エイリアン3

劇場公開日:

解説

凶暴な宇宙生命体と女性宇宙航海士リプリーの戦いを描く名作SF「エイリアン」シリーズ第3作。2270年、エイリアンの脅威から逃れたリプリーの乗る救命艇が囚人惑星フィオリーナに不時着。唯一の生存者だったリプリーは男ばかりの惑星に波紋を起こす。そんな中、エイリアンが惑星に紛れ込んでおり、囚人たちを次々と襲撃。武器のない不利な状況に加え、リプリーは自分の体がエイリアンに寄生されていたことを知る……。監督はミュージックビデオやCMを手がけてきた新人デビッド・フィンチャー。03年に30分長い「完全版」が発表。劇場公開版ではエイリアンが寄生した宿主は犬だったが、完全版では牛になるなど本来描かれる予定だったシーンなどが加えられている。

1992年製作/115分/アメリカ
原題:Alien³
配給:20世紀フォックス映画
劇場公開日:1992年8月22日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第65回 アカデミー賞(1993年)

ノミネート

視覚効果賞  
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Album/アフロ

映画レビュー

2.5スキンヘッド似合う

2023年3月23日
スマートフォンから投稿

怖い

せっかく2で助かったお気に入りのキャラクター達、、、残念過ぎる!…とはいえ、シガニー・ウィーバーのスキンヘッドは必見。

コメントする (0件)
共感した! 4件)
ホビット

3.0女性としての魅力を捨て去ったリプリー、もはやジョン・マクレーンにし...

2024年6月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

女性としての魅力を捨て去ったリプリー、もはやジョン・マクレーンにしか見えない。
なんか囚人たちと共に闘うのだが、魅力的な人物がおらず盛り上がらない。
クライマックスはターミネーター2のパクリ。
う〜ん。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
はむひろみ

3.0悪いところは全部FOXのせいにしておこう。

2024年6月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

デヴィッド・フィンチャーの映画監督デビュー作になるのかな。前作の諸々が台無しになっているとか、キャラの見分けがつきにくくて感情移入できないとか。
色々と横槍が入って、フィンチャーが作りたいようには作れていないとのことだから、ダメなところはFOXのせいでいいのでは。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
なお

3.0そこは流刑地であり、 男たちの中にたったひとりの女であるリプリーは再びエイリアンと戦うことになる。 1作目、2作目と比して どう考えてもちょっと落ちるなというのが正直な感想。

2024年6月23日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

興奮

動画配信で映画「エイリアン3」を見た。

1992年製作/115分/アメリカ
原題:Alien³
配給:20世紀フォックス映画
劇場公開日:1992年8月22日

シガニー・ウィーバー主演

『エイリアン』シリーズの3作目。
デヴィッド・フィンチャーの映画初監督作品。

フィンチャーは後に
『セブン』
『ファイト・クラブ』
『パニック・ルーム』
『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
『ソーシャル・ネットワーク』
『ドラゴン・タトゥーの女』
『ゴーン・ガール』などを監督している。

シガニー・ウィーバーは、現場ではフィンチャーとのトラブルが絶えず、
「監督こそエイリアンよ!」と激怒するほどだったという。

当時として史上最高額の制作費が投じられたが、
企画段階からトラブルが絶えず、
映画の内容も評論家達からも酷評された。
批判の矢面に立たされたフィンチャーは
自身の意図に反する編集が行われた事に失望し、
「新たに映画を撮るくらいなら、大腸癌で死んだ方がマシだ」と述べた。

リプリーら生存者達を乗せて
地球に帰還するはずだった宇宙船スラコ号。

謎の事故が発生。
スラコ号から切り離された脱出艇は、
流刑惑星へ不時着した。

共に生還したはずのヒックスやニュートが着陸時に死亡した上に、
ビショップも機能を停止しており、一人生き残ったリプリーは悲しみに暮れる。

そこは流刑地であり、
男たちの中にたったひとりの女であるリプリーは再びエイリアンと戦うことになる。

1作目、2作目と比して
どう考えてもちょっと落ちるなというのが正直な感想。

満足度は5点満点で3点☆☆☆です。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ドン・チャック