アンダルシア 女神の報復

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
アンダルシア 女神の報復
6%
41%
44%
7%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

織田裕二が外交官・黒田康作を演じる映画「アマルフィ 女神の報酬」(2009)、ケータイドラマ「アマルフィ ビギンズ」(09)、TVドラマ「外交官・黒田康作」(11)に続くシリーズ新作。黒田が新たに赴任したスペインで、日本人投資家の殺人事件が発生。やがてその事件は全世界を揺るがす国際犯罪へと発展していく。黒田は事件解決のため、バルセロナからアンドラ、そしてアンダルシアを奔走する。「容疑者Xの献身」で知られる西谷弘監督が、前作「アマルフィ」から引き続きメガホンをとる。

2011年製作/125分/G/日本
配給:東宝

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)2011 フジテレビジョン/東宝/電通/ポニーキャニオン/日本映画衛星放送/アイ・エヌ・ピー

映画レビュー

2.5どうしてこうなってしまったんだろう?

syu32さん
2019年9月5日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

寝られる

「外交官・黒田康作」シリーズ第3作。

小説は未読、連ドラは未見です。

「アマルフィ 女神の報酬」を観たときのような興奮は得られませんでした。
観光映画要素はいいのですが、ストーリーがイマイチ…。スケールが大きいのかそうでないのか判然とせず、誰が何をしたいのかもハッキリとせず、とっ散らかっている印象を受けました。
実銃を使用した街中の銃撃戦は迫力がありましたが、それ以降は「ふーん…」という感じで尻すぼみ。「どうしてこうなってしまったんだろう?」と思いました。

余談。
ましゃがまた出てたのよ! …でもまだこの頃はファンではありませんでした(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
syu32

3.0長距離だと思って大喜び・・・

kossyさん
2018年10月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

3.0楽しめたけど、アマルフィのほうがより面白かった。

2015年5月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しめたけど、アマルフィのほうがより面白かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
いりぽん

3.0ご都合主義的で雰囲気のみの商業映画。もうちょっと考えてほしいです。

Push6700さん
2014年4月12日
PCから投稿

悲しい

楽しい

単純

まるで外国旅行の記念写真のような映像は、なかなかいいと思う。

外国旅行気分が味わえた。

外国人が出演している洋画だと特に感じないけれど、出演者が日本人だと本当に旅行という感じになる。

でも、ストーリーがよくないような気がする。

ご都合主義的(フジテレビ系の作品に特に多いような・・・?)で、十分な伏線や、説明なしに、唐突にいろいろ出てくるので、何で?と考えながら見るのがちょっと疲れた。

見終わった後は、つじつまが合ったような気がするが、最後まで不明のままのところがけっこうあった。

特に新藤結花(黒木メイサ)のキャラ設定がよくわからなかった。

多少無理のあるストーリーに都合よくはめ込まれている感じで、演出も中途半端、いったいどういう人なのか、最後まで不明。

どうしてこんなに若くてきれいな人が、あんなことしたり、こんなことになったりするの・・・?という感じだった。

それに何が言いたいのかもわからなかった。

ヨーロッパで、日本人がからむ事件が起こって、伊藤英明、福山雅治、黒木メイサらが出演、アクションシーンや、ラブシーンぽいところが入っていて、最終的に織田裕二が事件を解決すれば、なかなか面白いだろ、見に来てお金払ってね、と言っているとしか思えない。

もし、そういうことなら、見る方としては、かなりさみしい。

これからも、また同じような映画を作り続けるのだろうけど、作る前に「もしドラ」見て、真摯さとか、イノベーションを勉強してほしいような気がした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Push6700
すべての映画レビューを見る(全38件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「外交官・黒田康作」シリーズ関連作品

他のユーザーは「アンダルシア 女神の報復」以外にこんな作品をCheck-inしています。