海難1890

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
海難1890
海難1890
28%
49%
16%
6%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

日本とトルコの友好関係の礎となったエルトゥールル号遭難事件を題材に、日本・トルコ合作で映画化したヒューマンドラマ。1890年9月、オスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号が和歌山県沖で座礁し、乗組員618人が荒れ狂う海へと投げ出された。500人以上もの犠牲者が出る中、地元住民の懸命な救助活動によって69人の命が救われ、トルコへ帰還。この事件をきっかけに、日本とトルコの間に厚い友情が結ばれることとなった。そして1985年、イラン・イラク戦争で緊張が高まるテヘランに日本人215人が取り残され、日本大使館はトルコに救出を依頼する。「家路」「臨場」の内野聖陽が、エルトゥールル号乗組員の介抱に奔走する医師役で主演。ヒロイン役の忽那汐里はそれぞれの時代に生きる女性を1人2役で演じた。監督は「利休にたずねよ」「化粧師 KEWAISHI」の田中光敏。

2015年製作/132分/G/日本・トルコ合作
配給:東映

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
企画
田中光敏
脚本
小松江里子
製作
須藤泰司
木下直哉
間宮登良松
中村理一郎
薮下維也
近藤哲
木本敬巳
吉村和文
西本博嗣
松田陽三
沖中進
広田勝己
岸本一朗
本間雅之
板倉均
エグゼクティブプロデューサー
村松秀信
プロデューサー
天野和人
大原詔久
大谷亮介
小沢禎二
冨永理生子
撮影監督
永田鉄男
撮影
会田正裕
美術
花谷秀文
編集
川島章正
録音
松陰信彦
整音
松陰信彦
音響効果
柴崎憲治
音楽プロデューサー
津島玄一
音楽
大島ミチル
特撮監督
佛田洋
VFXスーパーバイザー
野口光一
監督補
井上隆
脚本協力
井上隆
製作統括
木次谷良助
キャスティングプロデューサー(日本ユニット)
福岡康裕
照明(日本ユニット)
安藤清人
助監督(日本ユニット)
中川裕介
進行主任(日本ユニット)
中森幸介
製作担当(日本ユニット)
清水圭太郎
キモノデザイナー(日本ユニット)
斉藤上太郎
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第39回 日本アカデミー賞(2016年)

ノミネート

優秀作品賞  
優秀監督賞 田中光敏
優秀脚本賞 小松江里子
優秀主演男優賞 内野聖陽
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16

(C)2015 Ertugrul Film Partners

映画レビュー

4.0日本人なら見るべき作品

n.yamadaさん
2020年11月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

幸せ

日本とトルコが強い友好関係を保っている、2つの出来事を映像化。
ちょっと教材ドラマっぽい感じになってるけど、終盤のトルコ人の『真心』には、心を揺さぶられました(^^)b

エルトゥールル号の海難事故については、トルコの教科書にも載ってるとかで、トルコ人はみんな知ってるみたいだけど、日本人はこの出来事をあまり知らないという…
なので、この作品を見て知って欲しいですね。もちろん1985年の出来事についても。

ってゆーか、1890年のムスタファと1985年のムラトが同一人物には見えない(^_^;)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
n.yamada

4.5タイトルに似合わない良作

rageさん
2020年9月10日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

なぜこんなひどい題名にしたのか理解はできないが、中身は素晴らしい。
ラストサムライを思い出すような特殊な環境下での異国交流の前半90分と、それがもたらした95年後の結末。
あえて前半に重きを置いたテンポの良さも評価できる。
ノージャニーズノーアイドルのキャスティングにも好感。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
rage

3.0“真心”

yuyuさん
2020年9月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

多少の脚色はあれど事実に基づいた物語。
お涙頂戴の感動作に仕立て上げていないのがよかった。

当たり前のように人助けをする姿。
トルコの人たちに感謝。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yuyu

4.5映画としての出来映えよりも

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

史実として日本がトルコを助けたこと、そしてトルコが日本のために救援機を飛ばしたこと、この2点の史実だけで、ここまできちんとした作品を作り上げられたことに感嘆しました。

日本人が「海の民」として、太古の昔から、海で遭難した者が出れば何を投げ打ってでも助けるという美風を有していたことが、この作品のキモになります。

この映画において、英雄は一人ではありません。数名でもありません。
ハリウッド映画とは対照的に、ここは日本なのです。

人々は自分自身が英雄であることすらも知らぬままに淡々と生き、年老いて、次の世代にその生きざまを引き継いでいくだけです。
しかしその日本人としての生き方こそが、真の勇者の生き方であるのだと再認識させられるのでした。

トルコが1985年に、イランイラク戦争さなかのテヘランに救援機を飛ばしてくれたことが、次のポイントになります。
このエピソードは、しかし1890年の遭難の時の恩返しという意味付けはごく薄いのです。

むしろ、トルコ人がトルコ人として生きている生き方こそが、英雄的なのです。
まったく異なる宗教と言語と人種である両国が、それぞれのまっとうな生き方として選んだものが、他人を助けることであったという共通点を味わってみるべき映画だと感じました。

もちろん、この両国の絆が強まることは、地政学的にも好ましいことです。古代中国の范雎ではありませんが、日本が近隣に非友好的な複数の大国と接している現在、両大国の下腹部に親日的な友好国が存在していることが、どれほど好ましいことであることか。
まさに「遠交近攻策」ですね。

トルコ側の全面協力で成立したこの映画が、少なくとも日本とトルコでヒットすることを祈願しています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お水汲み当番
すべての映画レビューを見る(全140件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る