劇場版 SPEC 天

劇場公開日

劇場版 SPEC 天
劇場版 SPEC 天
15%
42%
34%
7%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

戸田恵梨香と加瀬亮の主演で、未解決事件の捜査のため公安部に設立された「未詳事件特別対策係」=通称「未詳(ミショウ)」の捜査員が、特殊能力(SPEC)を持った犯人と対決する姿を描いた人気ドラマ「SPEC 警視庁公安部公安五課未詳事件特別対策係事件簿」の劇場版。未詳の特別捜査官・当麻紗綾と瀬文焚流のもとにある日、謎めいたミイラ死体殺人事件の報せがもたらされる。その事件はやがて国家を揺るがす事態へと発展していき……。監督はドラマ版の演出も手がけた堤幸彦。

2012年製作/119分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
脚本
西荻弓絵
製作
渡辺香
エグゼクティブプロデューサー
濱名一哉
プロデューサー
植田博樹
今井夏木
アソシエイトプロデューサー
大原真人
渡辺敬介
協力プロデューサー
市山竜次
ラインプロデューサー
赤羽智比呂
共同製作
市川南
井上伸一郎
重村博文
辰巳隆一
加藤直次
長坂信人
森越隆文
小野寺廉
松本哲也
撮影
斑目重友
照明
川里一幸
録音
臼井久雄
美術プロデュース
小林民雄
山下杉太郎
美術デザイン
大木壮史
装飾
大村充
VFXスーパーバイザー
野崎宏二
編集
大野昌寛
音楽
渋谷慶一郎
ガブリエル・ロベルト
主題歌
THE RiCECOOKERS
VE
吉岡辰沖
スクリプター
奥平綾子
助監督
白石達也
制作担当
植松育巳
音楽プロデュース
茂木英興
音楽コーディネーター
溝口大悟
サウンドデザイン
石井和之
音響効果
壁谷貴弘
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 特捜部Q 檻の中の女
  • 特捜部Q キジ殺し
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • アンチクライスト
  • ニンフォマニアック vol.1
  • ニンフォマニアック vol.2
  • ボーグマン
  • 46億年の恋
  • スガラムルディの魔女
  • 刺さった男
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)2012「SPEC 天」製作委員会

映画レビュー

4.0やっぱ続くんだなぁ

いつこさん
2020年8月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

最近地上波で再放送したのをきっかけに、Amazonプライムで一気見。一度見てたんだけど、改めて大好きなドラマだったんだなぁと再確認。
最初の連ドラとスペシャルドラマの翔を見てないとついてけない感は否めない。ファンがちゃんと追っ掛けて見てることを想定してる。瀬文が急にお茶目キャラになってて違和感。個人的には加瀬亮大好きなのでこんな感じもいいけど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いつこ

1.0仮面ライダー笑

ふうさん
2020年7月6日
iPhoneアプリから投稿

今更ながらスペックというドラマを観て、
なるほど中々面白いのね。
だから人気あったのね。
なんて思って、
その勢いで映画観たら、
あちゃーでしたね。

仮面ライダーみたい笑笑

加瀬亮が台無しだあー

製作の現場って、
冷静に客観的に自分を
見れなくなるものなんですかね。
残念っ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ふう

3.5壮大なストーリーの終焉へ誘う本編、故に結末はいかに?

2020年4月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

知的

SPECシリーズは、「起承転結」を念頭に置かれたドラマシリーズだったわけで、映画になるのは、もはや必然だった。それ故、マンガのように「読破する」感覚で観ることが一番楽しめるような気がする。VODサービスでドラマを難なく進めてきたため、私は面白く観れた。劇場公開時に観た人からすれば、肩透かしに感じたのかもしれないが…。
ドラマでも健在だった、パワフルな戸田恵梨香の演技に、より一層活躍するメインキャスト。依然深くなるばかりの「SPEC」を持つものたちの行方。更なる謎を投下した上で進んでいく本編が、映画らしいテンポとスケールで展開していく様は痺れる。
前後編に分けられた「~結~」への大きな足掛かりとなるだけに、余韻と疑心を残す一本となっている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かわちゃん

0.5X-MEN のパロディ?

2020年4月6日
iPhoneアプリから投稿

キャラ設定が杜撰なので全てがペラペラなんですよ。ドラマの時からそうだけど、大声出してるだけのセブミはいるの?それとこの監督のタチの悪い遊び演出が全部間延びして台無し。本人はしてやったりと思ってるんだろうけど全然面白くない。どうせならシリアスでハードボイルドなものを作って欲しいもんだ。習字して破ってばら撒いて「いただきました」とか、大食いとか、脇にわざと変なキャラ出したりとか、ヅラいじりとか、ラミパスとか、挙げだしたらキリがないけど、無駄な演出で俳優まで大根に見せてしまうのはいかがなものか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
black swan
すべての映画レビューを見る(全51件)