ヤング≒アダルト インタビュー: シャーリーズ・セロン インタビュー「今後も退屈な大人にはなりたくない」

ホーム > 作品情報 > 映画「ヤング≒アダルト」 > インタビュー > シャーリーズ・セロン インタビュー「今後も退屈な大人にはなりたくない」
メニュー

ヤング≒アダルト

劇場公開日 2012年2月25日
2012年2月20日更新
画像1

シャーリーズ・セロン インタビュー
「今後も退屈な大人にはなりたくない」

新作「ヤング≒アダルト」(2月25日公開)でシャーリーズ・セロンが演じるのは、大人になりきれない身勝手なヒロインだ。かつて街一番の美少女として持てはやされたバツイチ女は、久々に戻った故郷で錦を飾るどころかとんでもない騒動を巻き起こすことになる。「JUNO ジュノ」の脚本家&監督コンビによる新作に、「崖から飛び降りる」気分で挑んだというシャーリーズ・セロンに、ニューヨークで取材した。(取材・文・撮影:小西未来)

画像4 Getty Images [拡大画像]
奇抜でありながら、どこか共感してしまうヒロインを見事に快演 奇抜でありながら、どこか共感して
しまうヒロインを見事に快演
[拡大画像]

──ジェイソン・ライトマン監督に自ら出演を志願したそうですね。

「これまでのキャリアで学んだ一番大きなレッスンは、たとえ素晴らしい脚本があっても、自分をインスパイアしてくれる監督がいないと意味がないということなの。監督と相性が大事で、仕事に向かう姿勢という面で、ジェイソンほど自分と似ていると思った監督はいない。ある場面の撮影で、彼がたった2テイクだけでオーケーだと言っても、私はその言葉を100%信頼することができる。彼の才能を信頼しているし、なにより映画のキャラクターや役者を大事にすることを最優先してくれる監督だからね」

──なかなか大人になれない主人公を演じていますが、あなたが大人になったと確信したのはいつですか?

「いつだろう? そういう変化って、些細なものだと思うの。あったとしても、自分では気づいていない。この映画において主人公が直面する状況や問題っていうのは、30代中盤から後半の多くの女性が直面するものだと思う。ありきたりと言ってもいい。でも、この映画が面白いのは、主人公はそうした問題に、16歳の女の子のような方法で対処にあたるっていう点なの。主人公は永遠の16歳で、大人に成長しなくても務まる職業についている。大人になるということは、人生で起きるさまざまな事柄に適切な手法で対処することだと思うんだけど、主人公はそれができない。で、私自身も大人とは思っていない。もちろん年齢的にはそうだけど。ただ、自分は大人だっていうととても退屈だし、かといって大人じゃないって言うと、36歳なのに16歳の服を着たがる不気味な人とも思われそうで。だから、大人か大人じゃないか、という質問にはどう答えても勝ち目はない。ただ、今後も退屈な大人にはなりたくないなとは思う」

──主人公はファストフードを食べることで癒されますが、あなたはいかがですか?

画像5 Getty Images [拡大画像]

「生まれ育った南アフリカにはファストフードがなかったの。ウィンピーっていうチェーンくらいしかなくて、両親はたまに日曜日に連れていってくれた。だから、92年の冬にニューヨークに移住したときに食べたマクドナルドの感動は凄まじかった。天国だと思ったわ(笑)」

──(笑)。

「この映画が素敵だなって思うのは、女性と食べものとのエモーショナルな関係が初めてちゃんと描かれていることだと思う。女性の多くは、食べものを単なる栄養源以上のものとみなしている。そこには深い感情的な結びつきがあるの。映画では滑稽に描かれているけれど、本質を突いていると思う。とにかく、私はあらゆる食べものが大好きよ(笑)」

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

勘違い女の不快さと痛さが、次第におかしく思えてくる
映画評論

「JUNO ジュノ」の脚本家が生み出した今度のヒロイン、メイビスは、途方もなくハタ迷惑な女だ。30代半ばでバツイチ、美人だがだらしない日々を送る、ヤングアダルト小説のゴーストライター。こんなはずじゃなかった。高校時代は憧れの的だったの...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全31件)
  • 自分を見失うと孤独に耐えられない 売れない小説家のセロンは孤独に耐えられず、はるか昔の恋人に逢いに故郷に帰る。 彼は結婚して子供がいて妻と子供を愛している。 奪おうとする相手にされず、街のみんなから軽蔑される。 過去の暴力事件で... ...続きを読む

    アサシン アサシンさん  2019年3月24日 23:01  評価:5.0
    このレビューに共感した/1
  • 生々しい 笑いよりも痛々しさを感じさせるドラマなので、軽いコメディではありません。 サイコサスペンスにもなり得る設定で、映像もリアルよりで生々しい感じです。 上手く女性の持っている部分を表現できていると思... ...続きを読む

    maybe maybeさん  2019年1月13日 03:23  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 子供だろうが大人だろうが、私は私でしかないの ネタバレ! ...続きを読む

    Shiho Yamauchi Shiho Yamauchiさん  2018年12月10日 13:43  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 天気の子 「天気の子」醍醐虎汰朗&森七菜、立ちはだかったライバルは新海誠監督の“声”
  • インタビュー Diner ダイナー 蜷川実花、藤原竜也&玉城ティナと挑んだのは初の男性主演作「挑戦する面白さ」
  • インタビュー いちごの唄 峯田和伸×古舘佑太郎×石橋静河が爆笑トークで解き明かす「いちごの唄」
インタビューの一覧を見る
Jobnavi
採用情報