米ワーナー・ブラザース、映画版「トムとジェリー」「スクービー・ドゥー」を準備 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年10月22日 > 米ワーナー・ブラザース、映画版「トムとジェリー」「スクービー・ドゥー」を準備
メニュー

米ワーナー・ブラザース、映画版「トムとジェリー」「スクービー・ドゥー」を準備

2018年10月22日 14:00

実写とアニメのハイブリット作品として構想「スモールフット」

実写とアニメのハイブリット作品として構想
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ワーナー・ブラザースが傘下のワーナー・アニメーション・グループと共同で、「トムとジェリー」や「スクービー・ドゥー」の長編映画を準備中であると米バラエティが報じた。

ワーナーは、「LEGO(R ムービー)」(2014)の製作をきっかけに、13年にワーナー・アニメーション・グループを設立。以来、「コウノトリ大作戦!」「レゴバットマン ザ・ムービー」「レゴ ニンジャゴー・ザ・ムービー」「スモールフット」などのアニメ映画を手がけてきた。現在は往年のテレビアニメを新たなヒットシリーズにしようと画策しており、複数の映画企画を準備中。ネコとネズミのドタバタ劇として知られる「トムとジェリー」は実写とアニメのハイブリット作品として構想を練っており、「ファンタスティック・フォー 超能力ユニット」などで知られるティム・ストーリー監督が契約交渉に入っているという。

また、「ルーニー・テューンズ」の人気キャラクターたちと米NBAのスター選手マイケル・ジョーダンが共演した「スペース・ジャム」の続編を、現在のスター選手であるレブロン・ジェームズ主演で企画しており、こちらは「ブラックパンサー」のライアン・クーグラー監督がプロデューサーを務めることになっている。さらに「ルーニー・チューンズ」の人気キャラクター、ワイリー・コヨーテを主人公にした「コヨーテVSアクメ(原題)」も準備中で、これらはすべて実写とアニメとの合成になる予定だ。

一方、アニメ映画として新たな「スクービー・ドゥー」も始動しており、こちらは「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」などで知られるクリス・コロンバス監督が製作総指揮として関わっている。さらに、「宇宙家族ジェットソン」や「原始家族フリントストーン」といった往年のアニメ番組も長編アニメ化の準備が行われているという。

「ハリー・ポッター」シリーズとDC映画という2枚看板を抱えるワーナーは、往年のアニメを題材にした映画作品を新たな柱に加えようとしている模様だ。

(映画.com速報)
LEGO(R)ムービー Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] LEGO(R)ムービー Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,080 世界で幅広く親しまれている玩具「レゴ」を題材にした3Dアニメーション。
コウノトリ大作戦![Blu-ray/ブルーレイ] コウノトリ大作戦![Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,080 コウノトリが赤ちゃんを運んでくるという寓話をベースに、コウノトリの宅配便会社の騒動を描いた冒険アニメーション。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi