tick, tick...BOOM! チック、チック…ブーン!

ALLTIME BEST

劇場公開日:

tick, tick...BOOM! チック、チック…ブーン!

解説

大ヒットミュージカル「イン・ザ・ハイツ」「ハミルトン」などの原作者として作詞や作曲なども手がけ、ディズニーアニメ「モアナと伝説の海」では音楽を担当するなど、現代ミュージカル界を代表する才能として知られるリン=マニュエル・ミランダの長編映画初監督作。名作ミュージカル「RENT レント」を生んだ作曲家ジョナサン・ラーソンの自伝ミュージカルを映画化した。1990年のニューヨーク。食堂のウェイターとして働きながらミュージカル作曲家としての成功を夢見るジョナサンは、オリジナルのロックミュージカルの楽曲を書いては直しを繰り返していた。もうすぐ30歳を迎え、これまでともに夢を見てきた仲間たちも現実に目を向け始め、焦りを覚えるジョナサン。自分の夢に価値はあるのか、時間を無駄にしているだけではないかと自らに問いかけながらも、時だけが過ぎていき……。「アメイジング・スパイダーマン」「ハクソー・リッジ」のアンドリュー・ガーフィールドが主人公ジョナサン役を演じ、第94回アカデミーで主演男優賞にノミネートされた。Netflixで2021年11月19日から配信。11月12日から一部劇場で公開。

2021年製作/115分/G/アメリカ
原題:tick, tick...Boom!

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第79回 ゴールデングローブ賞(2022年)

受賞

最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) アンドリュー・ガーフィールド

ノミネート

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7

Netflix映画「tick, tick...BOOM! チック、チック…ブーン!」11月19日(金)より独占配信開始

映画レビュー

4.0『レント』を生み出した感性の原点

2021年12月31日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ブロードウェイを変えたと言われる『レント』の作曲家、ジョナサン・ラーソンの、あまり知られていない時代の物語だ。『レント』作曲のエピソードを観たいファンは多かったかもしれないが、あえて『レント』の話は出てこない。だが、あの戯曲を書くことができた彼の感性が、どのように育まれていったのかが良くわかる内容になっている。90年代のニューヨーク、もうすぐ30歳になる青年が夢を追いかけ続ける苦悩をミュージカルで描くわけだが、夢を追う人たちの背中を押してくれる素敵な内容になっている。タイトルは、作中で展開される彼のあまり知られていない戯曲から取られているが、もうすぐ30歳目前で、時間のリミットがせまって焦る気持ちを的確に表現している。エイズに感染した親友との別れ、恋人との別れ、多くの別れなどが彼に『レント』を書かせたのだと納得感ある作品で、作家の人生と創作の物語として非常によくできた作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
杉本穂高

4.5もがき続けた先にあること

2021年12月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

1993年に初演され、今も世界の人々に愛され続けるミュージカル『RENT』で知られるジョナサン・ラーソン。30歳を目前に、創作に悩み、突然現れたエイズという病魔でかけがえのない友を失い、窮乏しながらも夢を追う日々で、自作自演の「Tick,Tick…BOOM!」を完成させた。このミュージカルをベースにしたのが本作だ。

ラーソンに扮したアンドリュー・ガーフィールドがステージのピアノで歌い始める。刻一刻、留まることなく過ぎゆく時間、人生90年の1/3となる30歳を目前に控えた彼の日常が、躍動的な歌で綴られていく。冒頭の掴みは抜群、映画館で観て良かったと実感した。
周知の通りアンドリュー・ガーフィールドはメソッド俳優である。スコセッシの『沈黙-サイレンス-』では、信念を貫き通そうとするロドリゴになりきり、共演者たちは気軽に声をかけられないほど役にのめり込んでいたという。だが今回は違う。役柄が身体に憑依するまでに自分を追い込むことで知られる俳優が、さらに進化を遂げている。ジョナサン・ラーソンの心に湧き上がる言葉をナチュラルに歌いこなし、軽やかなダンスも披露しているのだ。
主演俳優たちをサポートする共演陣たちの慎ましさにも好感が持てる。説明過多に陥ることなく、ことの成り行きを観客に共有していく脚本もよく練られている。

