DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?

劇場公開日

DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

人気アイドルグループ「AKB48」の活動の裏側に迫ったドキュメンタリーシリーズの第4弾。2014年6月の大島優子卒業を前に、大きな岐路に立たされているグループの13年1月~14年6月の活動に密着。かつてない規模でのメンバーの移籍や兼任が発表され、波乱を呼んだ14年2月の大組閣祭りや、荒天で延期となってしまった14年3月の国立競技場コンサートでの大島の卒業セレモニー、そして14年6月の第6回選抜総選挙の3大イベントを軸に、芸能界のメインストリームを走り続ける少女たちの姿を活写。指原莉乃が1位になった13年の第5回選抜総選挙も含まれるため、シリーズ史上初めて、2回の選抜総選挙が描かれる。監督はシリーズ前2作を手がけてきた高橋栄樹。

2014年製作/120分/G/日本
配給:東宝映像事業部

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2014「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会

映画レビュー

2.0優子卒業、握手会傷害事件、背骨のたかみな

mimiccuさん
2018年6月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽屋端の廊下で小さく固まる15期、ドラフト生。選抜指原に誉められて嬉し泣きをする前田美月。移籍を即受け入れた佐藤すみれと家庭の事情で断らざるを得なかった岩田華怜。負担をかけた残酷ショーの側面をもったAKBが飽和状態に達した2014大組閣。震災から3年目の被災地訪問。大箱のパフォーマンスの酷さを火花やフライングの演出と素早いカメラのカットで誤魔化してる印象。小嶋真子のほのぼのアイドルオーラ。四六時中カメラがあると、何でもないときでも扇情的な空気が流れてるのではないかと思ってしまう。仲間が弱ってるとき、緊急時のとき、AKBとして表に立たなければならないとき全てに、屋台骨としてのたかみなの存在の凄まじさが際立っていた。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
mimiccu

2.5良くも悪くも大島さん

2014年8月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

舞台挨拶がみれると聞いてこのたタイミングで見ました。

あの事件のことにも触れていますが
メインは大島さんの卒業について
組織に与える影響はデカイだなと感じさせるものでした。
卒業だけで一本出来るなと

ドキュメントだから初めからそう言う作品なんでしょうけど
観終わってから自分の中には何も残らなかった作品

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とやひろ

4.0輝ける場所

Makotoさん
2014年7月16日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Makoto

5.0ただいま 二回目

2014年7月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
やまぞう
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「DOCUMENTARY of AKB48」シリーズ関連作品

「DOCUMENTARY of」シリーズ関連作品

他のユーザーは「DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?」以外にこんな作品をCheck-inしています。