レゴバットマン ザ・ムービー

劇場公開日

レゴバットマン ザ・ムービー
22%
53%
20%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ブロック玩具の「レゴ」を題材に描いた大ヒット3Dアニメ「LEGO(R) ムービー」に登場したバットマンを主人公に描くアドベンチャーアニメ。寂しがり屋のくせに強がる面倒くさいヒーロー、バットマン。そんな彼のもとに、バットマンに憧れるロビンこと少年ディックがやってくる。ロビンのせいでペースを乱されるバットマンだったが、さらにそこへ、宿敵ジョーカーが宇宙に閉じ込められていた悪者たちを脱走させ、ゴッサムシティを混乱に陥れる事態が発生。街のピンチを救うため、凸凹コンビのバットマン&ロビンは立ち上がるのだが……。前作「レゴ(R) ムービー」に引き続きウィル・アーネットがバットマンの声優を務め、宿敵ジョーカー役はザック・ガリフィアナキス、相棒ロビン役はマイケル・セラ、バッドガール役はロザリオ・ドーソン、執事アルフレッド役はレイフ・ファインズがそれぞれ担当。前作でアニメーション共同監督を務めたクリス・マッケイが監督。

2017年製作/105分/G/アメリカ
原題:The LEGO Batman Movie
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21
  • 画像22

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

映画レビュー

4.5バットマン映画の集大成にして決定版。

村山章さん
2017年4月28日
PCから投稿

笑える

楽しい

興奮

バットマンというキャラは両親を強盗に殺されたトラウマから犯罪者を憎悪し、夜な夜なコウモリの格好で悪党をボコってまわる。しかも大富豪だから地下の秘密基地に絶対違法な武器や乗り物を蓄えている。警察も黙認状態で、たまに執事がたしなめる以外、当人の暴走にストッパーがかからない。

これまでのバットマン映画の多くは、上の設定を踏まえてバットマンをある種の狂人として描いてきた。ただ対する悪役のキャラが濃すぎて、気がつけば主人公であるバットマンが目立っていないという罠に陥りがちだった。いや、罠というか、それはそれでバットマン映画の味わいだったが。

ただ、「レゴバットマン」はそんなバットマンの特性や歴史をすべて踏まえた上で、敢えてバットマンを一番の主人公として描き、そのこんがらがった内面にフォーカスしている。笑えるネタ満載だし、エキサイティングで面白いし、バットマン映画の集大成で決定版という無敵の作品である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
村山章

3.0明るいバットマン

kossyさん
2021年8月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 刑務所に入れられたジョーカーたち。バットマンはその行為に何か悪だくみがあると感じ、スーパーマンからプロジェクターを盗み出して彼らをファントム・ゾーンに送り込んだ。そして一気にゴッサムシティを破壊しようと舞い戻ってくるのであった。

 コミカルなバットマン。ディックはロビンと名乗り、バーバラも執事アルフレッドも悪者と戦うことになるのだが、子供向けなのに楽しめる。バットマンの暗さを皮肉って、明るくしようとする仲間たちの奮闘ぶりが痛快。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy

4.0子供の玩具を使った大人向けパロディ 秀逸

2021年4月26日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

LEGO・スターウォーズのあまりの出来栄えのよさに、LEGOシリーズに興味を持ち、「LEGOムービー」にはちょっとガッカリもしたりしましたが、LEGO・ブロックを使ってここまでの表現を可能にするというレベルの映画はとっくに超越しています。

少なくとも、「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」というビッグ・バジェットの映画に比べても、ストーリーの面白さ、キャラクターの魅力、効果的な音源の使用、原作に対するリスペクト、さらにはバット・モービルを始めとする特徴的なメカに至るまで、何ひとつ劣っていないという奇跡の出来栄えです。

むしろこちらを正編として「ジャスティス・リーグ」を立ち上げて欲しいほど、映画としては面白いものに仕上がっています。

不満らしい不満といえば、「LEGO」である必然性をもうとっくに超越してしまっているということ。申し訳程度に、LEGOならではのギャグが入っていたりしますが、子供のおもちゃを使った遊びの領域はあきらかに踏み越えています。

スーパーマンやバットマン、グリーンランタン、ワンダーウーマン、フラッシュ他、DCのヒーローたちが生き生きと暴れまわっています。
ロビンの存在感もいいアクセントになっているし、ジョーカー、レックス・ルーサー、キャット・ウーマン、トゥー・フェイス、ペンギン、リドラー他、個性的なヴィランたちも上手く配してあります。

これだけの要素を詰め込んで、ストーリーを上手くアレンジしたので、好評を博したのでしょう。このシリーズは、「ジャスティス・リーグ」として、続編が次々にリリースされています。

マーベル作品に押され気味なDCですが、この映画は良く作りこんであって楽しめました。

2016.8.1

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ

3.0ギャップがすごい

2020年3月8日
PCから投稿

ダークナイトとかを見た後だとギャップが凄く感じる。

特にジョーカーのキャラ。

養子の男の子が小島よしおのノリをするのが寒かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
宮西瀬名
すべての映画レビューを見る(全66件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「LEGO(R) ムービー」シリーズ関連作品