劇場公開日 2014年9月27日

  • 予告編を見る

アバウト・タイム 愛おしい時間についてのレビュー・感想・評価

4.1432
48%
40%
10%
1%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全432件中、1~20件目を表示

4.5名匠リチャード・カーティスが最後の監督作でたどり着いた柔らかな境地

2019年8月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

日常の中でふと、この映画について思い出すことがある。自由な時間が無限にある若い頃には気づかなかったかもしれないが、大人になって、歳を重ねて、自分がもう後戻りはできないのだなあとつくづく感じる瞬間に、「時間」や「人生」について描いたこの物語の優しさと切なさがぎゅっと胸を締め付けるのだ。

主人公は代々、タイムスリップする能力を有している。が、どれだけ行使しようとも、決して完璧な人生が送れるわけではなく、むしろ大切なのは、誰か大切な人と共にある「ありふれた時間」ということに気がつくのだ。かくも登場人物が何ひとつ特別な何かを成し遂げるわけではないからこそ、観る者はそこに映画と現実の隔たりを感じることなく、彼らに深く共感せずにいられなくなる。ささやかだけれど、ここにリチャード・カーティスが「最後の監督作」として描きたかった境地があるのだろう。自分を見失いかけた時、そっと寄り添ってくれる名作である。

コメントする
共感した! (共感した人 22 件)
牛津厚信

1.5若い女性なら…

2021年10月15日
iPhoneアプリから投稿

マーゴットロビーが本当に美しい。
個人的にはそこしか観るべき点はなかった気がする。
何よりも許されない矛盾点が多すぎて、
気になりすぎて映画そのものに入り込めない。

世界観自体は悪くないが、ヒロインよりもマーゴットに
魅力がある点からもかなり残念。
日本人向けに作られていると思うが、
高評価についてはかなり謎である。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
P.N.映画大好きっ子さん

4.5予想外のストーリー

2021年9月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

楽しい

幸せ

いい意味で裏切られました。
コメディのカテゴリーにあったので、ラブコメとかかなぁと思い、そういうつもりで観たら、全然違いました。
父親との関係が素敵で、平凡な毎日のありがたさをしみじみと感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
sunshine405

4.5限りある時間の大切さに気づかされ人生のバイブルになる映画

2021年9月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ぼくらはみんなタイムをトラベルしている。人生は冒険だ。平凡な人なんて存在しない。誰もが特別で、人生はドラマだ。
そんな当たり前に続く日常に彩りを与え、二度と訪れない一日一日を大切に噛み締めて生きようと思わせてくれる映画。

冴えない&モテない男が、過去にだけ戻ることができる能力を持っていると知り、タイムリープを使って好きな女性を射止め、人生を変えていく話。
でも、たとえ時間を遡ったとしても、変えられるのは自分の意思なんだ。

これがフィクションであるということが最も尊い。
この物語から、「人生は一度きりで限りがある。だから毎日を大切に生きられるか」が大事であると改めて気付かされる。

こんな幸せな時間を共有してくれる映画はなかなかない。
人生において大切にしたい作品のひとつになった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
映画野郎official

4.5やはりいい、

けいさん
2021年8月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

だいぶ前に見たことはあったけど、レイチェルがかわいいという印象だけ残ってて見返した。

過去に戻ったあとの影響を理解するのがちょっとややこしい設定だったけど、ただヘマをやり直すというだけではなく、「人の生きる時間」というものを考えさせられるストーリー。

時間は流れ自分も親もトシをとっていく、周りも変わっていく、その流れは止められない。
だからこそせつなさもあり、「しっかり生きていく」ということが伝わるいい作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
けい

3.5また観たい

momoさん
2021年8月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

知的

幸せ

女の子の屈託なく笑う姿が印象的でずっと観たかった作品。彼女、とっても可愛らしくて良かった。
人生ってなんだろう、幸せってなんだろう、家族って友達ってなんだろう、というのを考えさせられる。
それは当然答えはない訳だし人それぞれ。登場人物もまさに皆それぞれの人生を送る。
観る年齢や状況によっても違って観えてきそうなので、数年後じっくりまた観たいと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
momo

4.5日常の大切さと幸せを感じる映画

2021年8月27日
iPhoneアプリから投稿

タイムトラベルをできるって非現実はあるけど、それ以外は日常が描かれています。穏やかな幸せを感じれて自分も1日1日を大切にしたいって思える映画だと思います。素敵な作品でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミツハシ

5.0何度も観たくなるあたたかさ

2021年8月21日
iPhoneアプリから投稿

人の温かい場所を見せてくれるような映画です。
セリフひとつひとつが愛おしい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
hyoeun kim

5.0もう途中から泣けてきた

2021年8月19日
iPhoneアプリから投稿

素敵な映画です。

もうメアリーが素敵過ぎて、、。
脚本も素晴らしいです。

こんな素敵な映画を観てなかったなんて!

