ルパン三世

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ルパン三世
8%
24%
41%
17%
10%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

モンキー・パンチ原作の名作「ルパン三世」を小栗旬主演で実写映画化。所有する者は世界を統べると言われる秘宝「クリムゾンハート・オブ・クレオパトラ」を盗み出すため、鉄壁のセキュリティを誇る要塞「ナヴァロンの箱舟」に挑むルパンと仲間たちの姿を描く。小栗がルパン三世に扮し、次元大介を玉山鉄二、石川五エ門を綾野剛、峰不二子を黒木メイサ、銭形警部を浅野忠信がそれぞれ演じ、日本、タイ、香港、シンガポール、フィリピンの5カ国でロケを敢行。それぞれのキャラクターの出会いから、強大な敵に立ち向かうことでおなじみのチームがいかにして結成されたかを描き出す。「あずみ」「ゴジラ FINAL WARS」を手がけ、近年は「ミッドナイト・ミート・トレイン」「NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ」などアメリカでも映画を製作してきた北村龍平監督がメガホンをとった。「ルパン三世」の実写化は、1974年の「ルパン三世 念力珍作戦」以来40年ぶり。

2014年製作/133分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
プロデューサー
山本又一朗
原作
モンキー・パンチ
脚本
水島力也
企画
池田宏之
濱名一哉
企画協力
加藤州平
共同プロデューサー
佐谷秀美
岡田有正
片山宣
ユニットプロデューサー
鳥澤晋
助監督
神保英昭
撮影監督
ペドロ・J・マルケス
撮影
古谷巧
照明
和田雄二
美術
丸尾知行
録音
久連石由文
編集
掛須秀一
音響効果
柴崎憲治
音楽
アルド・シュラク
音楽プロデューサー
古川ヒロシ
メインテーマ
布袋寅泰
ラインプロデューサー
橋本淳司
タイユニットプロデューサー
石川達也
記録
新玉和子
装飾
藤田徹
制作担当
児嶋冬樹
コスチュームデザイン
中里唯馬
衣装
清藤美香
ヘアメイク
CHIKA
キャスティングディレクター
富田敏家
協力プロデューサー
楠本直樹
アシスタントプロデューサー
グリーン健司クリス
VFXスーパーバイザー
ソン・スンヒョン
VFX協力
大萩真司
アクション監督
シム・ジェウォン
ヤン・キリョン
カウィー・シリカクン
ポストプロダクションプロデューサー
篠田学
全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2014 モンキー・パンチ/「ルパン三世」製作委員会

映画レビュー

2.0小栗ルパンは意外と悪くない

といぼさん
2019年12月24日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

日本人なら誰もが知る怪盗ルパン三世の実写映画化。映画の内容については一切の事前知識無く鑑賞しましたが、前評判があまりよろしくないということだけは聞いていました。

まずキャスティングについてです。
意外にも小栗旬演じるルパン三世は違和感が無く、アニメ版の声優であるクリカンさんを意識したと思われる口調で、ルパン三世という難しい役を演じきっているように感じました。また、次元役の玉山さんと五ェ門役の綾野さんも私の感じていたキャラクターのイメージ通りで、全く違和感無く観る事ができました。玉山さんはインタビューで「違和感を感じないように頑張った」と語っていらっしゃいましたが、その努力の賜物かな、と思います。しかし峰不二子役の黒木メイサは正直ミスキャストかな…。黒木さん自身は何も悪くないです。頑張って峰不二子を演じていたと思いますが、黒木さんのイメージと峰不二子のイメージがあまりにもかけ離れていて、その溝が埋められていなかったように感じます。完全にキャスティングした製作スタッフが悪いです。

