イーグル・アイ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
イーグル・アイ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

スティーブン・スピルバーグ製作総指揮の下、「ディスタービア」の主演シャイア・ラブーフ&D・J・カルーソ監督が再タッグを組んだサスペンス・アクション大作。コピーショップで働く青年ジェリーと法律事務所に勤めるレイチェルの元に、謎の女アリアから突然電話が入る。次々と下される指令に訳もわからず従うハメになったジェリーとレイチェルは、やがて引き合わされ行動を共にするように。そんな彼らをFBIが執拗に追い……。

2008年製作/118分/アメリカ
原題:Eagle Eye
配給:角川映画、角川エンタテインメント

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2008 DREAMWORKS LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

3.0サスペンス・アクション大作。

2019年9月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

サスペンス・アクション大作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

0.5スカイネットやノストロモ号に大分劣る!!

2019年8月19日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

単純

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
アンジェロ

4.0ストーリー

REpowerさん
2019年8月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

知的

は期待できる内容だったが、ネットに繋がっていないものまで、どうやってこのAIは操作したのだろうか?

そこが少しリアル感をスポイルして残念だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
REpower

3.0グーグル・アイ!

kossyさん
2019年2月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 検索サイト最大手グーグルのストリートビューという機能は便利な反面、家の表札や人の顔、車のナンバーまで判別できることによりプライバシー侵害との批判も出ている。ハイテクが進むにつれ、それによる弊害も起こるのは常のことですが、軍や政府によって個人情報を読み取られる世界は恐ろしいものです。

 逃亡の連続アクションシーンにハラハラさせられ、謎が謎を呼ぶスリリングな展開のこの映画。1998年の『エネミー・オブ・アメリカ』にも雰囲気は似ていて、衛星写真や防犯ビデオにより常に監視されている社会。軍の監視は個人生活にも及び、嗜好や性格まで把握しているのだから、学歴やIQがどうあろうとも利用される可能性があるのだ。不運にも選ばれた主人公のシャイア・ラブーフとミシェル・モナハン。謎の女の指示に従わずに逃げ出そうとするとFBIの追跡も迫ってくる。そしてたどり着いた先は・・・というプロット自体が謎だらけ。

 家賃未払いに困ってたシャイア君。ATMで残高を確認すると75万ドル!と、普通なら喜んでもいいようだけど、双子の兄が交通事故で死んだばかり。部屋には自分がテロリストだと言わんばかりの軍事用機材が届いていて、さっぱりわけがわからない。そして同じように選ばれたミシェル・モナハン、謎の女の的確な指示・・・

 『エネミー・オブ・アメリカ』が9・11以前の作品だと考えると、テロリストをどう扱うかという視点にたつと、9・11以降の『イーグル・アイ』のメッセージが負けているような気もします(スピルバーグが10年間温め続けてきた構想と反論されたらしょうがないですけど)。それでも、テロリストよりも完全なコンピュータ管理社会のほうが怖いというテーマは新しいのかもしれません。もちろん、テロリストの存在をほのめかしておいて、実は・・・という展開はなかなかのもの。

 『マイノリティ・リポート』では時代を先取りしすぎたほど最先端テクノロジー映像で魅せてくれたスピルバーグですが、『インディジョーンズ』に力を入れすぎたためか、この映画ではDJ・クルーソー監督にまかせたおかげで、巨大コンピュータ“アリア”の雰囲気が『2001年宇宙の旅』以前に逆行してたかのような印象。他にも、セキュリティ技術や、衛星よりも防犯カメラを中心に添えたという点も新しいのか古いのか困惑させる原因だったかもしれません。

 シャイア君を選んだ理由がIQ180を超える兄の秘密に絡んでいるといった面白さもあったのですが、声が完全一致するはずもないだろうに・・・それに、凄いコンピュータなんだから生前の兄の音声を合成できそうな気もするし。と、疑問を挙げればきりがない。だけど、冒頭での誤爆が原因で“ギロチン作戦”を決行するアリアちゃんの性格は実に興味深い。『バイオハザード』のマザー“レッド・クイーン”とどちらがわがままなのかなぁ・・・

 「俺のパンツの中身に注意しろよ!」とヒントを与えてくれたビリー・ボブ・ソーントン。映画では執拗なFBI捜査官を熱演していましたけど、大怪我を負いながらも最期の勇姿には感動してしまった。

 楽器の特定音に反応する爆弾・・・最近、多いなぁ・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全61件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る