また、忘れた頃に観たいな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ハリソン

3.0タイムトラベル必要なし

2021年7月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うそつきカモメ

4.0"一回こっきり"の素晴らしさ。

Jolandaさん
2021年7月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

幸せ

人生は一回こっきり、やり直しが利かないからこそ素晴らしい。 (この映画観るのは二回目なんだけど笑)

この監督の『ラブ・アクチュアリー』はまぁまぁ、『ノッティング・ヒルの恋人』もまぁまぁ好きかな。どうもこの監督の描くイギリス人男性、純朴な好青年が多すぎやしないかと思うところもあるが、まぁ、、ジャンルがラブコメだし。ノッティング~もアバウト~もそれぞれノッティングヒルやコーンウォールっつー、郊外や地方の人だから、いーのかしら(適当)。

レイチェル・マクアダムズって、加藤ローサ風っていうか、めちゃくちゃ可愛いですよね。可憐で清楚なのにコケティッシュでもあるんですよ。もう、釘付けです(笑) 一挙手一投足、目が離せなくて。参考になります(何の?笑)

父親役のビル・ナイが良いんですよねぇ。ラブ・アクチュアリーの落ち目の歌手役もよかったし。
本作でも、知的かつ気さくな親父を好演してます。彼以外では、ここまで説得力でなかったんじゃーないでしょーか。

(この監督の他の映画にも言えるかもしれないが)ヒトもハナシも綺麗すぎるところはあるし、それが多少、鼻につく部分もあるんだけど(あと、ついでに言うと着地点が優等生的で多少、モヤモヤする)、この綺麗さハートウォーミングさがこの監督(ひと)のウリだったんだろうなと。

主人公の家族なんて、リベラル+自然体を絵に描いたようで、江國香織感が漂ってるもんね。 ま、でも、ラブコメだから。もし対極の姿を追求したら社会派になっちゃうよね。

我々が日々をおざなりにせず、きちんと生きようとする理由、それは"後悔しないため" っていうのが大きいのかなと思いました、今回。後悔する辛さを知っている人ほど、そうだろうね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Jolanda

3.5おしゃれでっせ

津次郎さん
2021年7月8日
PCから投稿

さいしょのやり直し(タイムトラベル)で、かたわらにいたポリー(Jenny Rainsford)に新年キスするばめんがいちばんいい。
かのじょ、すごく嬉しそうにサンキューティムと言って、(それがRachel McAdamsよりMargot RobbieよりVanessa Kirbyより、かわいくて)じわりとあったかかった。

個人的な映画の印象としてその新年キスのやり直しシーンからぜんぜん進まない。あの気まずい空気を、キスで挽回してくれて、ほんとにうれしくて、そこで満足してしまった──わけである。

周知のごとく、アバウトタイムは、みずからのおしゃれ度や、趣味の良さを顕示してくれる、それな人種必携のマストアイテム──になっている。
映画産業にたずさわるなら、これを推しとけば、だいたい大丈夫──なはずである。

この映画が、都会に巣くっている映えな顔アイコンのライターふぜいに、調子こいた文脈で称揚されているのを見るたびに、田舎のお百姓であるわたしは、なんかムカついてしかたがない。──のである。

じょうだんはさておき、プリンセスなbullyが廊下を並列になって闊歩するシーンが学園映画にはつきものであり、ミーンガールズで、それを先頭きってやっていたのがレイチェルマクアダムスだった。リンジーローハンは守ってあげたくなる愛嬌を持っていた。

ところがどうだろう。その後ローハンはトラブル続き。薬・お酒の乱用、心神の疾病で入退院を繰り返し、いじったせいか、昔のおもかげも見えない。
逆に、あんなに憎たらしかったマクアダムズが躍進し、米英でのトップランク女優に伸してしまった。

かのじょが雨のなか破顔で笑っているアバウトタイムのだいひょう的な画を見るたび、わたしはミーンガールズの意地悪なレジーナ(演:レイチェルマクアダムス)を思い出し、やり直しの効かない現実の人生をため息まじりに振り返る──わけである。

