アバウト・タイム 愛おしい時間について

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が、タイムトラベルを繰り返す青年が本当の愛や幸せとは何かに気づく姿を描いたロマンティックコメディ。イギリス南西部に住む青年ティムは自分に自信がなく、ずっと恋人ができずにいた。21歳の誕生日に、一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを父親から知らされたティムは、恋人を得るためタイムトラベルを繰り返すようになり、やがて魅力的な女性メアリーと出会う。しかし、タイムトラベルが引き起こした不運によって、その出会いがなかったことになってしまい、再び時間をやり直したティムはなんとか彼女の愛を勝ち取るが……。主人公ティム役は「ハリー・ポッターと死の秘宝」「アンナ・カレーニナ」のドーナル・グリーソン、ヒロインのメアリー役にレイチェル・マクアダムス、ティムの父親役にビル・ナイ。

2013年製作/124分/G/イギリス
原題:About Time
配給:シンカ、パルコ
劇場公開日:2014年9月27日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)Universal Pictures

映画レビュー

4.5名匠リチャード・カーティスが最後の監督作でたどり着いた柔らかな境地

2019年8月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

日常の中でふと、この映画について思い出すことがある。自由な時間が無限にある若い頃には気づかなかったかもしれないが、大人になって、歳を重ねて、自分がもう後戻りはできないのだなあとつくづく感じる瞬間に、「時間」や「人生」について描いたこの物語の優しさと切なさがぎゅっと胸を締め付けるのだ。

主人公は代々、タイムスリップする能力を有している。が、どれだけ行使しようとも、決して完璧な人生が送れるわけではなく、むしろ大切なのは、誰か大切な人と共にある「ありふれた時間」ということに気がつくのだ。かくも登場人物が何ひとつ特別な何かを成し遂げるわけではないからこそ、観る者はそこに映画と現実の隔たりを感じることなく、彼らに深く共感せずにいられなくなる。ささやかだけれど、ここにリチャード・カーティスが「最後の監督作」として描きたかった境地があるのだろう。自分を見失いかけた時、そっと寄り添ってくれる名作である。

コメントする (0件)
共感した! 33件)
牛津厚信

4.0主人公を取り囲む人間関係が完璧

2024年5月13日
iPhoneアプリから投稿

泣ける

笑える

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
とみ

2.5理解は出来たけど共感は出来なかった⏱‪

2024年4月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

一瞬一瞬を大切に生きたいのはすごく共感出来る。
ただやはり、ティムのタイムトラベルに対しての向き合い方がどうも好かない…

私は初めの暗闇でのメアリーとの出会いが凄く愛おしいし、距離があった関係がゆっくり近づいて最終的に最高と言える関係になったのが凄く魅力的に感じた。けれど、それに対するティムのタイムトラベルの使い方がとても不紳士的というか…

ティムが持っていたものは凄く素敵なものでその瞬間にしか存在しないことを、正真正銘のメアリーとの出会いを消してしまった時点で気づいて欲しかった。

ただ映画としては悪くない。構成とか、その他諸々は…

コメントする (0件)
共感した! 0件)
暇

4.0ほっこりする映画

2024年4月18日
スマートフォンから投稿

幸せ

ラストの同じ1日をもう一度やり直した主人公。未来から戻ってきたつもりで1日を全力で生きようと思えた。どんくさい主人公だけど愛らしい幸せになれてよかった子供三人できたね普通にいい映画。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
しーほ

他のユーザーは「アバウト・タイム 愛おしい時間について」以外にこんな作品をCheck-inしています。