杉原千畝 スギハラチウネ

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
杉原千畝 スギハラチウネ
14%
52%
26%
6%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

第2次世界大戦時、ナチスに迫害されたユダヤ難民にビザを発給して救いの手を差し伸べ、「日本のシンドラー」とも呼ばれた外交官・杉原千畝の半生を、唐沢寿明主演で描いたドラマ。堪能な語学と豊富な知識を駆使し、インテリジェンス・オフィサー(諜報外交官)として世界各国で諜報活動に携わった杉原千畝は、1939年、リトアニアの日本領事館に赴任。自ら構築した一大諜報網をもって混乱する世界情勢を分析し、日本に情報を送り続けていた。その一方で、日本政府の命令に背いてナチスに迫害されたユダヤ難民に日本通過のビザを発給し、6000人の命を救った杉原の、知られざる信念や信条を描き出す。監督はハリウッドと日本の双方で数々の大作に携わってきたチェリン・グラッグが担当。

2015年製作/139分/G/日本
配給:東宝

スタッフ・キャスト

監督
脚本
鎌田哲郎
松尾浩道
製作
中山良夫
市川南
熊谷宜和
薮下維也
石川豊
三宅容介
松田陽三
久保雅一
都築伸一郎
大塚雅樹
井戸義郎
城朋子
和田倉和利
エグゼクティブプロデューサー
奥田誠治
Coエグゼクティブプロデューサー
門屋大輔
プロデューサー
飯沼伸之
和田倉和利
アソシエイトプロデューサー
佐藤譲
セカンドユニット監督
尾上克郎
撮影
ゲイリー・ウォーラー
録音
原田亮太郎
整音
瀬川徹夫
美術
金勝浩一
プジェミスワフ・コバルスキ
衣裳デザイン
黒澤和子
ドロタ・ロクエプロ
装飾
大坂和美
編集
ジム・ムンロ
スクリプター
新玉和子
キャスティング
杉野剛
テクニカルプロデューサー
大屋哲男
音楽
佐藤直紀
全てのスタッフ・キャストを見る

DVD・ブルーレイ特集

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • スペイン一家監禁事件
  • ゲーム・オブ・デス
  • 寄性獣医・鈴音 GENESIS
  • 寄性獣医・鈴音 EVOLUTION
  • ヒューマン・レース
  • ライアー・ハウス
  • THE LOOP ザ・ループ ~永遠の夏休み~
  • ドクムシ
  • 忍者狩り
  • ザ・ブラック・ベア
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17

(C)2015「杉原千畝 スギハラチウネ」製作委員会

映画レビュー

4.5【第二次世界大戦下、リトアニア外交官”杉原千畝の勇気”に心打たれた作品】

NOBUさん
2019年12月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

幸せ

 外交官・杉原千畝といえば、「日本のシンドラー」としてユダヤ難民に日本通過ヴィザを、自らに危険が及ぶギリギリまで発給し続け、6000人の命を救った男として、巷間に名が知れた人物である。

 今作は彼の人物(今作では唐沢寿明が、流石の演技で魅せる)が、勇気ある行為を行った背景及び、彼を支えた妻、幸子(小雪)の姿をチェリン・グラック監督がほぼ”ポーランド”で撮影した作品。

 鑑賞中、ホンモノ感が漂っていたのは、主要な登場人物の半数がポーランド人だったこともロケ地も含めて大きかったのではないか、と思った作品。

<派手さはないが、ナチスドイツの蛮行から多くの命を救った男の姿を丁寧に描いている作品>

<2015年12月7日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NOBU

3.5外交官・杉原千畝の半生を、唐沢寿明主演で描いたドラマ。

2019年9月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

外交官・杉原千畝の半生を、唐沢寿明主演で描いたドラマ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

2.0薄っぺらい

2019年8月19日
スマートフォンから投稿

杉原個人が日本政府の意に従わず命の査証を発行した!
という典型的ヒーローもの映画。
普通の思考力と多少の歴史認識があれば樋口季一郎の例を見るまでもなく我国の意向無くして成立しない話だと分かるが其れだと映画として成り立たない(笑
映画はドキュメンタリーであっても常に製作者の意図が入っていると思って観ないといけません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万世護皇基

3.0タイトルなし

2019年6月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

映画としては普通の出来。でも杉原さんだけでなく、杉原さんの親友達の助力がなければユダヤ人達は日本に来れなかったということを教えてくれたので、少し点を良くしています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん
すべての映画レビューを見る(全115件)

他のユーザーは「杉原千畝 スギハラチウネ」以外にこんな作品をCheck-inしています。