ヤング≒アダルト
ホーム > 作品情報 > 映画「ヤング≒アダルト」
メニュー

ヤング≒アダルト

劇場公開日

解説

「JUNO ジュノ」の監督ジェイソン・ライトマン&脚本家ディアブロ・コーディのコンビが、主演にアカデミー賞女優シャーリーズ・セロンを迎え、再タッグを組んだコメディドラマ。児童小説家のメイビスは、夫と離婚後すぐに故郷ミネソタに帰ってくる。そこで、かつての恋人バディに再会し復縁しようとするが、バディにはすでに妻子がいて……。共演は「ウォッチメン」のパトリック・ウィルソン。

作品データ

原題 Young Adult
製作年 2011年
製作国 アメリカ
配給 パラマウント
上映時間 90分
映倫区分 G
ハッシュタグ

#ヤング≒アダルト

オフィシャルサイト  

受賞歴

第69回 ゴールデングローブ賞(2012年)

ノミネート
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) シャーリーズ・セロン

インタビュー

シャーリーズ・セロン インタビュー「今後も退屈な大人にはなりたくない」
インタビュー

新作「ヤング≒アダルト」(2月25日公開)でシャーリーズ・セロンが演じるのは、大人になりきれない身勝手なヒロインだ。かつて街一番の美少女として持てはやされたバツイチ女は、久々に戻った故郷で錦を飾るどころかとんでもない騒動を巻き起こすこ...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

勘違い女の不快さと痛さが、次第におかしく思えてくる
ヤング≒アダルトの映画評論・批評

「JUNO ジュノ」の脚本家が生み出した今度のヒロイン、メイビスは、途方もなくハタ迷惑な女だ。30代半ばでバツイチ、美人だがだらしない日々を送る、ヤングアダルト小説のゴーストライター。こんなはずじゃなかった。高校時代は憧れの的だったの...ヤング≒アダルトの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全31件)
  • 自分を見失うと孤独に耐えられない 売れない小説家のセロンは孤独に耐えられず、はるか昔の恋人に逢いに故郷に帰る。 彼は結婚して子供がいて妻と子供を愛している。 奪おうとする相手にされず、街のみんなから軽蔑される。 過去の暴力事件で... ...続きを読む

    アサシン アサシンさん  2019年3月24日  評価:5.0
    このレビューに共感した/1
  • 生々しい 笑いよりも痛々しさを感じさせるドラマなので、軽いコメディではありません。 サイコサスペンスにもなり得る設定で、映像もリアルよりで生々しい感じです。 上手く女性の持っている部分を表現できていると思... ...続きを読む

    maybe maybeさん  2019年1月13日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 子供だろうが大人だろうが、私は私でしかないの ネタバレ! #movies #diablocody #screenwriter #charizetheron #映画 #ヤングアダルト #脚本 #ディアブロコディ #主演女優 #シャーリーズセロン ディアブ... ...続きを読む

    Shiho Yamauchi Shiho Yamauchiさん  2018年12月10日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「ヤング≒アダルト」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報