監督はリン=マニュエラ・ミランダ。「イン・ザ・ハイツ」、「ハミルトン」での作詞、作曲、主演と大ヒット・ミュージカルを連発した彼は、歌と踊りを緻密に設計し、ラーソンの身の回りに起こった出来事を語る劇中歌に彼の日常の生活を重ね合わせる見事な演出で、ひとときも飽きることのない映像を作り上げている。

この映画にはときめきがあり、やるせない哀しみがあり、苦渋に満ちた別れと悔恨がある。そして、決して諦めることなく夢に向かって努力し続けるクリエイターの“命を削るような日常”がある。もがき続けた先にラーソンは何を見つけるのか…。
できることなら映画館の大画面、そして最高の音響で味わっていただきたい作品だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
高橋直樹

4.5若くして成功を手にしたいと願うすべての若者たちへ

2021年11月23日
PCから投稿

泣ける

悲しい

楽しい

1990年代のニューヨークで、自作ミュージカルを評価され、ブロードウェーで華々しく活躍することを夢見ている若者がいる。しかし、現実は厳しく、恋人は結婚してニューヨークを離れたいと言うし、同業の親友はビジネスで成功を収め、パワーエリートとして羽ばたく一方で、仲間の1人はHIVに感染してしまう。切り取る時代は限られているが、主人公の焦りは時代や国籍に関係ない。30歳になる前に成功を手にしたいのに、時間は刻々と過ぎて行く。そんな追い詰められた思いが、タイトルの「tick ,tick ...BOOM!」には込められているのだ。

同名の舞台を制作したジョナサン・ラーソンはやがて、代表作『RENT レント』で希望通りブロードウェーを制覇する。世界各国で上演された傑作ミュージカルとして語り継がれる作品だ。そのことと、ラーソンを待っていた過酷な運命とを重ね合わせると、改めて、人生とは時間との闘いであること同時に、かくも儚いものかと思ってしまう。

そんな切ない物語が、これが監督デビュー作のリン=マニュエル・ミランダによるダイナミックな演出と、ラーソンの夢と挫折をそれこそ体から絞り出すように演じ、歌うアンドリュー・ガーフィールドによって映像化された本作。彼らがターゲットにしているのは過酷な時代を生きる、それからもしばらく生きることになる若者たちだ。ミランダとガーフィールドは共に本年度映画賞のフロントランナーである。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
清藤秀人

4.0「イン・ザ・ハイツ」を手掛けたリン=マニュエル・ミランダ監督のパンチの効いたミュージカル映画

M.Joeさん
2022年8月12日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

 近年私が最も好きな映画「イン・ザ・ハイツ」の原作者として作詞や作曲なども手がけ、現代ミュージカル界を代表するリン=マニュエル・ミランダの長編映画初監督作。このことは知らずに見たのだが、「イン・ザ・ハイツ」に似た作りだなと思いながら見ていた。後で知って納得。
 解説には、名作ミュージカル「RENT レント」を生んだ作曲家ジョナサン・ラーソンの自伝ミュージカルを映画化した、とある。そのことを私は全く知らず、事前に調べておけばよかったと後悔した。実在した自分の動画を再現しているシーンも多い。
 「歌う」と「語る」、何か「詩を読んでいる」ように歌う。映画『ピニェロ』の〈ニューヨリカン・ポエッツ・カフェ〉を思い起こさせる。リン=マニュエル・ミランダ一家はほぼプエルトリコの流れを汲んでいるというから、影響を受けたのだろうか。
 前半はちょっと流れが掴めず、ストーリー展開についていけなかったが、後半からはだんだんとフォローでき、当時のエイズの流行と恐怖の中で生きる人たち、NYで才能を認められ前に一歩を踏み出す主人公の若者の破天荒な生きざま、だんだんにのめり込んでいった。

2022年8月11日@Netflix

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
M.Joe
すべての映画レビューを見る(全62件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「tick, tick...BOOM! チック、チック…ブーン!」以外にこんな作品をCheck-inしています。