ガールズ&パンツァー 劇場版

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ガールズ&パンツァー 劇場版
ガールズ&パンツァー 劇場版
58%
29%
10%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2012~13年にかけてテレビ放送され、14年には新作OVAも劇場上映された「ガールズ&パンツァー」の完全新作劇場版。戦車を用いた武芸「戦車道」が大和撫子のたしなみとされる世界を舞台に、戦車道に打ち込む女子高生たちの成長や友情を描いた人気アニメで、テレビシリーズで戦車道の全国大会を戦い抜いた、西住みほを中心とした県立大洗女子学園のその後の物語が描かれる。第63回戦車道全国大会で優勝を飾った大洗女子学園。平穏な日常が戻ってきたと思っていたある日、大洗でエキシビジョンマッチが開催されることになる。いまやすっかり町の人気者になった大洗女子戦車道チームには熱い視線が注がれるが……。監督の水島努、脚本の吉田玲子、キャラクター原案の島田フミカネらこれまででおなじみのスタッフが集う。

2015年製作/119分/G/日本
配給:ショウゲート

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
脚本
吉田玲子
考証
鈴木貴昭
スーパーバイザー
鈴木貴昭
キャラクター原案
島田フミカネ
キャラクターデザイン
杉本功
総作画監督
杉本功
キャラクター原案協力
野上武志
ミリタリーワークス
伊藤岳史
プロップデザイン
竹上貴雄
小倉典子
牧内ももこ
鈴木勘太
モデリング原案
原田敬至
Arkpilot
3D監督
柳野啓一郎
音響監督
岩浪美和
音響効果
小山恭生
音楽
浜口史郎
主題歌
ChouCho
3DCGI
グラフィニカ
アニメーション制作
アクタス
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5さんま「パンツ!?」

2021年2月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

知的

最近さんまがMCのTV番組でこのアニメが詳しく紹介されていた
以前からこういう作品があるのは知っていたが今まで観たことがなかった
萌え系の美少女アニメが大嫌いだからだ
声優も専門の人たちでいかにも声オタ好みのメンバーだがそれも大嫌い
宮崎駿御大のような暴言を吐く気はないが生理的に無理なのである
大洗に「聖地巡礼」と称してアニメの舞台となった土地を訪ねる行為も寒気がする

しかしこの作品は面白い
美少女アニメとCGによる戦車というドッキングは恐竜戦車以上のミスマッチ
甘いチョコレートは基本的にダメだけどウイスキーとならいけるみたいな
美少女アニメが嫌いな人でも戦車に興味がある人は観た方がいい作品

ギャグテイストな一面があるがそこそこ笑える点では『鬼滅の刃』より優れている
いやむしろ全体的にいっても『鬼滅の刃』より優れた作品だ
TVアニメの方を全く観てないにも関わらず続編に相当する劇場版がこれだけ楽しめるのだから間違いない
入場者数で作品の優越を決めるなんてナンセンスだってことだ
ましてやレビューの数で決めるのは論外

マジな戦争ものではなく平和な世の中で戦車が女子の嗜みという世界観がぶっ飛んでいるけどそれがまたいい
実弾をバンバン使用する物騒なアニメだがスカッとする
二年後に世界大会とか日本でも戦車道のプロリーグ発足とかワクワクする展開

パヨクがオタクをネトウヨ認定したり軍靴を踏む空耳が聞こえるのもこいつのせいか

一番の売りは実際の街並みを再現した西部警察ばりの市街戦だろう

BGMもなかなか良い

美少女キャラたちの入浴シーンあり
エキシビジョンの後はみんなで温泉に入って労を労う
ガルパンファンに対するサービスだろう
えちえちすぎるーなどと興奮してそう
自分は必要ないけど

