劇場公開日 2015年12月5日

  • 予告編を見る

杉原千畝 スギハラチウネのレビュー・感想・評価

3.5120
14%
53%
25%
6%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全120件中、1~20件目を表示

2.0残念すぎた。

2020年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

予告編の時点では、非常に期待していました。
ですから、公開初日に観に行ったわけです。

正直申し上げて、失望しました。

失敗した伝記映画に共通する問題点が、この映画にもありありと存在しています。
主人公はこのように行動した、と、業績を書き連ねているだけなのです。

私は知りたかった。なぜ杉原千畝がビザを書く気になったのか、という一点を。

しかし、その答えはありません。

周囲をかわいそうなユダヤ人に囲まれて……というのであれば、そういうかわいそうなシチュエーションで「ない」局面は、あの時代、むしろ希有なわけです。
当時、何千人もの日本人が同じような状況に囲まれていたはずなのですから。
なぜユダヤ人を、なぜ救うために、なぜ禁令に背いて、なぜ杉原ただ一人だけがビザを書いたのか。

この映画。
杉原氏の業績を顕彰したいのであれば、その目的は達しています。
しかし杉原氏の心。なぜ止むに止まれずに行動したのかを知りたい人には、まったく不向きです。
ドラマとして成立していないのです。
残念だなあ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
お水汲み当番

3.5細部が知れたのが良かったが・・

yoneさん
2020年7月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

今まで教科書でしか知らなかった杉原千畝さん。

多くのユダヤ人にビザ発給したことで知られるが、元々ソ連に居たとか、リトアニア大使のときに発給したピザだったとか、そのあとドイツやルーマニアに移って、最後は外務省を辞めた、等の細かい話は全く知らなかった。

そういった経緯含めて理解できたのは良かったし、それなりに楽しめる映画ではあったのだが、どうにも邦画独特の「感動させるテンプレート」が気に食わなかった。

どんな映画にも決まって使われる、感動させることを狙ったことがミエミエの音楽だったり、やたらと芝居がかったセリフだったり・・そんなセリフ絶対実際は言ってないだろうに。。

多少の演出は良いとは思うけど、やっぱ最近の邦画のこの何とも言えない嘘臭さってのが私は好きではない。もっと自然な普通の演技で良いし、音楽なんて無くても良いんだけどな・・。

その辺が無ければ、もっと高い得点でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yone

3.5面白くて勉強になった

2020年5月31日
Androidアプリから投稿

知的

高校の英語の教科書で出てきて、功績について軽く知っていたが信念と苦労についても知ることができて良かった。歴史的事実や背景について、誇張もあるのかもしれないが大国と日本との関係についても勉強になった。唐沢さんの演技や小日向さんの演技も好みだった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
すーさん

5.0彼の信念と行動力に深く感動しました!

うさぎさん
2020年5月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

外交官としての地位を奪われようとも、
人として正しいことをする!

第二次世界大戦時、ナチスに迫害された
ユダヤ人6000人の命を救った
杉原千畝の半生を描く。

彼は、世界を変える何かを起こしたい!
と常に考えていたという!
友人宅の布団の中で語るそのシーンが
とても印象的でした。
今の政治家も見て欲しいわ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うさぎ

4.5杉原千畝の功績。 ユダヤ人を救う。 政府の指令を無視し、罪の無い人...

2020年5月6日
スマートフォンから投稿

杉原千畝の功績。
ユダヤ人を救う。
政府の指令を無視し、罪の無い人々を救う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
温泉ソムリエあむらぶ

4.5【第二次世界大戦下、リトアニア外交官”杉原千畝の勇気”に心打たれた作品】

NOBUさん
2019年12月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

幸せ

 外交官・杉原千畝といえば、「日本のシンドラー」としてユダヤ難民に日本通過ヴィザを、自らに危険が及ぶギリギリまで発給し続け、6000人の命を救った男として、巷間に名が知れた人物である。

 今作は彼の人物(今作では唐沢寿明が、流石の演技で魅せる)が、勇気ある行為を行った背景及び、彼を支えた妻、幸子(小雪)の姿をチェリン・グラック監督がほぼ”ポーランド”で撮影した作品。

 鑑賞中、ホンモノ感が漂っていたのは、主要な登場人物の半数がポーランド人だったこともロケ地も含めて大きかったのではないか、と思った作品。

<派手さはないが、ナチスドイツの蛮行から多くの命を救った男の姿を丁寧に描いている作品>

<2015年12月7日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
NOBU

3.5外交官・杉原千畝の半生を、唐沢寿明主演で描いたドラマ。

2019年9月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

外交官・杉原千畝の半生を、唐沢寿明主演で描いたドラマ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yasuharu tezuka

