さよなら、僕のマンハッタン

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
さよなら、僕のマンハッタン
12%
52%
32%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「(500)日のサマー」「gifted ギフテッド」のマーク・ウェブ監督が、サイモン&ガーファンクルの名曲「ニューヨークの少年(The Only Living Boy in New York)」に乗せ、ニューヨークで暮らす青年の恋愛や成長を描いたヒューマンドラマ。大学を卒業して親元を離れたトーマスは、アパートの隣室に越してきた、W・F・ジェラルドと名乗る不思議な中年男性と親しくなり、人生のアドバイスを受けるようになる。そんなある日、父のイーサンが愛人と密会している場面を目撃してしまったトーマスは、W・Fの言葉に後押しされ、父の愛人ジョハンナに近づく。謎めいた隣人W・Fと父の愛人ジョハンナとの出会いを通して、それまで退屈で平凡だったトーマスの人生に変化が訪れる。未発表の優れた脚本を連ねたハリウッドの「ブラックリスト」に入っていたアラン・ローブによる脚本に、「(500)日のサマー」製作以前のウェブ監督がほれ込み、10年以上をかけて映画化を実現。主演は「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」で主人公の兄テセウス役に抜擢された注目株カラム・ターナー。

2017年製作/88分/G/アメリカ
原題:The Only Living Boy in New York
配給:ロングライド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

映画レビュー

3.0文化都市NYCの未来を1人の青年に託す

MPさん
2018年4月22日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

楽しい

一時期、ハリウッド映画と言えばニューヨークが舞台だった(極端に言えば)時代があった。観る側にもそれなりの知識があるから、自分なりにロケ地を確認して自己満足したり。しかし、9.11以降は今はなきそれ以前のニューヨークに思いを馳せる、例えば「ザ・ウォーク」のような映画はあっても、舞台としてのニューヨークが物語を牽引するような作品はめっきり少なくなったように思う。そこで、マーク・ウェブの新作は、今や文化の発信源としてはすっかり斜陽になったニューヨークの色々を、あえて会話の中や風景に盛り込み、そこから自分なりの人生をスタートさせていく青年、トーマス自身に、カルチャーシティ、NYCの未来を託そうとしている。それは新しい視点だ。だから、雑誌の"ニューヨーク特集"的な楽しさを期待したら裏切られるので、ご用心を。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
MP

4.0清々しい

2019年10月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

興奮

やってる事は不快なのに何故か清々しい。
しっかり伏線が回収されるので、じっくり見た方が楽しめたかも。
人間関係ぐちゃぐちゃでハッピーに終われるのが不思議。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
まっきー

3.5はっとするシナリオ

2019年9月4日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

なんとか、最後まで見て、納得するに至る。
途中まで駄作認定まっしぐらだったが、どうにか戻ってこれた。だからって絶賛しようとも思わない。
中盤までがだるすぎたから。

恋愛とその駆け引きでずるずると進む、なんとなくエッセイを映像にしたものを延々見せられているような、しょうもない時間を味わう中盤まで。ただ、どうも隣人の存在が浮いている、幻のようでもあるし、引っかかりは常に付きまとう。
まあ、終盤の「解」はそれらしょうもない時間をすくい取ってくれる仕上がりになっている。このはっとするシナリオは賞賛ものだと思う。

でも、感じたのはなんか映像にニューヨーク感がないな、と。行ったことないのにおかしいかもしれないが、イメージはロンドンとパリみたいな。撮り方なのか音楽のせいなのか。なんか、上品すぎる。地区のせい?しらんが。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
okaoka0820

4.0【マーク・ウェブ監督が、ニューヨークの地域ごとの特性を背景に大人への第一歩を踏み出す青年を描く、少しビターテイストな物語】

NOBUさん
2019年8月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

幸せ

 この映画では、ニューヨークの地域ごとの住人の特性、ニューヨークに縁のあるミュージシャン達(サイモン&ガーファンクル 今作の原題:The Only Living Boy New York は彼らの代表曲の一つ)(ビル・エヴァンス)(ルー・リード)(ボブ・ディラン)の曲が効果的に使われている。

・父(ピアース・ブロスナン:出版社のエライさん、渋い。)に自分のエッセイを”無難だな”と言われて、自信を無くしたり・・

・その父の愛人(ケイト・ベッキンセイル)と寝てしまったり・・、そして、深い関係になってしまったり・・

・怪しくも、知性溢れる謎の中年の隣人(ジェフ・ブリッジス:父よりもっと渋く、意味深な言葉を呟く・・)に惹かれたり・・

 ・・しながら、トーマス・ウェブ青年(カラム・ターナー)はある真実を知ってしまい・・

 矢鱈に・・・が多くなってしまったが、実に上手い脚本である。ラスト
もややビターテイストだが、それを乗越えるトーマス・ウェブ青年の姿が良い。

 <屈託した思いを抱える青年が、一歩足を踏み出すまでをニューヨークの様々な風景・音楽を背景に描く作品。>

<2018年4月29日 劇場にて鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NOBU
すべての映画レビューを見る(全73件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る