リンカーン
ホーム > 作品情報 > 映画「リンカーン」
メニュー

リンカーン

劇場公開日

解説

スティーブン・スピルバーグ監督が、名優ダニエル・デイ=ルイスを主演に迎え、アメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーンの人生を描いた伝記ドラマ。貧しい家に生まれ育ち、ほとんど学校にも通えない少年時代を送ったリンカーンだが、努力と独学で身を立て大統領の座にまでのぼりつめる。しかし権力の座に安住することなく奴隷解放運動を推し進めたリンカーンは、一方でその運動が引き起こた南北戦争で国が2つに割れるという未曾有の危機にも直面していく。奴隷制度廃止を訴えた共和党議員タデウス・スティーブンスにトミー・リー・ジョーンズ、リンカーンの妻メアリー・トッドにサリー・フィールド、息子のロバート・トッドにジョセフ・ゴードン=レビット。脚本はスピルバーグ監督作「ミュンヘン」のトニー・クシュナー。第85回アカデミー賞では同年度最多12部門にノミネートされ、デイ=ルイスが史上初となる3度目の主演男優賞受賞となった。

キャスト

作品データ

原題 Lincoln
製作年 2012年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス映画
上映時間 150分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第85回 アカデミー賞(2013年)

受賞
主演男優賞 ダニエル・デイ=ルイス
プロダクションデザイン賞  

第70回 ゴールデングローブ賞(2013年)

受賞
最優秀主演男優賞(ドラマ) ダニエル・デイ=ルイス
ノミネート
最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀助演男優賞 トミー・リー・ジョーンズ
最優秀助演女優賞 サリー・フィールド
最優秀監督賞 スティーブン・スピルバーグ
最優秀脚本賞 トニー・クシュナー
最優秀作曲賞 ジョン・ウィリアムズ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

今も世界中のどこかに生きているはずの「リンカーン」たちへ
リンカーンの映画評論・批評

その昔、アメリカは血まみれであった。もはや何が正しいのか誰が悪いのかも分からず、とにかく皆生きるために闘って死んでいった。あの「プライベート・ライアン」の冒頭を更に上回る現実感が怖過ぎる冒頭の戦闘シーンは、そんなアメリカという国の過酷...リンカーンの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全62件)
  • 立法 法を変え、価値観と正当性が変わる。社会が進化する上で避けられない瞬間。そこで断が下るか否かで社会は停滞することもある。 論が踊る一方、極めて政治的なディールが繰り返される。伝記で語られる偉人が、... ...続きを読む

    Kj Kjさん  2018年7月1日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 最後の 投票シーンは面白かったと思うけど、 誰が誰って見分けがつかなくて困った ...続きを読む

    てん てんさん  2018年4月15日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 偉業を派手に盛り上げなかった、抑制の取れた偉人伝 粛々としているし、取り立てて派手な場面は抑えられた映画だけど、あれだけの長時間を一度も飽きずに観てられたのは、本当にスピルバーグも映画もすごいと実感しました。デイ・ルイスのリンカーンが素晴らしい... ...続きを読む

    平田 一 平田 一さん  2018年1月8日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「リンカーン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi