海難1890

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
海難1890

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

日本とトルコの友好関係の礎となったエルトゥールル号遭難事件を題材に、日本・トルコ合作で映画化したヒューマンドラマ。1890年9月、オスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号が和歌山県沖で座礁し、乗組員618人が荒れ狂う海へと投げ出された。500人以上もの犠牲者が出る中、地元住民の懸命な救助活動によって69人の命が救われ、トルコへ帰還。この事件をきっかけに、日本とトルコの間に厚い友情が結ばれることとなった。そして1985年、イラン・イラク戦争で緊張が高まるテヘランに日本人215人が取り残され、日本大使館はトルコに救出を依頼する。「家路」「臨場」の内野聖陽が、エルトゥールル号乗組員の介抱に奔走する医師役で主演。ヒロイン役の忽那汐里はそれぞれの時代に生きる女性を1人2役で演じた。監督は「利休にたずねよ」「化粧師 KEWAISHI」の田中光敏。

2015年製作/132分/G/日本・トルコ合作
配給:東映

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
企画
田中光敏
脚本
小松江里子
製作
須藤泰司
木下直哉
間宮登良松
中村理一郎
薮下維也
近藤哲
木本敬巳
吉村和文
西本博嗣
松田陽三
沖中進
広田勝己
岸本一朗
本間雅之
板倉均
エグゼクティブプロデューサー
村松秀信
プロデューサー
天野和人
大原詔久
大谷亮介
小沢禎二
冨永理生子
撮影監督
永田鉄男
撮影
会田正裕
美術
花谷秀文
編集
川島章正
録音
松陰信彦
整音
松陰信彦
音響効果
柴崎憲治
音楽プロデューサー
津島玄一
音楽
大島ミチル
特撮監督
佛田洋
VFXスーパーバイザー
野口光一
監督補
井上隆
脚本協力
井上隆
製作統括
木次谷良助
キャスティングプロデューサー(日本ユニット)
福岡康裕
照明(日本ユニット)
安藤清人
助監督(日本ユニット)
中川裕介
進行主任(日本ユニット)
中森幸介
製作担当(日本ユニット)
清水圭太郎
キモノデザイナー(日本ユニット)
斉藤上太郎
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第39回 日本アカデミー賞(2016年)

ノミネート

優秀作品賞  
優秀監督賞 田中光敏
優秀脚本賞 小松江里子
優秀主演男優賞 内野聖陽
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)2015 Erutugrul Film Partners

映画レビュー

3.5日本とトルコの友好関係の礎となったエルトゥールル号遭難事件を題材に...

2019年9月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

日本とトルコの友好関係の礎となったエルトゥールル号遭難事件を題材に、日本・トルコ合作で映画化したヒューマンドラマ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

4.5日本人として生まれた事を誇れる映画、現在の日本はどうだろうか

NOBUさん
2019年5月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NOBU

5.0日本人にもっと知って欲しい

2019年3月31日
PCから投稿

トルコの船乗りの誇り、和歌山の人の温かさ…
波がずっと止まらなかった。
困ってる人がいたら見て見ぬふりをせず、自分に出来る事は惜しみなくしようと思った。
昔、那智の滝を見に行く時にトルコ博物館の前を通り過ぎてしまった。激しく後悔…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
フラニー

5.0日本🇯🇵とトルコ🇹🇷の物語

感動しました! 素晴らしかったです!

この映画は トルコ がいかにして親日国になっていったのか実話を基に描かれた物語です。

日本とトルコが遠い昔から繋がりや関わりがあったことは最近知り、その流れでこの映画を観てみました。

本作は2つ大きく分けて、エルトゥールル号遭難事件、1985年のイラク戦争でテヘランに取り残された日本人救出 を中心に描かれています。

とにかく映像が綺麗で、表現も上手かった。
トルコ人俳優や、特に日本人女優 忽那汐里さんの演技、少しだけのロマンチックな部分も良かったです。

老若男女問わず、日本人の皆さんには是非一度 観て頂きたいです。

この映画のおかげでトルコに対して更に興味や関心を持つようになりました。

いつかトルコに行きたいです。

そして他の親日国・友好国・同盟国も含めて、日本とトルコの良好な関係も末永く続いていってほしいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
เรียวสุเกะ 료스케 Ryosuke Ռիյոսուկե ريوسيوك
すべての映画レビューを見る(全135件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る