主人公たちが通う大洗女子学園は大きな船の上にある
『映像研には手を出さな』の足元にも及ばないが変な部活が散見される

エキシビジョンで対戦した他校には呑気に紅茶を飲んでいるコがいたがリアルでこんな人は叶姉妹の姉くらいだろう

大洗女子学園廃校撤回のために格上の大学選抜チームと対戦することになる
戦車道が熱い!
パンツァーフォー

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
野川新栄

3.5ガルパンはいいぞ

白波さん
2020年12月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

2016年5月劇場鑑賞
いつも都合があわなかったり空席がなかったりで中々縁がなかったのですが、この度復活上映でようやく観る事が叶うこともあり、少し気持ちが高ぶってました。
ちょうどDVDが発売だったと思いましたが、やはりスクリーンでしょう。
そして今回が自身初の4DX、しかも「4DX版 効果マシマシ版」です。
初なので何がマシマシなのかさっぱりでしたが、単純にガルパンを観れるのがうれしかったです。
観る前の4DXは、イメージ的にランドのスターツアーズですか。
しかし座席に座るとこれが予想以上に動きます。 予告でもグリグリとそれでいてスムーズで「おぉ!」となりました。
一通り過ぎ「3分ちょっとでわかるガルパン」を終えるといよいよ本編です。
さて、ここで少し作品とは話が逸れますが、私映画は必ずお酒をやりながら観るんです。
さてと口に運ぼうとしたした刹那、スクリーンでは戦闘が始まりガコガガコガコッ!!!と先程からえらくパワーアップした感じで激しくシートが動くんですね。
「うおおおぉぉ!!!!!」と、一口も口にしてない私のビールはもちろん足にこぼれました。 あわてて3口ほどのんでカサをへらしたのは他でもありません。
正直4DXを、マシマシ版をなめていました。
こぼれない水位になり落ち着くと、この4DXのすばらしさが押し寄せてきます。 とにかく臨場感がすばらしい。 シートのなめらかな動きもですが、エアーの使い方がとても効果的でした。 これによって生まれる、弾がハスる感じがとても良いんですね。
スモークもバブルも実に雰囲気が増します。 これは良いですね!
さて物語はTV版の続きになるのですが、いきなりあの感動をひっくり返すような始まりなんですね。 ええぇ!?となりましたが、まあまあまあ。
それにしても戦車の作り込みが凄い。 スクリーンに耐えられるテクスチャーで、またそれが迫力のあるカメラワークですごい生かされてます。
TVではなかった戦車の大きさが感じられるんですね。
またCGですと、どの作品でも対象に重さを感じない(たとえば車はただもったりしてるだけ)のですが、ガルパンの戦車には実にずっしり感があるんです。
何気にここら辺は力入れてるんではないでしょうか、まぁ挙動は少しアレですが。
入り口はどうかと思いましたが、全体としてはとても気持ちの良い物語。
「戦友」を助けるべく転入してくるくだりなんて、本当ゾクゾクしました。
戦車戦もアイディア満載で単純に面白いです。 そしてラストの戦闘はTV版最終話を彷彿とさせる緊張感があります。
その戦闘を以前争った姉妹と共に繰り広げるのだから、なんとも胸が熱くなる演出です。
個人的には秋山殿の偵察シーンがほしかったのですが、尺的にちょっと難しそうでしたね。
作品としては4DXに実にマッチしていたと思いますし、物語もとても爽快感がありました。
浜口さんの音楽も相も変わらず心地良く、 また膨大なキャラクター数なのにちゃんと皆にスポットが当たっている所も好感がもてました。
さすが水島努監督といったところでしょうか、オールスターのような本当に楽しい作品でした。
そして最後はこの言葉で結びましょう。
ガルパンはいいぞ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
白波

3.0寝なかった

りやのさん
2020年7月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

アニメ観てるとたいてい寝てしまうんだけど、これは寝なかった。女子高生が戦車で争うとは考えたもんだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りやの

3.5アリサ推しなのですが・・・出番が少ない。

よしさん
2020年6月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

文科省より廃校措置を受けた大洗女子学園を守るため、大学選抜に挑む戦車道チームを描く物語。

TV版も鑑賞済みですが、改めて戦車戦の迫力はさすがです。冒頭の親睦戦から画面から目が離せなくなりました。
友情やチームワークの素晴らしさに感動しながら、小ネタで笑いを入れて来るテンポとセンスは恐れ入ります。
総じて満足いく映画なのですが、気になる点が2点。
1点目がTV版で収束したはずの廃校問題をぶり返させたこと。今更感、無理やり感を感じて興ざめします。
2点目が大学選抜との対抗戦。迫力については上記の通りですが、キャラが多すぎてまとまりにかけます。私のようなエセファンでは、セリフでキャラの聞き分けも出来ず、ただ騒いでいるだけに感じてしまいます。「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」のように、吹き出しの形式でキャラを映し出せば、もっとセリフやキャラに感情移入が出来たかもしれません。
この2点が気になって、面白さの割りに私的評価は厳しめです。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
よし
すべての映画レビューを見る(全130件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ガールズ&パンツァー」シリーズ関連作品