リトルプリンス 星の王子さまと私

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
リトルプリンス 星の王子さまと私
リトルプリンス 星の王子さまと私
16%
48%
29%
6%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリによる不朽の名作小説「星の王子さま」を長編アニメーション映画化。現代を生きる少女を新たに主人公として設定し、原作の飛行士が老人となって登場。原作の物語を語りながら、原作のその後も描く作品になっている。新しく引っ越した家の隣に住む老人が気になる9歳の女の子。若い頃は飛行機乗りだったという老人は、昼間は飛行機を修理し、夜は望遠鏡で空を眺めて暮らしていた。2人は仲良くなり、女の子は老人から、砂漠で出会った星の王子さまの話を聞かせてもらう。しかし、やがて老人は病に倒れてしまい、女の子は老人が会いたがっている星の王子さまを探すため、オンボロ飛行機に乗って空に旅立つ。監督を「カンフー・パンダ」のマーク・オズボーンが務めた。女の子役の声優は、英語版では「インターステラー」のマッケンジー・フォイ、日本語版では子役の鈴木梨央。飛行士の声はジェフ・ブリッジス(英語版)、津川雅彦(日本語版)。

2014年製作/107分/G/フランス
原題:The Little Prince
配給:ワーナー・ブラザース映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原作
アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ
ストーリー統括
ボブ・ペルシケッティ
脚本
イリーナ・ブリヌル
ボブ・ペルシケッティ
キャラクターデザイン
ピーター・デ・セブ
アレックス・ユーハス
美術
ルー・ロマーノ
セリーヌ・デルモ
CGキャラクター監修
四角英孝
3CGアニメーション監修
ジェイソン・ブース
CG照明監修
アデル・アバダ
ストップモーションクリエイティブ監督
ジェイミー・カリリ
ストップモーション美術
アレックス・ユーハス
ストップモーションアニメーション主任
アンソニー・スコット
編集
マシュー・ランドン
音楽
ハンス・ジマー
リチャード・ハーベイ
日本語版主題歌
松任谷由実
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2015 LPPTV - LITTLE PRINCESS - ON ENT - ORANGE STUDIO - M6 FILMS - LUCKY RED

映画レビュー

3.5大切なことはなにか、大人になるって…

2020年9月9日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画好き

4.5おじいさんと女の子と星の王子さま。

2020年8月15日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

楽しい

幸せ

大人になると大切なものを忘れてしまう。
日常が忙しすぎて。また、仕事に追われて。
子どもの話を聞いてなかったり、する。

子ども頃は純粋な心を持っているので何が大切なのかが分かる。
大切なことを子どもから教わる事もある。

女の子とおじいさんのふれあいがとてもよかった。
大切なものは目に見えない。 大切なもの。
近くにいて寄り添ってくれる人。

星の王子さまも子どもに戻れて大切なものを思い出せてよかった。
映像も素敵で
音楽も最高によかった。
現実とファンタジーの
バランスのよいおしゃれな映画たった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
しろくろぱんだ

4.0星の王子が、子供のときのことを思い出せてよかった。 女の子は、勇気...

ぱるこさん
2020年5月15日
iPhoneアプリから投稿

泣ける

星の王子が、子供のときのことを思い出せてよかった。
女の子は、勇気あるなと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ぱるこ

4.0忘れかけていた大切な何かに気づかされる!

2020年4月19日
iPhoneアプリから投稿

現代社会への痛烈な批判を含んだ内容になっていて、現代社会の中で忘れかけていた大切なことに気づかされる!
そう、それは子ども心であり、想像力であり、目に見えないものである!原作自体が現代風刺の内容を多分に含んでいる…からこそ、映画ね画面は画一的な街、スケジュールだらけを、強いるお母さん、などなど思わず画面の前でニヤリとしてしまう。

同時に原作自体の内容の深さを改めてかんじさせる映画だと思う。映画製作者陣がフランスであり、もちろん原作へのリスペクトもつたわり、その原作からさらに…ファンタジックな続編を映画に組み込んだ感じ!

やはり星の王子さまの原作の難解さと内容の深さはすごいんだなと感じる。1943年の初版だから、現代社会といっても今とはまだ違うはず!でもジュペリがみた当時の現代社会は今とほとんど変わっていないということか…いや本質的にあの頃からすでに、私たちは子ども心を忘れた大人になっていたのか…

この映画を見ることで、もう一度、原作をちゃんと読みたいと感じた!もちろん、映画は映画で回想シーンのアニメーションが本当に心温まり、ステキだったな!!
ただ画面が全体に暗いかな、まー星のというか夜っていうイメージがあるからだとは思うけど、もう少し暗さ感は減ってもいいと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
nagoya_yabu
すべての映画レビューを見る(全102件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「リトルプリンス 星の王子さまと私」以外にこんな作品をCheck-inしています。