ゴッドファーザーPARTIII

劇場公開日:

解説

暗黒街に君臨するマフィアのファミリーの半世紀に及ぶ年代記を綴るシリーズ完結篇。エグゼクティヴ・プロデューサーはフレッド・フックスとニコラス・ゲイジ、製作・監督は前2作に続き「ニューヨーク・ストーリー」のフランシス・フォード・コッポラ、脚本はマリオ・プーゾとコッポラの共同、撮影はゴードン・ウィリス、音楽はカーマイン・コッポラが担当。出演はアル・パチーノ、ダイアン・キートンほか。ビデオ化の際7分の追加シーンを加えた再編集版が製作されている。

1990年製作/162分/アメリカ
原題:The Godfather Part III
配給:パラマウント=UIP
劇場公開日:1991年3月9日

ストーリー

父ビトーからコルレオーネ・ファミリーのドンの地位を継承したマイケル(アル・パチーノ)が、ファミリーの存続のため兄フレドを殺してから20年を経た1979年。マイケルはバチカンのギルディ大司教(ドナル・ドネリー)と手を結び、ファミリーの永続的な繁栄を図ろうとする。しかしオペラ歌手をめざす息子アンソニー(フランク・ダンブロージョ)はそんな父と反目し合っていた。マイケルのカトリック教会からの叙勲を祝うパーティーの席上で、マイケルは10年前に別れた妻ケイ(ダイアン・キートン)と再会する。そしてそこにはマイケルの妹、コニー(タリア・シャイア)がファミリーの後継者にと思って連れてきた長兄の故ソニーの息子ヴィンセント(アンディ・ガルシア)の姿もあった。マイケルの娘メリーは従兄ヴィンセントに運命的な愛の予感を覚えてゆく…。かつてのコルレオーネ家の縄張りはジョーイ・ザザ(ジョー・マンティーニャ)によって牛耳られていた。ファミリーが犯罪から手を引き、合法的な仕事に移ることを宣言したマイケルはザザの配下にいたヴィンセントを自分のもとに置き、後継者として育てようとするが、そのことを契機にザザとヴィンセントの抗争が表面化し、暴力沙汰が起こってしまう。そんなヴィンセントにファミリーの記事を書くことを目的とした女性ジャーナリスト、グレイス(ブリジット・フォンダ)が接近する。一方、マイケルはB・J・ハリソン(ジョージ・ハミルトン)を新たな片腕として大司教との契約にこぎつけようとしていたが、法王の突然の発病で危機に直面する。そんなある日、父と和解したアンソニーのオペラ・デビューが決まり、ファミリーはその発祥の地であるシシリーに集まった。今、オペラの幕が上がろうとしている。だが、敵の手もすぐ近くに忍び寄り、オペラの最中にボディ・ガードが殺される。そして上演後の拍手喝采のあと、外に出たマイケルに向けて銃が放たれた。だが狙いははずれ、撃たれたのはメリーだった。マイケルの叫び声が響く。それから数年後、家の庭に腰かけていたマイケルに、静かな最期が訪れるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第48回 ゴールデングローブ賞(1991年)

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(ドラマ) アル・パチーノ
最優秀助演男優賞 アンディ・ガルシア
最優秀監督賞 フランシス・フォード・コッポラ
最優秀脚本賞 フランシス・フォード・コッポラ
最優秀作曲賞 カーマイン・コッポラ
最優秀主題歌賞
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0タイトルなし

2024年4月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

相当優秀な作品で、好みによってはこれが一番好きという人もいるんじゃないか。デ・パルマっぽい(ということはヒッチコックっぽいのか?)。
ラストのオペラの曲聞くと無条件で泣いちゃうんだよな、レイジング・ブルのタイトルバックの曲。あれは卑怯!
ソフィア・コッポラもすんごい美人。女優として名を馳せても良かったのに、とまで思ってしまう。

後で調べてみると、ソフィア・コッポラはずいぶん批判されたそう。でも出演経験無しであの大役を全うしたと考えると常人離れした俳優だと思ったけど。
それもあって映画監督を志していくと考えると、優秀で不屈。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
kazuyuki chatani

3.0名作なので何とか

2023年2月5日
スマートフォンから投稿

1は普通に面白く、2はわからなくて途中で挫折し、しばらく敬遠してからの3。
登場人物が多くて全然入ってこなかったけど、惰性で何とか最後まで観た。
シリーズを繰り返し観て、内容ばっちりなら多分楽しいんだろうな。
映像的にも素晴らしいと思った。
ただ、内容は本当によくわからなかった。
評価:3.0

コメントする (0件)
共感した! 0件)
bigsuke

4.5アンディ•ガルシアがいい

2022年8月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

1と2に劣らず素晴らしい内容だった。貫禄たっぷりのマイケルもよかったけど、ヴィンセント役のアンディ•ガルシアがいい味を付け加えていた。登場人物が沢山いてバチカンとの関係とかお金の動きとか途中から何がどうなってるのかよく分からなくなったけど、、、。最後のオペラのシーンは鳥肌ぞくぞくもの。マイケルの悲痛の叫びが忘れられない。
強いて言うならメアリー役のソフィア•コッポラの演技が少々ぎこちなかったかも、、。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
Ran

4.0壮大なシリーズの完結。

2022年8月9日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

重厚なマフィア映画遂に完結。
今後このシリーズを越えるマフィア映画は出てこないじゃろーね。
アンディガルシアはアンタッチャブル以来だったが良かったわ~。
そしてやっぱりアル・パチーノですわ。シリーズを通して素晴らしかったですわ。
この三作目はシリーズの中ではイマイチだったけど、やっぱりこの完結編あってのゴッドファーザー だと思う。
父の作った組織を守る為に合理的かつ冷徹に戦ったマイケルが最後は孤独になる。
良くある話だけど、ホントに良く出来てたし、見ごたえ充分でした。
マフィア映画だけどシリーズを通じて気品と格調のある作品だった。

コメントする 2件)
共感した! 9件)
トラ吉