次にストーリー
今作はルパン一味が出会い、チームを結成するまでを描いたオリジナルストーリーになります。オリジナルストーリーにする利点として、約2時間の尺にストーリーを無理やり収める必要が無いため綺麗にまとまった作品が作りやすいという点があります。しかしこの作品はストーリーに対して尺が長いです。133分もあります。複雑で濃密なストーリーであれば2時間越えも分かりますが、今作の内容は比較的シンプルな内容なのに何故かこんなに尺が長いので、間延びしたような感じが否めません。この内容ならば100分程度にまとめられたと思います。

そして私が一番問題だと思ったのが、多くのアジア人俳優の登用です。
韓国や台湾、タイの有名俳優をキャスティングし、図らずも(図ったのかもしれないが)、日本版・韓国版・台湾版の「花より男子」に出演したイケメン俳優が出演するというのが映画上映前から話題になっていました。それ以外にも多くの有名なアジア人俳優が登場し、数えたわけではないですが、メインで出演しているキャストのうち日本人は3割くらいだと思います。この多国籍キャスティングが、全ての諸悪の根源だと私は考えています。

ルパン一味はルパン以外は全員日本人キャラクターであるため、海外キャストを起用するためにはオリジナルキャラクターを登場させるしかありません。海外の有名俳優さんですので、端役のキャラクターでなく、ある程度活躍できるようなメインキャラクターとして登場させる必要があります。忖度に忖度を重ね、出来上がったのが今回のキャスティング・脚本です。主役より目立ってるイケメンキャラクターのマイケル、しれっとルパン一味にいる知らない人ピエール、終盤に急に出てくる天才プログラマーのぽっちゃりメガネ(名前忘れた)などなど、「何でこのキャラクターわざわざ出したんだよ」ってなる人たちばっかりです。要らないキャラクターをたくさん出して、それぞれのキャラクターに見せ場を作るような脚本にするもんだから、無駄なシーンが多いしストーリーに脱線が多いし、この内容で2時間越えの作品になっちゃうんですよ。そもそもルパン一味の出会いを描きたいなら、舞台が海外である必要性すらないんですよ。次元も五エ門も不二子も日本人なんだから、日本が舞台になっている方が自然でしょう。

色々と製作現場の闇みたいなのが垣間見える作品でしたが、何も考えずに見る娯楽映画としては悪くなかったと思います。オススメです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
といぼ

0.5全然だめですよ

2019年9月27日
PCから投稿

ストーリーも映像も演技も最低です。
くそ映画です。
特に、黒木メイサの峰不二子はないですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

1.0しょぼい

2019年3月4日
PCから投稿

鶏ガラみたいな峰不二子、黒木メイサ。
身体はともかく色気のカケラもない。

訳の分からない奴らが、ルパンの仲間で、それも次元や五右衛門よりもメインの役。まるで、主役かと見紛うばかり、それもどこの役者さんですか?中国人ですか?

テンポが鈍い、音楽も合わない、海外ロケしてる割に異国感ゼロ、変な外国人色々出てくる、素人ですか?

山田優の方が峰不二子ましやで!
欲を言えば長澤まさみか綾瀬はるか、真木よう子でもって思いますが。

どうして、海外ロケして変な素人紛いの外国人使うかな。
それなら、その経費はキャストに使うべき。
悪役は大物で、北大路欣也、伊勢谷友介、ピエール瀧などを揃えたら重厚感が出たのに。

それにしてもテーマソングも使わないし、笑いも少ないし、テンポも最悪で、ルパンらしさが感じられなかった。

ルパン、次元、五右衛門、銭形の配役が良いだけに残念な出来でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシン

2.0役作りを楽しむ

光陽さん
2019年1月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

誰もが知っているであろう個性的なキャラクターが集うルパン三世の実写版。それであれば脚本や演出はもう少し面白くできたのではないかという感じもします。
でも人気アニメキャラを演じるのは難しいとは思うのでそれぞれの役作りは頑張ったのではないかと思います。
特に石川五ェ門を演じる綾野剛さんがいい味だしていました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
光陽
すべての映画レビューを見る(全220件)