2.0薄っぺらい

2019年8月19日
スマートフォンから投稿

杉原個人が日本政府の意に従わず命の査証を発行した!
という典型的ヒーローもの映画。
普通の思考力と多少の歴史認識があれば樋口季一郎の例を見るまでもなく我国の意向無くして成立しない話だと分かるが其れだと映画として成り立たない(笑
映画はドキュメンタリーであっても常に製作者の意図が入っていると思って観ないといけません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万世護皇基

3.5タイトルなし

2019年6月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

映画としては普通の出来。でも杉原さんだけでなく、杉原さんの親友達の助力がなければユダヤ人達は日本に来れなかったということを教えてくれたので、少し点を良くしています。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

2.5感想というよりおさらい。

2019年5月1日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キッスィ

2.0イマイチ

2018年6月24日
iPhoneアプリから投稿

途中で見るのやめた

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
@Jankichi@

5.0杉原千畝 スギハラチウネ:たかが紙切れ一枚のことなのに

2018年4月21日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

知的

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
【喜伝会】会長

3.5まあまあ

てんさん
2018年4月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

小雪さんが時間使う

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
てん

4.0彼の名前は、一生忘れてはならない名前です!

ガーコさん
2018年1月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

杉原千畝。

この映画のおかげで、私の頭の中に彼の名前は深く刻まれました。

4万人ものユダヤ人難民を救い続けた、その勇気ある行動は感動の連続でした!

外交官だからこそなし得たビザ発行は、常に危険と隣り合わせでしたが、一枚一枚丁寧に根気強く書き続けた姿は、「英雄」以外の何者でもありません!

戦争が終わって年月が経っても、彼に命を救われた人々が、感謝の手紙や訪問を続けたというのですから驚きです‼

︎戦時中はたくさんの苦労がありましたが、妻の雪子の支えが、何度彼を救ったことか…。

妻の存在は本当に偉大でした!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ガーコ

4.5知らなかった

mamiさん
2017年10月15日
iPhoneアプリから投稿

第2次世界大戦時、ナチスに迫害されたユダヤ難民にビザを発給して救いの手を差し伸べた外交官・杉原千畝。

こういう方がいたなんて全然知らなかった。

堪能な語学と豊富な知識を駆使し、インテリジェンス・オフィサー(諜報外交官)として世界各国で諜報活動に携わった杉原千畝は、リトアニアの日本領事館に赴任し自ら構築した一大諜報網をもって混乱する世界情勢を分析し、日本に情報を送り続けた。

その一方で、日本政府の命令に背いてナチスに迫害されたユダヤ難民に日本通過のビザを発給し、6000人の命を救ったそうだ。

本当に素晴らしい映画でした。

杉原千畝にずっとついていった奥様も素晴らしいと思った。

学校の教材にすべきと偉人だと思った

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mami

3.5日本が誇るいじん

2017年6月25日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

こんな日本が居たことを、日本は意外と知らない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
おのもん

3.0題材は良いはずなのにちょっと間延びしてて、あの時代を描写するのに深...

2017年4月17日
iPhoneアプリから投稿

題材は良いはずなのにちょっと間延びしてて、あの時代を描写するのに深刻な状況が伝わりずらくて残念

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とらちゃんだ

3.0全体的に良いのに

Ryoutaさん
2017年4月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

全体的に良いのに、ラスト間際の子供とのやりとりがいきなり安っぽいのが残念。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Ryouta

2.0日本のシンドラー杉原千畝

2017年3月24日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

杉原千畝の伝記映画で一見テンポのいい作品に思えるが時系列的に並べているだけに思え、内容的にも淡々と?粛々と進んでて映画としては戦争映画にも関わらず、抑揚が少ない作品に感じました。唐沢寿明は適役だったと思えるし、かなり熱演していたと評価できるのですが、脇役らの配役はハマってるとも思えなかったし、正直演技の面でどうなんだろうと思える方もいて勿体ない作品だという印象でした。全体的にもう少し脚本と描写構成のバランスがあるとよかったと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キース@Keith

3.0お役人の枠からはみ出した人

2016年12月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

怖い

知的

ナチスドイツが欧州を蹂躙しようとしていた時代、リトアニアの領事としてナチスとソ連からの圧力に耐え、脱出を図るユダヤ人にビザを発給し続けた杉原千畝氏の実話。
日本政府は戦後も杉原千畝氏の存在を否定し続け、認められたのは2000年というから情けない。
描かれる内容の割には映像に緊張感が薄い。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
「杉原千畝 スギハラチウネ」の作品トップへ