アマルフィ 女神の報酬

劇場公開日

アマルフィ 女神の報酬
8%
38%
40%
10%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

開局50周年を迎えたフジテレビが、「踊る大捜査線」の織田裕二を主演に迎え、全編イタリアロケで製作したサスペンス大作。イタリアでのテロ予告を受け、ローマに派遣された外交官の黒田康作(織田)は、日本人少女誘拐事件に遭遇し、この事件に巻き込まれていく。誘拐事件はやがて、イタリア全土を襲う大規模テロへと発展していくが、黒田は事件の鍵が南イタリアのアマルフィにあることを知り、この街へと向かう。共演に天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市ら。監督は「容疑者Xの献身」の西谷弘。

2009年製作/125分/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

監督
製作統括
豊田皓
製作
堀口壽一
島谷能成
高田佳夫
尾越浩文
杉田成道
永田芳男
エグゼクティブプロデューサー
亀山千広
企画・プロデュース
大多亮
プロデューサー
臼井裕詞
和田倉和利
ラインプロデューサー
森賢正
森徹
原作
真保裕一
撮影
山本英夫
照明
小野晃
プロダクションデザイナー
種田陽平
整音
瀬川徹夫
録音
藤丸和徳
アートディレクター
赤塚佳仁
編集
山本正明
音楽
菅野祐悟
音響効果
大河原将
選曲
藤村義孝
主題歌
サラ・ブライトマン
スクリプター
藤島理恵
VFXプロデューサー
大屋哲男
監督補
池上純哉
助監督
安立公良
製作担当
千綿英久
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第33回 日本アカデミー賞(2010年)

ノミネート

話題賞 作品部門/俳優部門  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15

(C)2009 フジテレビジョン

映画レビュー

0.5ゴミ映画

2019年11月5日
PCから投稿

良いところなし、風景はきれい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

3.0全編イタリアロケで製作したサスペンス大作。

2019年9月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

全編イタリアロケで製作したサスペンス大作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

3.5アマルフィの景色にうっとり。

syu32さん
2019年9月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館、TV地上波

興奮

「外交官・黒田康作」シリーズ第1作。

フジテレビ開局50周年記念作品。

小説は未読です。

映画館へは祖父と一緒に行きました。懐かしい思い出です…。

さすが開局記念作なだけあって相当力の入った映画だなと思いました。
全編イタリアロケというのもお金が掛かってるということが如実に分かるし、物語のスケールもめちゃくちゃ大きくて当時高校1年生だった私はスクリーンに釘付けでありました。
すでに「踊る大捜査線」シリーズのファンだったので、織田裕二主演というのも観逃せない部分のひとつでした。青島俊作とは違ったクールで知性的な役柄を見事に演じていて、さすが役者だなと感心しました。文字通りイタリア中を駆け回り、邦人少女誘拐事件と要人を狙ったテロ事件を紐解いていく展開がダイナミックでした。
何より、“観光映画”の側面が強調されていたのが良かったです。恥ずかしながら海外旅行をしたことが無い私なので、スクリーンに映し出されるイタリアの観光名所やタイトルにもなっているアマルフィの美しい景色に見惚れました。アマルフィの全貌が現れて来るカットが好き…。未知の経験をさせてくれるのが映画の醍醐味だなと改めて感じました。

余談。
ましゃが出てるんですよ! カッコいい! …しかし当時はまだファンではありませんでした(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
syu32

2.045点

2019年3月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

知的

映画評価:45点

この作品に対してテーマと感じた事は3つ

①イタリアの魅力的な景観
②外交官について
③テロについて

これらの視点からアプローチを仕掛けた今作

推理要素等を期待してしまうと、B級映画の様な軽薄さが目についてしまうのでオススメはしません

織田裕二と一緒にイタリアの素晴らしい景観を堪能しながら、ドキュメンタリーの様な視点で事件を追っていくと意外と楽しめるので
そういった見方をオススメします!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
まぁと@名作探検家
すべての映画レビューを見る(全57件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「外交官・黒田康作」シリーズ関連作品

他のユーザーは「アマルフィ 女神の報酬」以外にこんな作品をCheck-inしています。