おそらくこの映画の高い評価は、旧世代の人たちに、時代の変遷を感じさせるところ──にもある。まさしくアバウトタイムな映画だった。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
津次郎

4.5ベタラブストーリーじゃなかったのか!

moonmoonさん
2021年7月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

幸せ

勝手にもっとベタベタなラブストーリーものだと思ってたからちょっと避けてたんだけど、見てみたらそこがメインでない人生を考えさせられる物語だった。
確かに自分の気持ち次第でいい日にもなるし最悪な日にもなる。
もっと1つ1つ大事にして生きなきゃと思わされた。
実践するのはなかなか難しいけど…。

登場人物がみんな素敵。
配役も素晴らしい。
個人的には妹のキットカットが可愛げがあって好きだったなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
moonmoon

3.0子供が誕生したシーンで 「子供のいない友人の無関心さは、意外だった...

寝巻さん
2021年6月28日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

子供が誕生したシーンで
「子供のいない友人の無関心さは、意外だった」と言う主人公の言葉。
こんな片隅に置かれたような台詞が一番印象的だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
寝巻

4.5コーンウォールの景色も素敵

るーさん
2021年6月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

楽しい

幸せ

タイムスリップありのロマンチックコメディ。
だけど、「基本はありふれた毎日がとても大切」

会ったその日に速攻でっていうのは大丈夫か?と心配しましたが、、、
2人の同棲生活の一部、地下鉄を通る日々を写すシーンが好きです。バックには、テーマ曲のバンドも歌ってるし。

あとは天然ボケの太った伯父さんがサイコーでした♫

主人公のティムは、恋人だけではなく、父、母、妹、子供達、父の友達の偏屈作家までも、回りのみんなを愛していてとても良かった◎

ティム(ドーナル、グリーソン)を調べてたら、なんと!「アンナカレーニナ」にも出演していました!
真逆の役で、髪型とヒゲで気付きませんでした。
でも彼も最後には、幸せを掴むんですよね〜。(^-^)v

NHK BS 録画鑑賞

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 7 件)
るー

3.5あやかりたい楽しいパワー

さん
2021年6月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ドーナルグリーソン扮するティムレイクは、21歳になった年に父親から呼ばれ、我が家の男性は秘密のパワーを持ちタイムトラベルが出来ると聞かされた。実際に箪笥の中に入ったら時間が戻った。ティムは、パワーを彼女が出来る様に使いたいと考えた。しかし、せっかくレイチェルマクアダムス扮する気に入ったメアリーと知り合ったのにタイムトラベルで飛んでしまった。
失敗しても何度でも戻ってやり直しが出来るなんて楽しいパワーだね。あやかりたいものだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
重

4.5人生を素晴らしいと思える映画です。

ソニKさん
2021年6月6日
スマートフォンから投稿

泣ける

笑える

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ソニK

5.01番好きな映画

ひなたさん
2021年6月5日
iPhoneアプリから投稿

1番好きな映画

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ひなた

4.5共感の連続! 人の心理が学べて次の情報商材に生かせそうだ!

2021年6月2日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

人生には、「あの時に戻ってやり直したい」と思うことは多々あるものだ。
それを実現できるパワーがあるなんて、一度は夢見たものだが、それを現実的に描いていて非常に興味深かった。
もちろん、そのことにより、自分のエゴに走りたくなることもあるが、主人公の心の葛藤や、家族・恋人・仕事などの、いざという時の人生の優先順位がものの見事に描写されていて興奮した。
これは、私自身がやっている情報商材ビジネスにも応用できそうな映画だった。
人の心理をうまく利用することで、お金儲けは容易いものであるから。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
峯島忠昭@不動産詐欺

4.5明日をどうして生きていく?

2021年5月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

何のために過去に戻るのか。
後悔をやり直すためじゃない。幸せをもう一度感じるために。
日常の中の些細な幸せに気づくために。
そして毎日が今日という日を体験する最後の日だと思いながら過ごすために。

自分たちは過去に戻れるわけじゃないけれど、小さな幸せも大きな幸せも、後悔も、悲しさも、怒りも全部を感じ取りながら毎日を生きたいと思った。

このレイチェルマクアダムスタイプすぎる。初夜を何度も繰り返すのも最高。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ひろみちゃん
「アバウト・タイム 愛おしい時間について」の作品トップへ