最終兵器で引っ張り過ぎなのは微妙でした。一応戦隊ものなのに仲間達がパッとしませんでした。前々作の山ちゃんの二役、前作の小島よしおとジョーカーの吹き替えは耳障りでしたが、今回は引き換えのバランスは良かったと思います。アメリカ人はイギリス人と混同されると物凄く怒ると思うのですが、本作みたいなのは中華系が進んでやっているのではないでしょうか。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
𝔄𝔫𝔤𝔢𝔩𝔬

4.0ニンジャだけどカンフーとメカアクションと親子問題

2018年8月28日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
スノークの息子

2.5ニンジャとカンフーを同じにしとけばアメリカ人は皆喜ぶ

近大さん
2018年4月5日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

単純

同名TVアニメシリーズの劇場版。
どうやら『LEGOムービー』『レゴバットマン』に続くシリーズ第3弾って位置付けではないようだが、同関連作である。

TVシリーズは見た事ないけど、レゴムービー前2作は見ている。と言うか、かなり好きだ。
ゴキゲンで全く新しいアニメであった『LEGOムービー』。
バットマンをシュールに描いた『レゴバットマン』。
今回も楽しみにしていた。

平和なニンジャゴーシティを狙う悪の帝王、ガーマドン。
立ち向かうは、6人のニンジャ!

レゴならではのユニークな表現。
ニンジャ、戦隊ヒーロー物、ロボット、ガーマドンの鎧武者スタイル、突如ニンジャゴーシティに現れた巨猫、その名は…などの日本要素。
数々のパロディ。
今回も楽しいのは楽しい。
でも、前2作の面白さには遠く及ばなかった。

今回、何だか話がイマイチ面白くなかった。
6人のニンジャの一人、グリーン・ニンジャことロイドとガーマドンは、何と親子!
ガーマドン以外周知の事。よって、ロイドは街の嫌われ者。
悪党の父に複雑な感情を抱きながら、街を守っている。
この設定を活かし、これまで同様一捻りしたストーリー展開になるのかと期待するも、そうでもなく。
予定調和的な父子和解の話に収まってしまっている。

それから、他の方も指摘してる通り終始違和感拭えなかったのが、
本作ってニンジャが題材だよね?
なのに、何なんだろう、この、香港カンフー映画風は…。
往年のカンフー映画風のワーナーのロゴマークや冒頭と最後のジャッキー・チェン、EDのNG集は嬉しいファンサービス。
でもこれじゃあ完全にカンフー映画。ジャッキーが声を担当したニンジャの師匠もウーだし…。

ニンジャもカンフーも、日本も香港や中国も、結局ハリウッドから見れば同じ。
他人の国の歴史や伝統なんてどーだっていい。
レゴアニメにして、カンフーやジャッキーを引っ張り出して、ニンジャにしとけば、アメリカ人は皆喜ぶ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「LEGO(R) ムービー」シリーズ関連作品