もらとりあむタマ子

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
もらとりあむタマ子
21%
40%
32%
6%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「苦役列車」でもタッグを組んだ前田敦子と山下敦弘監督が、実家で自堕落な日々を送る女性タマ子の姿を描くドラマ。東京の大学を出たものの、父親がひとりで暮らす甲府の実家に戻ってきて就職もせず、家業も手伝わず、ただひたすらに食っちゃ寝の毎日を送る23歳のタマ子が、やがてわずかな一歩を踏み出すまでの1年を追う。音楽チャンネル「MUSIC ON! TV(エムオン!)」の30秒のステーションIDとして、春夏秋冬を通して描かれてきたタマ子の日常を長編化した。主題歌を星野源、脚本を「リンダ リンダ リンダ」「マイ・バック・ページ」の向井康介が担当。

2013年製作/78分/日本
配給:ビターズ・エンド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)2013「もらとりあむタマ子」製作委員会

映画レビュー

0.5最低

2021年5月14日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

演出なのだろうが父親役の役者が食事シーンでペッチャペッチャ音を立てて食うのが我慢ならなかった。
あまりにも不快なので途中で観るのを辞めてしまった。前田敦子のお芝居については言わずもがな

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
オっくん

4.0たま子のASMR

2021年3月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 他のことをして何気なく見流していたのだけど…タマコとお父さんがボリボリむしゃむしゃご飯を食べる雰囲気が、昔見た中国映画の食事シーン(『青い凧』かな?)にも似た心地よさだった。
 前田敦子の上手な、胆の座った食べっぷりはあっぱれ。お父さんもとても素敵。中坊もとても面白かわいい。エンディングの星野源の歌も染みた。
話は進展しないのに、いつまでも流していたくなる映画だった。
監督と脚本は大好きな『リアリズムの宿』のお二人だった!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ナイトホークス

4.0濃密な映画体験。

2021年2月2日
iPhoneアプリから投稿

再見。
支持。
細かな感情のブレを丁度一本費やして細かなままに撮る巧さ。
コミュニケーションの不十分を良しとして生きる他ないという達観が人を少しだけ解放する。
前田敦子の女優力を買う。
緩慢に見えて一部の隙の無い濃密な映画体験。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

2.5面白いけどもう少し変化が欲しい…前田敦子の好演が数少ない収穫

2020年11月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

前田敦子の醸し出す雰囲気は申し分ないのだが、ひねりが少なく、成長にしては季節と比例していかないようにも見え、あまり刺さらなかった。
自堕落なタマ子は、ひっつきむしのように実家で暮らしている。いるだけで何もしない。季節はあっという間に過ぎて行く。就職、父の再婚の話など、目まぐるしく変わる環境に少しずつ刺激され、動き始める。ただ、環境のリアルを求めすぎた結果なのか、一歩が小さく見えすぎてしまう。髪を少し切っただけのように、変化を変化として透過しにくい。街の中で魅せる前田敦子の脱力感と、写真から感じる変化の強さばかりが際立ってしまった。
自分を変えるには自分しかいない。そうだとは思うが、タマ子が動いたことは小さな成長なんだ!と言い切るには、描写が弱かったように思える。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たいよーさん
すべての映画レビューを見る(全78件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「もらとりあむタマ子」以外にこんな作品をCheck-inしています。