眺めのいい部屋

ALLTIME BEST

劇場公開日

16%
43%
26%
11%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

E・M・フォースター原作の同名小説をイギリスの名匠ジェームズ・アイボリー監督が映画化した恋愛ドラマ。まだ封建的な思想が強かった20世紀初頭。フィレンツェを訪れたイギリス名家の令嬢ルーシーは、ホテルの“眺めのいい部屋”を譲ってくれた青年ジョージから情熱的なアプローチを受ける。だが、階級や身分の違いを気にしたルーシーはジョージの思いを受け入れずに、イギリスに帰国。貴族の青年セシルと婚約するが……。出演はヘレナ・ボナム・カーター、ジュリアン・サンズ、ダニエル・デイ=ルイス。2012年、デジタルリマスター版でリバイバル。

1986年製作/117分/イギリス
原題:A Room with a View
配給:アンプラグド
日本初公開:1987年

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第44回 ゴールデングローブ賞(1987年)

受賞

最優秀助演女優賞 マギー・スミス

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀監督賞 ジェームズ・アイボリー
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)1985 A ROOM WITH A VIEW PRODUCTIONS LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.0【”心の命ずるままに愛するが良い”品と趣のある、1900年代初頭の英国恋愛映画。一人の女性が階級の柵を破り自立、成長する姿を描く。】

NOBUさん
2021年12月18日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

知的

幸せ

ー 令嬢ルーシー(ヘレナ・ボーナム=カーター:後年の役しか知らなかったので、美しさにビックリ)は、付き添い婦シャローット(マギー・スミス:ウーン、イギリスだなあ・・)を連れてフィレンツェへ旅行。
 しかし、せっかく予約していた部屋には窓が無くて・・。
 居合わせたエマソン親子(息子:ジョージ)が快く、部屋の交換を申し出て・・。ー

◆感想
 ・出演者が、主義思想はやや違えど、皆、善人である。

 ・今にして思うと、ルーシーの婚約者になった、やや気障なセシルをダニエル・デイ=ルイスが演じていたり(最初、気づかず・・。)
 奔放だが、優しきジョージをジュリアン・サンズが演じていたり、
 小説家のエリナーをジュディ・デンチが演じていたり・・。
 現代では、英国俳優の重鎮達が、多数出演しているのも嬉しい限り。

 ・女性達の衣装や、意匠も、この作品の良き趣を醸し出している。

<今作品の公開が2012年というのも、驚く。10年前ではないか・・。
 何故に、私はこの作品を観なかったのか。
 原作を読んでいた事が、原因であると思われるが、見ておけば良かったなあ。
 気品あふれる、一人の女性の自立していく心の変遷を描いた、正統的英国恋愛映画である。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
NOBU

4.5みんないい人

2021年6月26日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ジョニーデブ

2.0働いてよ・・・

kossyさん
2021年2月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 マギー・スミスの嫌悪感を抱くような好演が素晴らしい。主役はルーシーであるような気がしたのに、イギリスではシャーロットが主演女優賞を獲っている事実に不思議な気分です。牧師とフレディ、ジョージが池で素っ裸で水浴びするシーンがいいですね。

 全体的には非常につまらないストーリーです。何故作品賞を獲れたのかもわかりません。確かに俳優陣の演技は素晴らしく、人間関係やそれぞれの心を感じるのですけど、所詮は貴族のお遊びと恋愛要素が強く、働きもしない人たちの人生なんて苦悩の微塵も感じられず、全てが軽すぎます。牧師がもっと庶民的に扱われていたら面白かったかもしれません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

5.0泊まってきました、眺めのいい部屋

きりんさん
2019年9月23日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

1回目のフィレンツェは若い頃のひとり旅、安宿で3泊。

2回目は母を伴っていたので、この映画のシチュエーションに近づけてヴェッキオ橋のたもとに投宿。
"眺めのいい部屋"をメールで頼んであったので、ベッドルームの小窓から宮殿の塔やドゥオーモが見えた。

劇中、ハンサムな御者とイチャイチャしていた金髪の娘いましたね⇒ウフィツィ美術館のフィリッポ・リッピの絵画にそっくりな娘を発見!

あと、好きなシーンはルーシーが馬車を止めさせて幌を開けさせる所ですね。つきまとう乳母から独立して脱皮をしようとする印象的な演出です。
・・・・・・・・・・・

お盆は、フィレンツェはシーズンオフで安いんですよ、意外でしょ?クリスマスが一番高い時期です。
ルネサンスと映画の世界にタイムスリップ。ぜったいオススメです。

H.I.S.の航空券ホテル予約サイト+
ガイド本は「地球の歩きかた」

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 5 件)
きりん
すべての映画レビューを見る(全13件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る