耳に残るは君の歌声

劇場公開日

耳に残るは君の歌声
5%
40%
41%
11%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ユダヤ人の娘が激動の時代を渡り歩いてゆく様を、多くの歌曲と共に描いた大河ドラマ。監督・脚本・音楽監修は「タンゴ・レッスン」のサリー・ポッター。撮影は、これが遺作となった「81/2の女たち」のサッシャ・ヴィエルニー。衣裳は「トゥームレイダー」のリンディ・ヘミング。出演は「スリーピー・ホロウ」のクリスティーナ・リッチ、同じく「スリーピー・ホロウ」にも主演した「ブロウ」のジョニー・デップ、「ギフト」のケイト・ブランシェット、「愛のエチュード」のジョン・タトゥーロ、「グリーン・マイル」のハリー・ディーン・スタントン、「ミュート・ウィットネス」のオレグ・ヤンコフスキーほか。

2000年製作/97分/イギリス・フランス合作
原題:The Man Who Cried
配給:アスミック・エース(アスミック・エース エンタテインメント=角川書店)

ストーリー

1927年、ロシア。ユダヤ人の少女フィゲレ(クローディア・ランダー・デューク)は、村を襲った暴動から逃れ、父親(オレグ・ヤンコフスキー)とも別れて、ロンドンへ。スージーと名付けられた彼女(クレスティーナ・リッチ)は、10年後、コーラス・ガールとしてパリで働くことに。美しく野心家のロシア人ダンサー、ローラ(ケイト・ブランシェット)と知り合い、アリアの名手であるイタリア人オペラ歌手ダンテ(ジョン・タトゥーロ)の美声に惹かれるもののその人間性に失望した彼女は、やがてジプシーの青年チェーザー(ジョニー・デップ)と恋におちる。だがナチスによる第二次大戦の影が、パリにも迫ってきた。スージーはチェーザーと別れの夜を過ごし、ローラと共にニューヨーク行きの船に乗る。ところが船は、ドイツ軍の攻撃により撃沈。スージーは助かったが、ローラは死亡。ニューヨークでまたひとりぼっちとなったスージーは、父を探してハリウッドまで行く。そしてついに、瀕死の老人となっていた父と再会を果たすのであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0うーん、、生煮え感

Jolandaさん
2021年2月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Jolanda

3.0コーラスガール♪

kossyさん
2020年11月20日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 幼少時のフィゲレがとても可愛い!クリスティーナ・リッチにも似ているし、将来有望でしょ、きっと。ぁぁ、それにしても音楽の先生「脚も売り物なのよ」って言葉はひどいっしょ・・・頑張れ、フィゲレ。“ロマ人”と字幕にはあったけど、ジプシーという言葉はそれほど差別用語なのでしょうか?こればかり気になってしまった。

 ジョニー・デップはやはりジプシーの役がよく似合う。気取った役はやめて、海賊とジプシーに徹して欲しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.0かっこいいなジョニーデップ

たねさん
2020年10月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

怖い

全然内容を知らずに鑑賞。こんな話だったんですね。戦時中の話とは知らず。

それにしても、ジョニーデップがイケメン。
クリスティーナリッチもめちゃ可愛い。
ケイトブランシェットも美しい。

眼福でした。

お話はちょいちょいとぶかんじがあって、わからない部分があったので、それは残念やったかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たね

3.0確かに耳に残った。

トラ吉さん
2019年3月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

嫁のジョニデ好きに付き合い観に行った。
映画自体はまあまあだった。
クリスティーナの歌が耳に残った。
ジョニデもかっこ良かったよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
トラ吉
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る