リンカーン

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
リンカーン
10%
45%
36%
7%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

スティーブン・スピルバーグ監督が、名優ダニエル・デイ=ルイスを主演に迎え、アメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーンの人生を描いた伝記ドラマ。貧しい家に生まれ育ち、ほとんど学校にも通えない少年時代を送ったリンカーンだが、努力と独学で身を立て大統領の座にまでのぼりつめる。しかし権力の座に安住することなく奴隷解放運動を推し進めたリンカーンは、一方でその運動が引き起こた南北戦争で国が2つに割れるという未曾有の危機にも直面していく。奴隷制度廃止を訴えた共和党議員タデウス・スティーブンスにトミー・リー・ジョーンズ、リンカーンの妻メアリー・トッドにサリー・フィールド、息子のロバート・トッドにジョセフ・ゴードン=レビット。脚本はスピルバーグ監督作「ミュンヘン」のトニー・クシュナー。第85回アカデミー賞では同年度最多12部門にノミネートされ、デイ=ルイスが史上初となる3度目の主演男優賞受賞となった。

2012年製作/150分/G/アメリカ
原題:Lincoln
配給:20世紀フォックス映画

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第85回 アカデミー賞(2013年)

受賞

主演男優賞 ダニエル・デイ=ルイス
プロダクションデザイン賞  

第70回 ゴールデングローブ賞(2013年)

受賞

最優秀主演男優賞(ドラマ) ダニエル・デイ=ルイス

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀助演男優賞 トミー・リー・ジョーンズ
最優秀助演女優賞 サリー・フィールド
最優秀監督賞 スティーブン・スピルバーグ
最優秀脚本賞 トニー・クシュナー
最優秀作曲賞 ジョン・ウィリアムズ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2012 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION and DREAMWORKS II DISTRIBUTION CO., LLC

映画レビュー

3.5命をかけて夢見た真の「自由」

2020年4月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2019年5月19日 #リンカーン 鑑賞
#スティーヴン・スピルバーグ 監督、#ダニエル・デイ・ルイス が第16代大統領 #エイブラハム・リンカーン を演じた映画。奴隷解放宣言は戦時中の立法措置として戦争が終われば効力は失われることになるため、合衆国憲法修正第13条を議会で可決させるための攻防を描く。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たくはるあかね

2.5ダニエル・デイ=ルイス

R♪さん
2020年3月14日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ダニエル・デイ=ルイス
リンカーンのなりきりっぷり、良かったです👍

世界史に興味がなかった自分にはちょっと難しかったです。

勉強して再度視聴します✨

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
R♪

4.0【役に憑依するダニエル・デイ=ルイス。どこから観ても、”エイブラハム・リンカーン”であった。】

NOBUさん
2020年1月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

幸せ

 スティーブン・スピルバーグ監督が描き出す世界の幅広さは万民が知っているが、私は密かに”実在、歴史モノ”製作では、五本の指に入るのではないか”と思っている。

 今作も、エイブラハム・リンカーンの生き様を知るならば、”今作を観れば良いんじゃないの”と思った程の出来栄えである。

 それは偏に、ダニエル・デイ=ルイス演じるリンカーンがまさに、”教科書で見てこちらが抱いているリンカーン像”の”見た目”を体現している事に尽きると私は思う。

 只、今作のリンカーンは(当たり前かもしれないが)人間臭く描かれている。
 そして、歴史的”悪妻”と言われている”メアリー・トレッド”(サリー・フィールド)とリンカーンの関係性は巷間に伝わる程、悪くは描かれていない。逆に後半は結束が増しているようにも見える。

 奴隷解放派の急先鋒、タデウス・スティーブンスをトミー・リー・ジョーンズ。
 リンカーンの長男ロバートを当時、急速に台頭したジョゼフ・ゴードン・ベレットが演じているのも一興であろう。

<2013年4月27日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
NOBU

0.5スピルバーグの失敗作

tiso jackさん
2020年1月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

寝られる

リンカーンの事を知れる映画ではなく、アメリカにおける国会内でのロビーイング活動を映したものです。

結局は脅しと金で票を集めに行く汚い裏側
目立つが、決してキャラを掘り下げられない脇役たち
息子を説得できず、キレられるリンカーン
ヒステリックな妻の剣幕

これらのストレスフルなシーンが混ざり合い、駄作が出来あがりました。

そうではなくて、弁護士時代のリンカーンのこと、生い立ち、いかにして大統領にまで登り詰めたのか、そういった人物像を知りたかった。
タイトルが悪いのか?
決してリンカーンを総称してよい映画ではない。
2時間半もいらない内容だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
tiso jack
すべての映画レビューを見る(全73件)